システムインテグレータ・ソフトハウス

株式会社インテグリティ・ヘルスケア

会社概要

事業内容

【”医療×ITプロダクト” 在宅医療分野でのICTイノベーションを展開】
同社は、「超高齢社会の新しい社会システムの創造」をビジョンに、2009年10月に設立致しました。以来、医療法人社団鉄祐会を中心としたTetsuyu Groupとして、在宅医療のさらなる普及と発展、地域包括ケアシステムの実現に向けた在宅医療・介護における情報連携の仕組みづくり、そして海外でのヘルスケアクラウドシステムの開発と普及に取り組んでおります。

・医療機関の経営コンサルティング
・診療記録ディクテーションサービス
・医療事務業務代行サービス
・在宅医療、介護情報連携システムの構築支援
・地域包括ケアなどの地域医療ネットワーク構築支援
・ヘルスケア関連事業開発

どのようなことをしているか?

【日本/海外での展開】

(1)日本での取組み
 ・在宅医療の質・効率向上、リスク管理を実現するクラウド型のICTシステム開発プロジェクト企画
 ・在宅医療の多職種(病院、訪問看護ステーション、薬局、介護事業所、施設および患者・家族等)のチーム形成のためのクラウド型情報共有システムの企画開発と運用構築

(2)海外での取組み
 ・2015年には、シンガポールでの在宅医療診療所、訪問看護ステーション事業展開にICTシステムを提供しました。超高齢社会先進国の日本発の良質な在宅医療・介護のグローバル展開に貢献しています。

【今後の展開「医療・介護を効率的に提供できるようなICTシステムの開発に着手」】
同社は、今後これまで培った医療・介護での実績と知見をもとに、超高齢社会日本において、よりよい医療・介護を効率的に提供できるようなICTシステムの開発に着手します。医療介護情報と生活情報を様々なチャネルから収集、統合・分析し、主に高齢者の志向や要望に合わせた個別化された最適な健康支援サービスを届けるというライフサポート事業です。

【代表取締役 園田 愛氏】
医療経営コンサルタントを経て、株式会社リクルート事業開発室にてヘルスケア関連事業に取り組んだ後、 2009年同社設立。同時に医療法人社団鉄祐会の設立に参画し、現在同社団の経営・運営を担う。 2011年、東日本大震災に際し大規模復興事業を統括、医療を基盤とした地域コミュニティモデルの構築に努めた。この原体験を社会に活かすべく、2015年よりヘルスケアIT事業を構想、2016年より始動した。日本発の超高齢社会の新たな社会システムの実現を目指す。東京医科歯科大学大学院修了。MMA、MBA。

株式会社インテグリティ・ヘルスケアの求人一覧

該当の求人がありません。