2017/03/31

医師の転職サイトランキング|主な転職理由とおすすめの転職時期

一般の人に比べて条件のいい条件で働いている医師の転職は労働条件や環境など何らかの原因があることが多いです。どうしても将来やりたいことがある医師の方の場合などはなおさらなはずです。頼りになる転職サイトを使い効率的に動くことが重要になります。

医師の転職サイトランキング|主な転職理由とおすすめの転職時期

医師の転職とポイント

医師の転職には色々な理由があると思います。たとえば環境的な理由だったり、職場の人間関係、将来の方向性であったり、そういった中で求人情報を確認し、転職の方法を具体化し、その次期を明確にしていくことが必要になります。ここでは転職サイトの比較、転職の方法、その次期に着目して解説していきます。

医師の転職理由とは

1.収入を増やしたい(年収アップ)
昇給の可能性が低い、教育費や住宅ローンなどの家庭の事情で収入の増加が必要な場合、車が欲しい、高価な楽器がほしいなど趣味のための金などの場合。

2.時短や当直やオンコール減を希望
多忙すぎるために家族やプライベートを省みる時間がない、パートナーを探す時間がない、テニスなどの趣味の時間がない、当直やオンコールで心身があまりにも疲労している、妊娠や出産などのために時間がほしい。

3.勤務地の変更
家族の将来のために都会に引っ越しを検討している、医局から地方に派遣され無理やり単身赴任をしている、年をとったので静かな郊外で自分のペースで仕事をしたいなど。

4.キャリアアップを考えたい
医師としての夢の実現、手術やさまざまな体験をして成長したい、尊敬できる上司のもとで働き向上したい、専門医資格を取得するために症例を経験したい、最先端設備を有した医療機関で働き見聞を深めたい。

5.転科・開業を考えている
開業を考えているために開業前に実地で経営を勉強したい、独立開業を後押ししてくれるような医療機関で働きたい等

転職の条件

なぜ転職するかという転職理由から条件を明確にしていき、「望ましい条件」や「譲れない条件」が明確になっていきます。同時に「妥協すべき条件」「重要かと思っていたが、よく考えたらそれほどでもない条件」なども次第に浮き彫りになっていきます。ここでは将来なりたいドクターキャリアや家庭環境などをイメージしながら考えてください。

転職先の状況を確認する

コンサルタントの多くは紹介する病院内の内情に詳しいのでそういったところから情報を収集することも重要です。また病院の経営方針や財務内容なども重要なポイントになるのでぜひ確認してください。希望転職先の人間関係なども確認できればベストです。

できるだけ多くの求人情報を比較する

ある程度条件に合った案件を探し出し実際に足を運んでみることも重要です。現場の雰囲気や空気などというものは実際に行ってみないとわからないところが多いのが実情です。待遇面などについては実際の面接などで交渉することもできますのでこだわりすぎる必要はありません。候補は1つにするのではなく複数を同時平行で行うほうが選択肢を狭めず柔軟に対応できます。

転職サイトランキング(常勤)

医師の転職サイトはさまざまなものがありますがここでは目的別(常勤、非常勤)にランキングをご紹介いたします。医師不足もあり最近では医師の求人が増えています。ぜひとも確認して、WEBサイトを覗いてみてください。必ず気になる求人があるはずです。そこからなぜ気になるかなどを分析し自己分析につなげる様なこともできます。

10位 CME@医師転職 (常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:2370

求人の紹介方法はコンサルタントの経験に基づいたオーダーメイド型でアフターフォローのを重視しているようです。WEBサイトは医師視点を重要視して作られています。非常勤、スポットと並べて健診スポットを別々に検索できる点には注目です。各項目、常勤とアルバイト(非常勤、スポット等)、地域について分類されており、使いやすく作られています。また読み物的なサイトコンテンツも充実しており、紹介サイトとしては充実しているといえます。

9位 QQドクター(常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:4506

WEBサイトは「常勤」、「非常勤」という2つの分類に分かれており、「スケジュール」、「勤務地」、「診療科目」、「施設種別」、「勤務体系」という項目から検索することができます。

8位 女性医局(常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:5284

「女性医局」は基本的に女性医師専門サイトであり、常勤、非常勤の情報を提供しています。 常勤は、地域と診療科目、施設形態で条件が選択でき、女性医師専門サイトらしく「託児所あり」「産科・婦人科」「週3-4勤務」「当直なし」などの条件付け検索があります。非常勤は地域と募集科目、勤務曜日、勤務時間で検索できます。女性は出産、子育てがあり勤務に必要な条件が変わる事が多いので転職サイトの需要は大きいといえます。もちろん女医の方についても同様です。ぜひとも利用して生活と仕事の両立を目指して活動をしてみてください。

7位  アイアクター(常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:7792

「アイアクター」は、医師だけでなく医療関係者の求人を取り扱っている総合サイトです。
左サイド下部医師向けのリンクあり、そこには「常勤」、「非常勤」、「スポット」の分類があります。求人数は7000を超えておりかなりあります。ページの右側に「職種」、「雇用形態」、「勤務地」、「施設形態」などの項目があり組み合わせて検索することができます。

6位 専門医局 (常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:8339

こちらも老舗の医師紹介サイトです。大きく「常勤」、「非常勤」の分類に分かれており、「スケジュール」、「勤務地」、「診療科目」、「施設種別」、「勤務体系」などから検索することができます。WEBサイト自体は親しみやすいつくりになっています。

5 位 専門医局 (常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:8339

「専門医局」は、専門医向けの転職支援サイトです。特徴である「専門医を生かす」というコンセプトで事業を行っているので専門性を生かして求職したいという医師の方にはお勧めです。専門医には、一般的に認定医、専門医、指導医のような区分があります。各学会が定めた研修や手術実績などの臨床経験、論文などの条件を満たした医師が、試験に合格した場合に認定しています。

4 位 民間医局(常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:10306

多忙な医師の方にはお勧めのWEBです。色々な特典があるようです。たとえば医師賠償責任保険、団体長期所得傷害補償保険の特別割引や、ドクター向けに子育て支援、介護・家事代行サービス、スポーツクラブ、グルメ、旅行などを会員優待価格や割引価格で利用できる(福利厚生サービスメディ割)などがあります。

またベビーシッターサービスや女性医師支援サービスもあるので女性医師は安心して民間医局に転職サポートお願いできます。また、開業医師向けに診察圏調査などのサービスもあります。北海道から沖縄まで全国12の支店を含む14拠点あり広範囲な転職活動が可能です。医師紹介会社のトップリーダーといえそうです。

3 位  Dr.転職ナビ(常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:12290

「Dr.転職なび」の検索WEBサイトは、地域・勤務条件・仕事内容の3つから構成されています。地域検索は、各地の都心部と郊外を分けて検索できるのが痒いところに手が届く感じです。地域検索と診療科を選択する仕事内容の2つから検索しても、最終的には勤務条件の入力が必要になります。

勤務条件による検索では、地域、診療科目のほか、外来診療や病棟管理など仕事区分、施設区分、資格取得の項目があります。ホームページのURLも明示されているので転職先のWEBを確認して転職後をイメージすることができます。

2位 ドクターズパートナー(常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:21598

「ドクターズパートナー」は常勤転職が中心のサービスを提供しています。「ドクターズパートナー」を運営している株式会社マーキュリーは求人件数だけをみたら業界トップクラスということができます。運営会社である株式会社マーキュリーは、この業界で10年以上の歴史があります、大阪の本社を含め全国に4箇所の営業拠点があるので、広範囲な営業活動が可能であり、求人も充実しているようです。

1位 CBnet(常勤医師転職)

常勤医師求人検索数:97,714

圧倒的な求人数を誇る有名どころです。ですから登録をした事がある医師の方いるかもしれません。WEBサイトが若干使いにくいところがあります。営業力におそらく自信がありWEBサイトにはそれほど力を入れていないようです。

しかし、実際に担当のキャリアコンサルタントのレベルはなかなか高レベルスタッフが揃っているようです。実際にあったときに紹介してくれる案件はかなり条件がいいものが多いようです。組織規模や経営規模は最大手ではありませんが、第二位郡に位置している感じです。ですからバックアップ体制などのサービスも安心できる規模です。この医師紹介会社を利用するならば、「担当者と面会してみる」と意気込みを持っている医師の方にお勧めですね。逆にウェブ上でできるだけ済ませたいという方には向いていないかも知れません。

転職求人ランキング(非常勤)

ここでは非常勤での求人数のランキングをご紹介いたします。非常勤の医師求人をお探しの人はぜひご覧ください。

10位 アイアクター(医師転職非常勤)

常勤医師求人検索数:1928

「アイアクター」は、医師だけでなく医療関係者の求人を取り扱っている総合サイトです。
左サイド下部医師向けのリンクあり、そこには「常勤」、「非常勤」、「スポット」の分類があります。常勤求人数は7000を超えており、非常勤についても1000を超えておりかなりあります。ページの右側に「職種」、「雇用形態」、「勤務地」、「施設形態」などの項目があり組み合わせて検索することができます。

9位 DtoDコンシェルジュ(医師転職非常勤)

非常勤、スポッ医師求人検索数:3665

「DtoDコンシェルジュ」の保有会社である総合メディカル株式会社は医師紹介会社のなかで上場している会社がすくないなか東証一部上場企業です。DtoDコンシェルジュは、色々な求人情報を保有しバランスを重視しているようです。満遍なくまずは情報を見てみたいような方にはお勧めです。

8位 CME@医師転職 (医師転職非常勤)

非常勤、スポット医師求人検索数:4455

求人の紹介方法はコンサルタントの経験に基づいたオーダーメイド型でアフターフォローのを重視しているようです。WEBサイトは医師視点を重要視して作られています。非常勤、スポットと並べて健診スポットを別々に検索できる点には注目です。
各項目、常勤とアルバイト(非常勤、スポット等)、地域について分類されており、使いやすく作られています。また読み物的なサイトコンテンツも充実しており、紹介サイトとしては充実しているといえます。

7 位 MRT(医師転職非常勤)

非常勤、スポッ医師求人検索数:4472

MRT(株式会社メディカルリサーチアンドテクノロジー)は東京大学出身の医師同士による互助会が発足されました。顧客である医師のために、医師資格を持つ者の視点をコンセプトに転職支援アルバイト支援を行っています。古くからあり、業界リーダーの1社に数えられます。
メディカルリサーチアンドテクノロジーの特徴は、1.「豊富な実績(過去の医師紹介実績は60万件以上)と利便性」、2.「保有求人募集の厳正選定とスクリーニング」、3.「東京都内のアルバイト、非常勤求人に強い」です。

6 位 専門医局 (医師転職非常勤)

非常勤、スポッ医師求人検索数:5308

こちらも老舗の医師紹介サイトです。大きく「常勤」、「非常勤」の分類に分かれており、「スケジュール」、「勤務地」、「診療科目」、「施設種別」、「勤務体系」などから検索することができます。WEBサイト自体は親しみやすいつくりになっています。

5位 e-docto(医師転職非常勤)

非常勤、スポッ医師求人検索数:7759

「e-doctor」を運営する株式会社リンクスタッフ老舗の医師紹介会社で業界では3番手勢力のです。 株式会社リンクスタッフが運営する「e-doctor」の長所としては、保有する求人募集数が多いということです。保有する求人数が多いので転職先の相対比較検討を行う時に、固有の良質な求人募集を確認しながら、情報収集対象として活用するなどに有用です

4位 ベリ・マッチ(医師転職非常勤)

非常勤、スポッ医師求人検索数:7809

WEBサイトではコンサルタントの役割(地区、常勤・スポット等)まで表示されているので安心感があります。医師紹介会社において、重要なポイントは所属コンサルタントの経歴、実績です。会社自体はそれほど大振りではないですが所属人材情報の公開姿勢好感が持てます。

3位:民間医局 (医師転職非常勤)

非常勤、スポッ医師求人検索数:8280

多忙な医師の方にはお勧めのWEBです。色々な特典があるようです。たとえば医師賠償責任保険、団体長期所得傷害補償保険の特別割引や、ドクター向けに子育て支援、介護・家事代行サービス、スポーツクラブ、グルメ、旅行などを会員優待価格や割引価格で利用できる(福利厚生サービスメディ割)などがあります。

またベビーシッターサービスや女性医師支援サービスもあるので女性医師は安心して民間医局に転職サポートお願いできます。また、開業医師向けに診察圏調査などのサービスもあります。北海道から沖縄まで全国12の支店を含む14拠点あり広範囲な転職活動が可能です。医師紹介会社のトップリーダーといえそうです。

2位  QQドクター(医師転職非常勤)

非常勤、スポット医師求人検索数:9059

WEBサイトは「常勤」、「非常勤」という2つの分類に分かれており、「スケジュール」、「勤務地」、「診療科目」、「施設種別」、「勤務体系」という項目から検索することができます。

1位 CBnet(医師転職非常勤)

非常勤、スポッ医師求人検索数:97,087

倒的な求人数を誇る有名どころです。ですから登録をした事がある医師の方いるかもしれません。WEBサイトが若干使いにくいところがあります。営業力におそらく自信がありWEBサイトにはそれほど力を入れていないようです。しかし、実際に担当のキャリアコンサルタントのレベルはなかなか高レベルスタッフが揃っているようです。実際にあったときに紹介してくれる案件はかなり条件がいいものが多いようです。

組織規模や経営規模は最大手ではありませんが、第二位郡に位置している感じです。ですからバックアップ体制などのサービスも安心できる規模です。この医師紹介会社を利用するならば、「担当者と面会してみる」と意気込みを持っている医師の方にお勧めですね。逆にウェブ上でできるだけ済ませたいという方には向いていないかも知れません。

医師の転職のときに気をつける点

医師の転職において、現在は医療関係専門の就職支援サイトが増えており、転職の窓口は急速に広がっていますね。ですから、より好待遇、好条件の医療案件も増えているといえます。しかし良い条件の案件が見つかった場合に、すぐに転職を希望するために退職希望を出すと言ったようなことは避けたほうが賢明です。また、一般社会と比べ、医師会は狭いために情報共有のスピードがとても速く、変なうわさや些細なことが他の医療機関に飛び火してしまうことなどが多々あります。ですから転職しても変なうわさがたち居心地が直ぐに悪くなるということがあります。ですから転職のための活動は慎重に行い、十分な準備をして行うことが大切です。

日本は世界的に見ても病院の数が非常に多いですが、その世界が病院の数に比例して広いわけではありません。医療機関では、各病院同士の横の繋がりや医局とのつながりは密接なものであるですので退職時にトラブルを起こしてしまうと、転職先でのトラブルに繋がってしまう可能性があります。礼を尽くし可能な限り円満退職にするように考えて、円滑に転職が出来るような環境と関係を作ることが重要です。転職を意識し始めたらまずは周りとの関係を円滑にして時間をある程度かけて動いていったほうが後々のことを考えると得策です。

医師の転職は決して難しいものではありませんが、それぞれの病院、医療機関などでそれぞれ特徴があります。これまでは通用した知識や技術が転職先では通用しないもしくは異なる場合が多々あります。こういったマッチングがうまくいかないと、トラブルを引き起こすことが多く、必要の無い苦労やチャンスを逃すといったことがあります。必ず転職先として考えた医療機関に対し、十分な下調べをおこない、転職コンサルタントと綿密な打ち合わせをすることが重要です。

転職に適切な時期

転職するタイミングは医師の転職において大切なことのひとつです。なかには転職したいと考えたそのときに転職する人もいますが、転職に適した時期はいくつかあります。そしてそういった時期に転職活動を行うことで、満足のいくマッチした就職先を見つけられる可能性が高くなります。ここでは医師の転職に適した時期をご紹介します。1年に数回あるのでそういったタイミングをある程度タームとして考え、じっくり長期的に動いていくことが転職を成功させるポイントになります。

人事異動の時期
病院のなかで人事異動が多い時期は、医師の転職に適した時期です。4月は年度の始まりですから、異動や転職する医師の数も多く、医療機関が中途採用枠を大幅に拡大させています、この時期は医師の求人が年間で最多になります。ですから、勤務先の病院の選択肢が多く、希望に合った就職先にマッチングする可能性が高いのです。また転職先でも、転職してきた医師など人の入れかわりが多いので、新たな職場に慣れやすいといったメリットもあります。

ボーナス後
職場の環境や人間関係に不満があって転職する場合、ボーナスをしっかりと貰っ他後に転職しようという医師が多いのです。ですから、夏のボーナスを受け取った後7月のあたり、また、冬のボーナスを受け取った後1月あたりは転職する医師の方が増加します。ですから医療機関側もこういった状況を考慮して、採用に関するアクションを起こすことが多いのです。

医療機関の医師募集が急募の時
医療機関側がどうしても医師を採用しなければいけない場合は、転職する医師にとって有利な労働条件を獲得できるようです。こういった求人を獲得するにはコンサルタントに状況をこまめに伝えることや定期的に求人をチェックすることが必要です。

2回目以降の転職で重要なポイント

2回目の転職は1回目の転職と勝手が異なります。それは単純明快な転職理由がほとんど存在しないのです。ですから理由を明快にして将来のプランをうまくプレゼンテーションすることが必要になります。通常ドクターは医局にいることで特にプレゼンテーションすることも無く信頼を得ることができます。ですから最も重要になるのは直近の医療機関での成果になります。

・何を目標にして臨床を行っていたか?
・どのような方向の疾病に対する症例数をどれくらい積んできたのか?
・どのような分野のスペシャリティを確立してきたか?
・現状の医療市場において、見解をもっているか?

自らをブランディングすることが必要とされるのです。 2回目以降の転職では「全体を俯瞰する見方」、「部分のディティールに対する見方」、「将来の予想に基づいた見方」といった立体的な見識に基づいたプレゼンテーションが重要です。「全体を俯瞰する見方」のためには「国や行政のマスタープランの確認」、国や地域の方針に対して自分はどういった意思をもちポジションを志向していくか?「応募先医療法人の経営方針や計画の確認」将来働くであろう医療法人の計画の中で自分はどのような、役割を担い、また活躍できるか?そういったことを明確にして面接時に説明する事が重要になります。

「部分のディティールに対する見方」には「自分の専門分野で特異性の確認」今までの自分の経験を考慮してどこがセールスポイントなのか明確化、「パーソナリティーを客観に確認」自分の性格を改めて客観的に判断しどういった場面でそれが強みになるのか、「応募先の臨床現場等に入って確認」前述の事を実際の現場を確認しそこでどういった形で自分の特徴が相手にとってメリットになるかなどを明確化し確立していくことが重要です。

医者でも転職を考えよう

「将来の予想に基づいた見方」には「応募先が求めている背景やポジションを確認」今回の応募がなぜ行われそこではどういった医師をどのようなポジションで使う事を想定しているかを予想し確認する、「医療のトレンドなどを調べて提案してみる」将来予想される医療業界の変化などを予想として述べその想定に対して自分はどのように対応していくかなどを明確にしていくことが重要です。2回目以降の転職では上記のことをうまくまとめてプレゼンテーションしていくことが勝利への鍵になります。

Related