2018/12/07

未経験でWebデザイナーになる方法|デザイナー求人に強いサイトは?

このページでは、「未経験からwebデザイナーになれるかどうか」をテーマにして、未経験からwebデザイナーになる方法について、考察・ご紹介しています。また、未経験からwebデザイナーを目指す場合におすすめの転職サービスについてもまとめています。

未経験でWebデザイナーになる方法|デザイナー求人に強いサイトは?

未経験でも可能?未経験からwebデザイナーになる方法

IT業界の発展や活躍が注目されている現代の日本では、IT関連やクリエィテブ系と言われる職業が、メジャーになり注目を浴びています。凄まじい勢いで成長・発展を遂げていくIT業界の様子を見て、「自分もIT関連・クリエイティブ系の職業に就きたい」と感じる方も、多いと予想されます。

IT関連の職種やクリエィテブ系と言われる職業には、たくさんの種類がありますが、その中でも特にメジャーな職業の1つに、「webデザイナー」が挙げられます。インターネットの普及と共に、webサイトを見て情報を収集したり確認したりすることが当たり前となった現代社会において、デザイン性や使い勝手を考えたデザイン・レイアウトを生み出し、webサイトなどの制作に携わるwebデザイナーという職業は、かなり身近でメジャーな職業だと言えるでしょう。

そんなwebデザイナーを目指して、転職を検討する方もいらっしゃるようですが、webデザイナーになるにはweb制作やデザイン・レイアウトなどに関する知識や技術が必要になるとも言います。その為、webデザイナーになりたいという希望はあるものの、未経験者故に諦めてしまう方も少なくないと考えられます。

そこで今回は、「未経験でもwebデザイナーになれるかどうか」をテーマにして、未経験からwebデザイナーを目指す方法や、未経験者がwebデザイナーへと転職する際におすすめのサービスなどをご紹介していきます。

未経験でも、webデザイナーを目指すことは可能

結論からお話しすると、webデザイナーやクリエイティブ系・IT業界での実務経験がゼロであっても、webデザイナーを目指すこと自体は、可能です。

求人サイトや転職サービスなどを見てみると、「未経験応募可」「未経験者歓迎」といった求人情報も存在しています。その為、webデザイナーとしての実務経験がない方でも、webデザイナーの求人情報に応募すること自体は可能です。

しかし、応募したからといって、必ず採用されるとは限りません。あくまでも、「未経験でも応募可能」であって、未経験者を優先的に採用するというわけではない場合もあります。

webデザイナーの経験者も同じ求人に応募した場合、選考においては経験者と比較される可能性もあるというわけです。ですから、未経験でもwebデザイナーを目指して求人情報へ応募することは可能ですが、採用されることは容易なことではないと、覚悟しておいた方が良いでしょう。

未経験からwebデザイナーを目指す方法

続いて、今回の本題でもある、未経験からwebデザイナーを目指す方法についてご紹介していきます。

未経験でwebデザイナーとして転職すること自体は不可能ではありませんが、採用されるかどうかは企業の判断や本人の魅力・キャリアなどによる場合も多く、容易いことではないと上記でご紹介しました。

しかし、未経験者がwebデザイナーとして採用されることは、決して不可能なことではありません。未経験者がwebデザイナーを目指す方法はたくさんあるので、自分に合った方法で少しずつでも努力してみることをおすすめします。

未経験からwebデザイナーを目指す方法【1】:独学でwebデザインを学ぶ

求人情報などには、「未経験者歓迎」などと記載されたwebデザイナーに関する求人情報も存在しますが、未経験者だからといって、web制作やwebデザインについて、全く知識や技術がない状態では、企業側も採用するのを踏み留まってしまう可能性があります。

webデザイナーとしての実務経験がない人でも、web制作やwebデザインに関する基本的な技術や知識があった方が、webデザイナーへの転職は成功しやすいでしょう。

ですから、未経験からwebデザイナーを目指すのであれば、web制作やwebデザインについて、知識などを独学で学んでおくことをおすすめします。最近では、通信講座や動画などでも、web制作・webデザインについて学ぶことが可能なので、自分のレベルなどに合った教材や学び方を探してみると良いでしょう。

未経験からwebデザイナーを目指す方法【2】:転職サービスを利用する

転職サイトや転職エージェントなどの転職に関するサービスは、現在さまざまな企業が展開しています。いずれも同じようなサービスのように思えますが、実は各サービスには特徴があり、それぞれに得意な分野やジャンル、強みを持っています。

中には、IT業界やクリエイティブ系、webデザイナーなどの業界・職種に精通している転職サービスも存在し、業界や関連企業と太いパイプで繋がっている場合もあります。そのようなサービスを利用することで、他のサービスでは見掛けないwebデザイナーの求人情報を見つけたり、webデザイナーの就職・転職に特化したサポートを受けられたりする可能性もあります。

未経験からwebデザイナーを目指す方法【3】:関連資格を取得する

webデザイナーの求人情報には、過去にwebデザイナーとして働いた経験がある方も応募します。その為、経験者と比較されることもあり、そのような際に経験者よりも教育や研修が必要な未経験者は、不利になる可能性があります。

転職の採用選考においては、上記のように未経験であることがハンディとなる可能性もあります。採用される為には、未経験であるハンディを、何かしらの要素で覆すことが大切。ハンディをなくす為の手段の1つとして、関連資格の取得が挙げられます。

現在、web制作やwebデザインに関する資格にはさまざまなものが存在しています。資格取得の条件は、各資格によって異なりますが、一定の基準やレベルをクリアする必要があるケースがほとんどです。

その為、関連資格を取得していると、webデザイナーとしての実務経験がなかったとしても、webデザインなどに関する知識や技術を証明することができるので、ハンディをカバーすることができる可能性もあるのです。

webデザイナーの転職に強い転職サービス

上記でも触れたように、webデザイナーを未経験から目指すのであれば、転職サービスなどの強みや特典をフルに活用することをおすすめします。IT業界やクリエイティブ系の職業に強い転職サービスであれば、他の転職サイトでは見られないwebデザイナーの求人情報を見たり、未経験をハンディとしないサポートを受けられたりする可能性があります。

転職サイトにはさまざまなものがありますが、その中でも特にwebデザイナーの転職におすすめなのが、以下のサイトです。

・Green(※1)
・イマジカデジタルスケープ(※2)
・ワークポート(※3)   など

雇用形態別に見る!webデザイナーへの転職事情

今回は、「未経験からwebデザイナーになれるかどうか」というテーマで関連情報をご紹介していますが、「webデザイナーになる」と言っても、それが正社員なのか、派遣・契約社員なのか、それともアルバイトなどなのかによっても、意味は大きく変わってきます。

そこで、続いてはwebデザイナーへの転職について、雇用形態別にメリット・デメリットを考察していきます。

正社員の場合

就職や転職をする上で、正社員での採用にこだわる方は、多いと考えられます。やはり、収入や生活の面で、正社員の方が安定するケースが多く、企業側も簡単には解雇できない点なども、「安心」に繋がる為だと考えられます。

しかし、未経験からwebデザイナーへと転職する場合、正社員という雇用形態にこだわってしまうと、採用を得ることが難しくなる可能性もあります。企業としても、正社員として採用してしまえば、簡単には解雇することができないので、採用に対して慎重になる為です。

企業によっては、アルバイトや派遣社員などでまずは採用し、その後働きぶりや活躍に応じて積極的に正社員へと登用している所もあります。最終的に正社員を目指すことに変わりはありませんが、どうしても未経験であることを理由に正社員になかなか採用されないのであれば、上記のようなルートを検討してみるのも1つの方法です。

非正社員の場合

「非正社員」というと、アルバイトやパート、派遣や契約などの雇用形態が当てはまります。正社員と比べると、生活の安定などに関して不安を感じる点もありますが、自由な時間やプライベートを優先した働き方ができる点は大きなメリットであると考えられます。

未経験からwebデザイナーを目指す場合、企業も正社員での採用となると慎重になる為、非正社員の方が採用されやすい可能性もあると考えられます。しかし、非正社員として1度採用されると、そのまま非正社員として働き続けることになり、なかなか正社員になれない可能性もあります。

ですから、非正社員として働く場合は、その企業が積極的に正社員への登用や昇格なども行っているかどうかはチェックしておくことをおすすめします。

上手く立ち回れば、未経験でもwebデザイナーを目指せる!

いかがでしたでしょうか?今回は、「未経験からwebデザイナーになれるかどうか」というテーマで、未経験からwebデザイナーを目指す方法や、webデザイナーを目指す際におすすめの転職サ―ビスなどをご紹介しました。

webデザイナーは、web制作やwebデザインに関するスキルや知識、センスが求められる職業なので、転職活動においては確かに経験者の方が有利になる場合もあります。しかし、未経験者がwebデザイナーへと転職することは、絶対に不可能というわけではありません。

未経験者であっても、webデザインなどを独学すればある程度の知識は習得できますし、最近では通信講座などで学ぶこともできるようになっています。また、関連資格などを取得することで、webデザイナーの実務経験がないというハンディをカバーすることも可能です。

未経験からwebデザイナーになり、活躍している方もたくさん存在するので、未経験だからといってwebデザイナーへの転職を諦める必要はないのです。

出典: https://www.green-japan.com/contents/lp/ssh/bouken?ad_rou... | ※1:Green

出典: https://www.dsp.co.jp/pr/ad_all.html?gclid=CK_3hLuZ1NMCFd... | ※2:イマジカデジタルスケープ

出典: https://www.workport.co.jp/lpct_creator/?utm_source=googl... | ※3:ワークポート

女子の方はヒューマンアカデミーがおすすめ!

エンジニアになりたいという女子にみなさん!プログラミングを独学で学ぶというのはとても大変です。

しかし、女性ならではのコミュニケーションやきめ細やかさや、結婚しても働き方が自由なフリーランスが多数存在するため、エンジニアは女子の方にとても向いています。

ヒューマンアカデミーのJavaプログラミング講座なら月々¥10,000~の4ヶ月間でスキルを身につけることができます。ヒューマンアカデミーを利用してプログラミング女子を目指しましょう!

Related