インターネット / Webサービス・ASP

株式会社Viibar

会社概要

事業内容

Viibarは動画コンテンツに関わるビジネスを事業領域としています。

・未来を感じる情報をお届けするメディア「bouncy」の運営(https://bouncy.news/)

・放送局・メディア企業・新聞社などパートナーのメディア開発支援

・クライアントの課題解決のため、デジタル動画の企画から制作、広告配信までをワンストップで提供する動画マーケティング事業

この三つの事業を柱として、変革が進む動画コンテンツの業界において、日本におけるリーディングカンパニーとなるべく日々研鑽を重ねています。

■Viibarのミッション
「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」

Viibarは、今の時代にあった動画コンテンツの作り方やユーザーへの届け方を確立し、動画を産業にすることで、動画の世界を変えていきます。
また、Viibarを通じて生み出された動画が、受け取った人たちの心を動かし行動を起こさせることで、動画の世界を変えていきます。

■事業背景
2013年の創業以来、動画の企画制作から配信までを一気通貫で行うことで、独自の地位を確立してきました。

動画制作にあたっては、独自に開発したクリエイティブ業務効率化ツール「Vync」を使用。動画制作を効率的に進行できる当ツールを用いて、当社に登録するプロクリエイター(国内最大級の約 3,500名)というブレーンにも支えられながら、お客様のデジタルマーケティング全般を支援しています。

2016年より開始した動画メディア事業では、自社メディア「bouncy」の運営や、パートナーのメディア開発の支援を行なっています。

当社が提供してきた様々なソリューションは、ナショナルクライアント様をはじめとした多くの企業様に高い評価をいただいています。

■お取引先例
株式会社資生堂、キヤノン株式会社、ライオン株式会社、キリン株式会社、株式会社ANAセールス、ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社、株式会社朝日新聞社など(敬称略・順不同)

■動画紹介/Viibar Video Blog
当社が制作した動画をご紹介しております。
https://www.wantedly.com/feed/s/viibar_videoblog

■トピックス
・初代ギズモード編集長の清田いちるが「bouncy」編集長に就任
http://viibar.com/press/p20180115

・2017年1月に日本経済新聞社と、2017年4月に電通と資本業務提携を実施
http://viibar.com/press/nikkei170117
http://viibar.com/press/dentsu0420

■会社について
・代表上坂に聞く!「動画を産業にする」
https://www.wantedly.com/companies/viibar/post_articles/103342

・オフィス紹介!
https://www.wantedly.com/companies/viibar/post_articles/76133

どのようなことをしているか?

『クリエイティブを作れるのは人間だけだ』
とあるインタビューでの、Viibar代表上坂の言葉です。
どれだけテクノロジーが発展し、どれだけ機械が人間の代わりにできることが増えても、 ロボットはクリエイティブを作れません。
自由に発想し、思いを込めて作品をつくり、人の心を動かすことができるのは、人だけです。

 Viibarは、人がクリエイティブな仕事に集中できる環境を提供することで、人にしかできないこと、
すなわち「心を動かすコンテンツを生み出す」ことを支えるテクノロジー企業です。

 私たちがやっている事は、リアルな世界をテクノロジーで変えていく非常に泥臭いイノベーションです。

「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」

すぐに実現できるわけではありません。それでも一歩一歩着実に、この実現に邁進していきます。

◼︎「Viibarが掲げる3つのバリュー」

Viibarでは、ミッションを達成するため3つのバリューを掲げています。

●Creativity:創造力を駆使する
●Engagement:人と繋がり巻き込む
●Grit:粘り強くやり切る

社員一人ひとりが3つのバリューを胸に、会社のミッションである「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」を実現させるべく、同じ目標に向かって本気で取り組んでいます。

■「多様なバックグラウンドを持つメンバーと裁量を持てる風通しの良い社風」

 メンバーのバックグラウンドは様々。電通、NHK、テレビ東京、Aoi.Pro、リクルート等から多様性に富んだ優秀なメンバーが集結し、前職の経験をもって活躍しています。
 平均年齢は33.6歳。個性豊かなメンバー同士、同年代会や部活動などの集まりもある、仲の良い会社です。

 また、Viibarでは、メンバーひとりひとりのアイデアや、それぞれのやりたいことを尊重しています。
 個人が裁量を持って仕事に取り組むことができる環境のため、努力次第で大きく成長できること間違いありません。 代表の上坂をはじめとする経営層との距離も近く、圧倒的なスピード感とアットホームさが混合した、フラットで風通しの良い社風が特徴です。

株式会社Viibarの求人一覧