2019/06/07

公務員に転職する方法|社会人転職の公務員の年齢は?

本記事では公務員に転職する場合に役立つ情報をまとめました。社会人から公務員を目指すのも、さほど不利にならないです。しかし、公務員になるには公務員試験に合格する必要があります。ここでは、社会人転職での公務員の年齢、転職する方法を紹介していきます。

公務員に転職する方法|社会人転職の公務員の年齢は?

公務員に転職できる?社会人が知っておくべきこととは

最近では、30代から公務員への転職が多いです。それくらい転職が身近なものになっています。

本記事では、社会人で、公務員に転職を考えている方向けの情報をまとめました。社会人の方には、公務員に興味を持っている方もいる方も多いのでないかと思います。そこで、公務員へ転職するにはどうしたらよいかと、「お役所仕事」として知られる仕事内容がどんなものなのかを紹介していきます。

なり方とともに紹介していきます。

公務員試験の年齢とは?

では、公務員試験の年齢は何歳が適切なのでしょうか?冒頭で紹介したように、30歳からの公務員もあり、中には40歳以上での転職の事例もあるほどです。では、いったいどんな年齢が一番適切なのでしょうか?

実は、公務員試験には年齢制限があり、30歳の場合が多いですが、場所によっては40歳である場合もあります。自治体や公務員の種類によっても違うので、確認するようにしましょう。

公務員の社会人採用の特徴

では、公務員の社会人採用の特徴にはどんなものがあるのでしょうか?

そもそも公務員の社会人採用とは、民間から公務員への中途採用のことを意味します。一般的時知られるようになったのは、約10年前で、割と最近のことです。

では、社会人採用で採用される人の特徴にはどんなものがあるでしょうか?大事なことは、「採用側のニーズに合うかどうか」です。

知識・経験があることよりも、打たれ強さであったり、精神的な部分が評価される傾向にあります。

公務員への社会人転職の年齢は?

さて、先ほどは公務員への転職に不安を持っている人に向けた「社会人が知っておくべきこと」を紹介してきました。

25歳~29歳のような20代後半の方などや、30代から公務員になろうとしている人は、自分の年齢が公務員試験の制限にかかってしまうのではと、不安になってしまうのではないでしょうか?

公務員試験の制限年齢は、自治体や公務員の種類によって変わります。警察官などは、特に年齢制限が厳しいです。確認するようにしましょう。

公務員の種類と仕事の内容

公務員には、国家公務員と地方公務員があります。

その違いは、中央省庁や国会、裁判所など国の機関で働くのが国家公務員、県庁や市役所など地方自治体で働くのが地方公務員と区別できます。

地方の税務署職員は国の機関である国税局の地方支部で働いているので、国家公務員です。仕事内容としての違いは、国家公務員は国家の運営や国際社会を含めた事業に多くかかわり、地方公務員は地方行政に基づいて地域に密着した仕事の傾向があります。

公務員転職で後悔する理由とは?公務員の実態とは

さて、これまで仕事内容や、公務員になる際に社会人が知っておいたほうがいいことを紹介してきました。

では、「公務員が辞める」ということを聞いたことがあるかと思います。その実態を紹介していきます。やめるのには原因があります。しっかり押さえておきましょう。

会社辞めて公務員になる人は、注意しておきましょう。「公務員とはどんな仕事なのか?」や「人と関わらない仕事?」など様々な疑問を払しょくしていきましょう。

公務員転職で後悔する理由1:事務作業は自動化される

まず、一つ目の実態は、「事務作業などは自動化される」ということがあります。

今は、AIが発展していって、様々な提携業務にとって代わりつつあります。今まで手入力で行っていた作業も大部分がAIに置き換わる可能性が高いです。

そんな時代ですから、「転職する理由」や、「公務員ってなに?」、「公務員と民間の違い」といったところを押さえて、自分が転職する理由を明確にするようにしましょう。

転職前に、公務員のいいところだけでなく、悪いところにも目を向けましょう。

公務員転職で後悔する理由2:不毛で無意味だと思う作業がたくさんある

基本的に、雑務は多いです。なので、「不毛な作業なのでは?」と思うような、公務員はそういった不毛な作業が圧倒的に多いです。

例えば、何に使われるんだか分からないような調査や依頼がそこら中から飛んできたり、意味のないような文章の精査を行う場合があります。

人生に大切な時間を仕事にかけているわけですから、自分がどんな仕事を確認するようにしましょう。

公務員転職で後悔する理由3:意外に暇じゃない上にサービス残業

「意外と公務員だから定時に上がれない」というのは、聞いたことがあるのではないでしょうか?

先ほども紹介したように、基本的に雑務が多いです。忙しい部署になると、遅い時間に帰る可能性もあるかもしれません。あまりにも残業が多い場合は、休日出勤もあり得る話です。

公務員への転職を考えている方は、しっかりと調査をするようにしましょう。

公務員転職で後悔する理由4:数字で評価されない

基本的に、数字で評価をするという文化がない場合が多いです。

もしそうなのであれば、ノルマもあいまいで、評価も定性的になりがちになります。公務員と民間の違いが色濃く出るところになります。

転職を考える方は、働きながら公務員を目指す方も多いかと思いますが、今自分が働いている場所と公務員との違いを明確にして、納得して転職活動をしましょう。

公務員を辞める理由とは?

先ほどは、転職してからどんな後悔をしているのかを紹介してきました。では、公務員を辞める理由にはどんなものがあるのでしょうか?

会社辞めて公務員になる人がいるくらいなのに、どうしてやめる人が出てしまうのでしょうか?

大きな理由の一つは、「残業が多い」、「人間関係」などがあげられます。是非、注意していきましょう。

公務員に転職するのにやるべきこと

さて、先ほどは、公務員の実態について紹介してきました。実態を押さえることで、「公務員に転職するには」のハウツーだけではなく、「公務員とは何か」ということに迫ることができます。

さて、では転職するためにはどんなことをすべきなのでしょうか?公務員に必要なことや、公務員に必要な資格は何?そんな疑問にここでは答えていきます。

公務員のなり方を押さえていきましょう。

公務員に転職するのにやるべきこと1:公務員の転職先を考える

まず、やるべきことは、公務員の転職先を考えることです。

公務員適性試験コツや、公務員資格役立つ方法論などがありますが、焦ってはいけません。転職先を考えることを意識する必要があります。というのも、先ほど紹介した通り、実際の労働と理想にはギャップがある場合があります。

なので、勤める場所などにも気を付けながら、転職先を考えましょう。

公務員に転職するのにやるべきこと2:役所ごとに試験が異なる

試験では、役所ごとの試験が異なります。なので、独自の問題を解いて練習を積む必要があります。役所ごとの試験を解いて、受かる確率をより挙げましょう。

どんな試験であっても、受かる人には、効率的な勉強や効果の高い方法をとるものです。自分に合った問題集を買って勉強するようにしましょう。

公務員になるのにやるべきこと3:基本は公務員試験(筆記試験)と面接

基本的には、試験を受けて合格するまでの流れは、公務員試験(筆記)と面接をすることで順々に通過していくという流れになります。

中でも、面接はどんなことをすれば悩む方が多いのはないでしょうか?そんな悩みに対して、面接で注意すべき点は、「志望動機」をしっかり作っていくということです。

公務員は、人柄や精神的な部分を見ることが多いです。なので、「志望動機」をしっかりつくっていきましょう。

公務員に転職するのにやるべきこと4: 最終学歴の条件に注意

公務員試験には、最終学歴の条件がもうけられていることもあります。注意したいのは、「高卒程度」「大卒程度」という表記の場合、最終学歴が異なっても受験できますが、「高卒者」の場合は大卒者は受験できませんし、「大卒以上」の場合は高卒者は受験できません。受験する役所の募集要項をよく確認するようにしましょう。

必要な能力や、必要なことが指定される場合があった時には、採用情報には気を付けるようにしましょう。

公務員に転職するのにやるべきこと5: 年齢制限がある

また、公務員試験には年齢制限があります。具体的に何歳かは役所によって異なりますが、だいたい30歳前後のことが多いです。第二新卒の方にはあまり関係がないかもしれませんが、場所によっては年齢制限が25歳のこともあるので、初めに募集要項で年齢制限などの受験資格についても調べておきましょう。

例えば、警察官になるには年齢制限があります。他の公務員と比べて、警察官になれない条件は厳しいのでもし仮に、警察官になりたい場合は、気を付けるようにしましょう。

公務員に転職応募する前に気を付けるべきポイント

では、応募する前にどんなことに注意したらいいでしょうか?

先ほども紹介したことも含めてまとめたいと思います。転職の方法には、社会人採用、経験者採用などあり社会人枠を狙うことができます。転職までの流れを意識しましょう。

溶く注意すべきポイントは、以下の4つです。


  • 年齢が応募条件に当てはまるかどうかを確認

  • 受験する試験を選ぶ

  • 試験の内容を把握する

  • 学習の計画を立てよう

公務員転職では入念な準備をして挑もう!年齢制限には気を付けよう

さて、これまで転職のあれこれを説明してきたのですが、そもそも公務員の中途採用市場求人はどうなっているのでしょうか?

民間経験者採用試験を使っている自治体も多く、全体としては需要は十分にあるように思えます。例えば、「市役所の職員になるには」と思うのであれば、市役所試験(筆記)に合格する能力があれば難しくはないように思えます。

年齢制限なしなのか、そうでないのかは確認するようにしましょう。そして、入念な準備をして公務員試験に挑みましょう。

Related