2018/11/27

主婦におすすめの仕事と仕事の探し方|在宅で主婦が出来る仕事

主婦の方が仕事を探す場合にどんな仕事がおすすめなのでしょうか。小さなお子さんがいたり、送り迎えが必要だったり、あまり長い時間は働けない、扶養の範囲内で働きたいなど様々な条件が出てくる主婦の就職です。主婦の仕事探しの仕方のコツをまとめます。

主婦におすすめの仕事と仕事の探し方|在宅で主婦が出来る仕事

1分でわかるこの記事の要約

  • 主婦に人気のお仕事は「事務職」や「派遣社員」
  • 在宅のお仕事なら、webライターなどもおすすめ
  • 人気の派遣事務職は、「アデコ」で探そう

主婦が働くとなると、小さな子どもがいたり、送り迎えがあったり、夕飯を作らなければいけないなどと働く時間に制約が多いことがたくさんあると思います。また、ご主人の扶養の範囲内で年間103万円の範囲内で制限して働きたいと思っている人も多くいます。

そんな様々な条件にフィットする仕事を探すにはどうしたらいいのでしょうか。主婦が働きやすい仕事の条件についてまず整理してみたいと思います。

主婦が働きやすい仕事の6つの条件とは

主婦が働くためには家庭との両立ができるかどうかが大事です。そのために条件が整っている仕事に就きたいと多くの人が願います。主婦が働きやすい条件は下記の6つの内容などに整理されます。

1. 働く時間、拘束時間が短いもの
2. 休みが取りやすいもの(子どもの行事等でやすめるかどうか)
3. 急な休みがとれるかどうか(子どもの病気などで休めるかどうか)
4. 休日の休みがとれるか
5. 出張などがないかどうか
6. 扶養の範囲内で働けるかどうか

こうして考えると、様々な条件が整っていることが主婦が働く場合には理想とされます。

自分が休んでも他の人に仕事を補ってもらえるような同じ仕事をしている人が複数いるような会社や有給休暇や様々な福利厚生があって制度が充実しているという、できれば大きな会社に就職することで働きやすくなります。

また、忙しくて休日や土日に出勤が必要な仕事や夜の仕事などは主婦にはなかなか難しい仕事と言えます。

主婦が外で働く場合の働きやすい仕事8選

1. 事務職

主婦に人気なのはやはり事務職ですが、事務職の忙しさは割と安定しているのでどちらかというと主婦が付きやすい仕事です。同じ内容の仕事をしている事務職が2人以上いる職場ならば仕事のフォローもしてもらえるので何かあった時におすすめです。

また、主婦が働く際の福利厚生などの環境が整っているかどうかもチェックしましょう。たとえば、子どもが小さくて多い主婦の有給休暇が特別に多い会社などもおすすめです。

ただ、事務職は希望する人も多いので、それなりのパソコンのスキルなど専門的なスキルを持っていることが就職の際には必要になってきます。

若い人の就職希望も多い職種ですので、主婦が働く場合には競争相手も多い仕事だと言えます。

2. 派遣社員

定期的に仕事があるという保証はありませんが、派遣社員として登録して働くという働き方も主婦にはいいのではないでしょうか。パソコンなどのスキルや経験があればそれを登録して派遣社員として働いていくこともできます。

長期で働くのはちょっとと言う人にはとてもいい働き方です。企業が忙しい12月だけなど多忙な時期だけの派遣の仕事もありますので、働く時期がマッチしていればいい仕事なります。継続的な仕事ではありませんが、給与はいいですので検討してみるのもいいでしょう。

3. コンビニやスーパー、ファーストフードの昼のパート

コンビニやファーストフードの昼のパートでしたら時間的には働くのにピッタリです。朝夕は若い学生さんの希望が多くありますので、意外とお昼の主婦のパートさんが不足している所も多くあります。

働く時間さえ合えばいいパートとなります。シフト制なので事前に休みたい日がわかっていれば休みが入れやすいという点もあります。ただ人数や店長などの考え方などによっても休みの取れやすさが変わるということもあります。

4. テレホンアポインター

営業のテレフォントークが苦手でなければ求人も多く、主婦の仕事としても働きやすい仕事です。営業トークなどが向いている人にとってはいい仕事となるでしょう。

ただ、こちらは成績も問われますのでその辺は覚悟しておきましょう。頑張ってやっていける自信がある人はトライしてみるのもいい仕事です。

5. 学校の給食など、食事を作る仕事

あまり採用数はないのですが、春休み、夏休みなどの学校が休みの期間が長いので主婦が働きやすいという面がある仕事です。子ども達とも休みが合っていいのではないでしょうか。

また給食などの仕事であればあまり夕方遅くまでという事もなく時間がきちんとしていますのでおすすめです。少し重労働になるかもしれませんが働きやすい仕事と言えます。

6. 保険の外交員などの営業

固定給ではなく、業績によって給与が上がり下がりします。その一方で休みが取りやすい仕事と言えますが、やはり業績を挙げないといけないという点が常につきまとうかもしれません。初対面の人と話したり、営業が好きな主婦には向いている仕事でしょう。

7. チラシ配りやポスティング

高額な仕事にはなりませんが、少しの時間働きたいという人や運動も兼ねてと言う人にはいい仕事です。多くの主婦が結構働いています。コツを掴んで慣れていく事で楽になっていく仕事です。

8. ヤクルトレディ

託児所が整っている所などは働きやすい職場です。また、頑張った分だけ手取りが多くなるのも嬉しい仕事です。逆に言えば、人によって給料に差が出てくることになりますが、最低のラインはある程度頑張っていれば稼ぐこともできます。

この仕事は体力が必要ですが、固定客を掴んだりすることで売る楽しみなども感じることができていくのではないでしょうか。一人でお客さんとの関係を作っていき顧客を増やしていく喜びを得ることもできます。

主婦が家の中で働く場合の働きやすい仕事4選

1. WEBを使った事務仕事、ライターやテープ起こしなど

最近では在宅でWEBを使って仕事を受けることができるサイトができています。サイトに登録して仕事を受けることができます。

文字入力などのサイトもあれば、ライターやテープ起こしなどがあります。スマートフォンではなかなか難しいのですが、パソコンがあればできる仕事です。

自分が得意とする物があればあまり金額を期待せず働いてみるのもいいものではないでしょうか。そうやっていろいろな仕事をしていくうちに経験を積んで勉強することで少しずつ効率が良くなり、稼げるようになります。

続けることができる内容や仕事をいろいろ探すことができれば金額は安いのですが、自分の好きな時間にできるいい在宅ワークです。ブログをやっている方などはライターとして活躍できるかもしれません。

2. WEBでのアンケート調査

WEBでのアンケート調査に協力する仕事です。こちらはスマートフォンでも空き時間などにできますが、あまり高額のものはないのでたくさんやってお小遣い稼ぎをする程度にするといいでしょう。

口コミの投稿などもあります。実際に使ったものなどがあれば口コミを投稿する仕事をやってみるのもいいかもしれません。

3. 内職

以前から家での主婦の仕事と言えば内職という考え方もあるのですが、単価が安いのがデメリットです。最近ではシール貼りの内職やアクセサリー造りなどもあります。

楽しんで行えたり、効率よくできるように努力することが好きな人にはおすすめの仕事です。数をこなすことを目指して、隙間時間で行うことができます。子どもがいない時間帯だけという事でやれるのがいいのですが、あまり無理をしない程度にやることも必要です。

4. 手作りが得意な人は手作りサイトでの販売

最近は手作りをする主婦も増えてきてお店で売っているようなものを作ることが出来る人も多いのではないでしょうか。そういった主婦の場合は手作りサイトに自分の作ったものを登録して売ってみるというのもおすすめです。

多少の手数料は取られますが、自分の作った物が売れた時には嬉しいものです。

ただ、こちらもあまり売れなかったり、売れても利益があがるものとは言えません。よほどの人気の手作り作家にならない限り高収入は難しい仕事でもあります。

主婦の仕事探しの方法は

さて、ここまで主婦の様々な仕事を見てきましたが、実際に主婦が仕事を探す際には、どうしたらいいでしょうか。

最近では主婦や女性専門の求人サイトもあり、そういったサイトに登録することでどんな条件でどんな求人があるのかと言った傾向や自分が働ける職種などもよくわかるようになりますので、登録してみるのもおすすめです。

サイトを見ることで主婦の求人状況を把握し、自分にいい働き方を考える材料になります。

主婦の仕事探しができるおすすめのサイト

1. しゅふJOBパート
人材サービス会社ビースタイルが運営している、主婦向けのパートや人材派遣まで紹介する求人サイトです。首都圏の求人掲載は多いのですが、地方の掲載数は少なくなっています。

週の勤務希望日数や働ける時間帯を選択するなどして条件にあった求人を探すことができます。

2. おしごとレシピ
こちらは地域密着パート情報メディアです。求人サイトanがサポートしているサイトで、地域の求人件数も多いサイトです。働くシフト、期間、メリットなどから検索することができます。

3. はたらこねっと、はたらこindex
dipが行う女性の求人・転職サイト「はたらこねっと」では派遣情報が充実しています。就業時間や期間、自分のスキルなどで探すことができます。

また、「はたらこindex」では、女性人気の職種を揃え、勤務地、職種、時給で仕事が一発検索できるようになっています。土日祝休みや週3日以内などの条件も加えて検索することができて便利です。

4. とらばーゆ
リクルートが運営している女性のための求人・転職サイトで、職種や都道府県、こだわりなどで選ぶことができます。ただ、こちらも地方では求人件数が減りますので注意が必要です。

女性や主婦向けの求人サイトもそれぞれに首都圏に強いサイトであったり、地域に強かったり、派遣が多かったりいろいろな特徴があります。

その特徴をよく見比べて自分が探したい求人内容が実際に多いサイトを見つけて登録することが大事です。また、1社だけでなく複数以上登録することで様々な種類の仕事を見つけることができます。

登録しておくと新しい求人情報がメールで届いたりしますのでとても便利です。

当メディア #mayonez もライター様を募集しています

結婚を機に専業主婦となった方、妊娠・育児のために一時的に会社を休んでいる方は、ぜひ#mayonezにて、これまでの知見を活かした記事を書きませんか?

キャリアからライフスタイルまで幅広くコンテンツを作成しているので、もし興味がありましたら、下記のフォームからご応募ください!

主婦の仕事復帰のポイントは

実際に主婦が就職活動をして働こうとする場合には、どういったことに注意をしたら就職しやすくなるのでしょうか。仕事復帰を目指す時期によっても再就職がしやすいかどうかが結構変わってきます。

主婦になって初めて仕事をする人や独身時代に働いていて子育てが落ち着いてきたから働く人など様々だと思いますが、最近は相対的にこうした再就職を目指す主婦の数が増えています。

育児休暇後の復帰

特に子どもの年齢が2歳半で働く母親は2012年12月現在で半数近くになっています。1歳半の場合41.8%と産休や育児休暇が開けてすぐ働く母親の方もいるということで数字は高くなっています。

1歳まで育児休暇制度を受けることができることや状況によっては1歳半まで延長できることなどでそれを機会に復帰している人も多くいます。

一つにはせっかく就職をしたので慣れた同じ会社で育児休暇後にまた働きたいと言う人が増えたことや職場での育児休暇制度が充実してきたということが言えるのではないでしょうか。

ただ、そうした場合に小さな子どもを預ける場所がなく保育所に空きがなかったり、預ける人がいないなどと言う問題も生じています。働くことを計画している場合はしっかり子どもの預ける方法についても事前に計画立てておくことが大事です。

中には、ベビーシッターを2人確保している人などもいて万全の態勢を取っている働く主婦もいます。行政のファミリーサポート制度などで送り迎えを頼んだりすることを検討する方法もあります。

長期のブランク後の再就職

また子どもがもっと大きくなってから、生活が落ち着いてから働き始める人もやはり多く、小学生に上がってから働き始めるなどと言う人も多いと思います。そうした場合には長いブランクがありますので、どう再就職を目指したらいいのか不安でもあります。

ブランクがある主婦の場合は、ブランクの間にパソコンの勉強をしたり、自分が就職したい分野のスキルを身に付けるように努力をしておくことがとても大切です。

語学を勉強したりして資格を取っておくのもいいでしょう。趣味を追求して専門的な職種に就職できるようにしておくのもおすすめです。

また、もっと子どもが成長してからと言う人もいると思いますが、再就職を考えているのであればできれば早く再就職した方が有利です。自分が持っている経験が時間が経つにつれて風化し、あまり役に立たない時代遅れのものになることが多いからです。

特に最近ではパソコン業務なども増え、日に日に求められる仕事のスキルも変化しています。そうしたものに付いていくためにはできるだけ早く復帰していた方が就職には有利と言えます。

パソコンなども家で日常的に使って慣れておくことで新しいバージョンのものに対応できることになります。

35歳までの就職が有利と言う年齢の問題

女性の場合は特に年齢が就職に大きく影響してきます。最近は求人での年齢制限は表示できないようになっていますが、実際には職場での年齢構成を考えて若い人が多いので若い人を採用したいと言われれることも多くあります。

また、女性は35歳までの就職が有利です。それ以降になるとそれなりの専門性を自分の身に付ける事が必要です。その専門性も実践的に仕事で通用するものでなければなりません。

例えば事務職の場合には専門性と言われてもそれぞれの会社によって異なりますので自分が持っている経験が役に立たないことも多くある職種といえますのでブランクがあると難しくもなってきます。

それでは、実際に主婦が求人を探す際にはどんな条件にこだわって求人を探しているのでしょうか。主婦が求人で求める条件をまとめてみました。これを見ることで主婦が働くにあたって抱えている問題も同時に感じることができるように思います。

最近は求人難で、求人情報を見ていると週の勤務日数や勤務時間も短めでもいいですよと言う所も増えてきています。また、主婦の方歓迎と言う求人も増えています。

それに対し、主婦が実際に働く場合の条件として挙げるものはどんなものがあるのでしょうか。それぞれに主婦ならではの問題があり条件にこだわりがあるものが多くなっています。

主婦の働く具体的な条件とは

扶養の範囲内で働く場合

多くの主婦がご主人の扶養の範囲内の年間103万円の給与内で働きたいという希望を持っています。この希望ですとパートで数時間と言う勤務で1週間の勤務日数も少なくなる働き方となります。もしくは短期間で期間を区切って働くということになります。

仕事場に最初から事情を説明して103万円以内で働きたいと調整しながら働く人は実際に多くいます。また、就職先の方から「103万円以内での勤務ですか」と最初から確認されることも増えてきています。

ある意味、こうした働き方が認められているとも言え、扶養の範囲内と言う働き方もしやすくなっています。

ブランクがあってもいい仕事の場合

仕事のブランクがある場合は、選ぶ職種がどうしても難しくなってきます。ブランクがあっても経験があれば通用する場合と通用しない場合があります。どうしてもブランクがある場合には営業や作業的なものが多い仕事になってしまう可能性も増えて来るのが現状です。

こういった場合、希望する職種がある場合には一度自分でスキルアップをして再就職にチャレンジするのもおすすめです。

年齢が上でも可能かどうかの問題

35才が一つの区切りだということ、そして中年になればなるほど主婦の就職は難しくなってくるのが実際の現状です。年齢を伝えて明らかにあまりいい感触でない場合は最初から諦めた方がいいことも多々あります。

求人難の職種の場合は年齢に関係なく採用してくれる所も多くありますので、そうした職種を狙うことも必要になってきます。接客業なども最近は求人難ですので特におすすめです。

また年齢で難しい場合は派遣ですと、年齢は関係ないという所も意外と多く、経験やスキルがきちんと評価される可能性も高くなりますので登録してみませんか。いくつかの派遣に登録して探すのもいいでしょう。

事務職は若い人が有利だということをお話しましたが、最近では事務のアウトソーシングも行われ、派遣で事務を行う事もできます。そうした場合にはあまり年齢が関係なくなることもありますので派遣で事務職を狙うというのもいい方法です。

週の勤務日数の問題

主婦が仕事をする場合は週3日の勤務希望が多いのも現状です。土日祝はできれば休みをとって週3日で勤務したいや中にはご主人が土日は子どもを見てくれるので土日を主にして3日働きたいなどと言う主婦もいます。

意外と週3日以上と言う仕事も多くありますので見つけやすいとも言えます。ただ、そういった仕事はシフト制の仕事や接客の仕事などが多く、土日祝が完全に休みになるなどと言うことがなかなか難しい場合もあります。

就業時間の問題

1. 短時間の勤務
主婦の場合は短時間勤務を希望する人が多くなります。子どもが保育園や幼稚園、小中学校などに行っている間だけ働きたいという人の場合は多くが短時間の5時間程度の勤務になります。

2. 残業なしの勤務
主婦の場合は残業なしを希望する人も多く、残業が初めから予定されているような仕事には就職できないことが多くなります。

また職場での残業が急には出来ない場合は最初から伝えておいた方がスムーズです。初めから私は残業は難しいと伝えておけば、期待されることがなくなりますので楽になります。

3. 早い時間の退勤
また、子どもの送り迎えに行く主婦も多いため、早い退勤を希望する人もいます。子どもが途中で発熱して早退と言う可能性もあります。そういったイレギュラーの出来事も仕事場には理解してもらう必要があります。子どもがいる主婦が多く働く職場では理解がある職場も多くあります。

4. 遅い時間の出勤
主婦の場合には、家事や子どもの送り迎えを終えてからしか出勤できないという人もいて、遅い時間の出勤を希望する人もいます。

また、この送り迎えなどでの勤務時間を短くしたい場合などに「時短勤務制度」を利用することもできます。

3歳以下の子どもを持ち、1年以上働いていればパートタイマーでも士取得できます。一日に実質で6時間を超えた労働時間の方で週3日以上働いている方はこれを会社に申請することもできる制度となっています。

ただ、この制度もなかなか取れる環境にある職場が少ないのも現状です。

休みの取得の問題

1. 家庭や学校行事などの問題
子どもが小さい場合は、家庭や学校行事で休むことも多くありますが、休みが取りやすい仕事場であるかどうかは大事です。

主婦が多い職場などはこうしたことにも慣れているので休みが取りやすく助かります。面接の際にあらかじめ断っておくと働きやすくなります。

2. 子どもの急な病気などの休みの問題
子どもの急な発熱などで休みが必要な場合でも休める仕事場であることも重要です。そのためには同じ仕事をする人が2人以上いたり、人がたくさんいる職場ではフォローしてもらえる事も多く休みやすくなります。

その点は、大きな企業になると休みやすいという利点があります。また、パートと言えども有給休暇制度もしっかりしている会社がおすすめです。この辺は就職の際にしっかり確認してみませんか。

働く期間を制限したい場合

1. 単発の仕事の場合
単発で働く場合は、単発の仕事が多い春や夏、冬に働くがおすすめです。この時期は単発の求人が多くなり、春は引っ越しなどにまつわる仕事や夏冬はお中元やお歳暮、また冬は年末調整や郵便等に係る仕事などそのシーズンで忙しい仕事に就くのもいいのではないでしょうか。

短期間ですのでその期間だけの勤務で束縛されることもなく働け、働きやすくも感じられる仕事です。また、同じ仕事を同じシーズンに毎年行い継続的に経験を積んでいる人もいます。単発を継続してやるという働き方もできることになります。

2. 短期の仕事の場合
短期の仕事を探す場合には派遣に登録するのもいいのではないでしょうか。登録しておけば仕事が見つかった場合に紹介してくれますので便利です。忙しい期間だけの短期の派遣も結構ありますので短くていい方にはおすすめです。

3. 長期の仕事の場合
長期の場合は、条件が整えば社員や契約社員を目指したり、派遣から社員への登用を目指したりすることもできます。

パートの場合でも130万円以上の勤務の場合は、会社の社会保険に加入することができますのでそうした働き方もありますのでじっくり条件がいい所を探してみましょう。

これからの主婦の働き方と求められるスキル

以前は独身女性が派遣で働いていたこともあったと思いますが、最近では派遣で働く主婦の方も増えてきました。派遣の場合は登録する経験やスキルが大事になってきますので、自分にスキルを付けて登録してみてはいかがでしょうか。

派遣ですとあまり束縛されることもなく時間内で働いて帰ることができます。

また、主婦が働く場合もスキルが必要とされる時代になってきましたが、スキルという面ではパソコンのスキルが最も活用でき評価されるスキルとも言えます。

しかし、最近では多くの人がパソコンができますので、エクセルの関数計算がたくさんできたり、アクセスが使えたり、財務や給与ソフトが使えるなど実践的なものを身に付けておく必要があります。

また、語学のスキルが活用できる場も増えていて、TOIEC等を受けるのもいいのではないでしょうか。接客や営業でも最近は外国人のお客様も増え、外国語のスキルが必要な場所が増えています。外国人と一緒に職場で働く機会も増えています。

また、これからは中国語や韓国語などを勉強していると就職に役立つことも増えてきそうです。これから語学を勉強する人はぜひトライしてみるといいのではないでしょうか。まだ希少価値の存在ですので就職には有利となります。

扶養の壁の150万円への引き上げ及び夫婦控除の見通し

扶養の壁が103万円から150万円への引き上げによる働き方の変化

扶養の範囲内で働くという扶養の壁103万円も2018年からは150万円と改正されることになりました。大企業や中堅規模の会社やお店で働く人が対象となります。

こういった改正が行われることでどういった働き方の変化が起きるかと言うともっと長時間働く主婦が増えることになります。

具体的に言えば、時間に余裕がある子育てもひと段落した30代後半から40代、50代の労働者がもっと長く働くようになります。長時間勤務の非正規労働の中年主婦層が増えていきます。

益々求人難となっている時代の状況の中で、主婦層がもっと働くことを促進するための改正が狙いです。そして、このことによって、中年の主婦層のパートがもっと増えていく傾向になることが予想されます。

こうした層の求人枠も広がっていく事になればいいのではないでしょうか。

夫婦控除に今後は変更される?

また、150万円に扶養控除が引き上げられることが検討されているのと同時に、「配偶者控除」から「夫婦控除」へ変更ということも検討されています。

現在の「配偶者控除」ではどうしても働きたい女性がご主人の扶養を気にしながら働くという事になります。そうした概念を最初から取り払い「夫婦控除」と言う形態に変えていこうというものです。

「夫婦控除」などと言う考え方への転換は、少子高齢化でもあり、労働力不足の中、女性の特に主婦層の労働力を増やしていくのが狙いです。

このことによって雇用する企業側も主婦だからと「配偶者控除」のことを念頭に置く必要がなく、お互いに労働への意欲が増す事が期待されるものです。

結婚を機に税金の問題から働くことを制限しなければならない状況にある現在の状況に変化をもたらすことになるでしょう。「配偶者控除」の問題から正社員だった女性がパートに変わるというような働き方を変える必要がなくなります。

これからの主婦の仕事の探し方と展望

この「夫婦控除」というような考え方は、女性も結婚を機会に働き方を変えるという事をあまり考えず、長いスパンで仕事を見ていく人も増えていくでしょう。

一生の仕事と考えたり、地位や昇進への興味が深まったり、自分の中に経験やスキルを積みたいという欲求ももっと増えていくのではないでしょうか。

キャリアを積むことができる仕事への就職も増えていくでしょう。長いスパンで考えて女性に働きやすい仕事を探し、ずっと続けていくことを考える人も増加します。

また、キャリアを積んで転職を行っていく主婦も増えていく事になりそうです。男性と女性の仕事に対する意識があまり変わらないようになっていくということも想定されていきます。

ただ、主婦が仕事をする上でご主人の協力がなくてはやれないというのはずっと変わらない問題でもあるでしょう。

主婦が長時間働くことでさらに家事の分担の問題などが大きくなります。そこには理解と協力がないとやっていけないのがやはり主婦の仕事と言えます。

これからの主婦が働く環境整備が重要!

また、主婦が子どもを預けて働かなければならないという問題も依然として残り、誰かサポートしてくれる人の確保や場所の確保も重要な問題です。

これからの主婦の仕事と託児所のサポート的な問題は今よりもさらに密接に関連していく問題となっていくのではないでしょうか。

保育所を備えている職場等への就職は増えていくでしょうし、長時間働く人が増えてくるともっと保育所も増やして行かなければならなくなり、時間外保育やベビーシッターなども増えていくことが必要となります。病気の子どもを見てくれるサポート体制も必要です。

主婦が働くための環境整備が整っていく事も主婦が再就職する場合には大きな問題です。一つ一つをクリアしてやっと働く環境が整うのが主婦の再就職と言えます。

家庭の協力体制と社会の支援制度、職場の理解や休暇制度や特別な優遇制度など福利厚生と条件が少しでも整っていることが主婦が働きやすい仕事場だと言えるのではないでしょうか。

#mayonezにライターとして応募する

当メディアも、就活経験や社会人経験を活かして記事作成を行うことが可能です。

ご自宅から、自分のタイミングで仕事を受注し、提出いただけます。もし興味がありましたら、詳細をご覧ください。

おわりに

記事のまとめ

  • 主婦に人気のお仕事は「事務職」や「派遣社員」
  • 在宅のお仕事なら、webライターなどもおすすめ
  • 人気の派遣事務職は、「アデコ」で探そう

主婦のおすすめのお仕事や仕事を選ぶポイントなどをご紹介しました。いかがでしたか。

派遣会社の「アデコ」ならあなたにぴったりの条件で仕事を探してくれます。一度相談してみることをおすすめします。

Related