2017/04/21

転職サイトの更新日をチェックしよう|代表的なサイトの更新日一覧

これから転職を考えている方へ、効率的に進めていくために重要となる転職サイトの更新日についてご紹介していきます。これは、新規の求人情報が追加される日になりますので、是非とも覚えておいて欲しい情報です。この記事では、代表的な6つの転職サイトの更新日をご紹介します。

転職サイトの更新日をチェックしよう|代表的なサイトの更新日一覧

転職サイトの更新日を把握しよう

転職を考えている方は、現在はネットを活用することでその活動の幅を広めることができます。これは以前までの転職活動と比べても、参入障壁が低くなっていると言えます。

そんな転職サイトを効果的に活用するためには、それぞれの更新日を把握しておくことが大切になります。日々多くの転職案件が更新されていきますので、せっかく良い求人があったにも関わらず、それを逃してしまうのはもったいないです。

転職サイトには、それぞれ新しく求人が更新される更新日というものが決まっています。それを覚えておくことで、いち早く良い案件をみつけることができますので、是非これからご紹介する代表的な転職サイトをチェックしましょう。

代表的な転職サイト一覧

まずは代表的な転職サイトとして、6つのサイトをご紹介します。それぞれ特徴や扱っている件数も異なりますので、できればすべてをチェックするようにしましょう。

マイナビ転職

マイナビ転職は知名度も高い有名な転職サイトになりますので、聞いたことがある方も多いはずです。現在は6,000件以上の求人が掲載されていますので、あなたの希望職種の募集も見つかるでしょう。

さらに、マイナビ転職にしか載っていない求人が全体の81%となっていますので、他の転職サイトを見ていたという方も、ここでしか手に入らない求人情報が見つけられます。

また、転職ノウハウとして履歴書の書き方から、面接対策に活用できる解答例など、転職志望者が知っておきたい情報も確認できるようになっています。

リクナビネクスト

リクナビネクストもマイナビ転職と同様に、知名度の高い転職サイトとして広く知られています。リクルートが運営しているサイトになりますので、安心感も高く利用者の数も多いです。

求人の数も多く、毎週更新される新規の求人情報も1,000件以上となっており、毎週確実にチェックしておいてほしいサイトになります。

また、他の転職サイトでもあるように、スカウト機能というものがありますので、閲覧だけにするのではなく、初めから登録しておくことをおすすめします。

doda

doda(デューダ)もマイナビ転職などと比べると掲載数は劣りますのが、数多くの求人が掲載されており、中には非公開求人もあります。

非公開求人の数はなんと、10万件以上となっており、とても数が多いです。こちらの非公開求人は転職エージェントサービスに申し込む必要がありますが、有名企業の求人など、そこでしか見ることのできない求人情報が揃えられています。

求人の更新日も週2回と多いので、転職エージェントサービスを利用しない方であっても、要チェックのサイトになります。

ピタジョブ

ピタジョブでは、複数の大手求人サイトの情報が掲載されており、独自の求人も扱っているので、掲載数が多いことはもちろん、一括で複数サイトの情報が確認できるという利点もあります。

また、ピタジョブの特徴としては、独自の絞り込み方法で求人を探せるということが挙げられます。「自慢できる求人」や「働きがいのある企業の求人」といった他にはないユニークな探し方ができます。

さらに、あなたのスキルや希望と、その企業がマッチしているかという数値を「ピッタリ度」として表示されるようになっています。より自分にあった転職先をみつけることができますので、ぜひ利用してみてください。

@type

@type(アットタイプ)では、エンジニア系の転職情報が豊富に揃えられています。IT系への転職を希望している方は要チェックです。

また、営業系の求人情報も比較的多く掲載されていますので、この2つの職種で転職を希望している方は、ぜひともご活用していただきたいサイトになっています。

また、不定期で「エンジニア転職フェア」というものが開催されていますので、未経験でIT系の企業へ転職したい方はもちろん、すでにエンジニアとして働いておりキャリアアップを図りたいと考えている方も活用できるイベントとなっています。

エン転職

エン転職では、現在3,000件以上の求人が掲載されております。その中でも多く掲載されている職種は、営業系や事務系となっています。これらの職種で転職を希望している方は、ぜひご確認ください。

また、エンにしか載っていない求人数は全体の80%となっておりますので、マイナビ転職と同様にここでしか手に入らない求人が数多く掲載されております。

「エン転職 虎の巻」として、転職ノウハウも掲載されており、転職活動を行う準備から、入社までのノウハウを一通り共有していますので、ぜひご活用ください。

各転職サイトの更新日時

ここからは、上記でご紹介した転職サイトの更新日についても紹介していきます。それぞれ、新規の求人が掲載される回数が週に何回あるのか。また、どの曜日になると更新されるとのかというのがわかりますので、見ていきましょう。

各更新日
・「マイナビ転職」:火曜、金曜
・「リクナビネクスト」:水曜、金曜
・「doda」:月曜、木曜
・「ピタジョブ」:随時
・「@type」:火曜、金曜
・「エン転職」:月曜、木曜

6つの転職サイトを見ていくと、土日以外のすべての曜日で、どこかのサイトで更新日に設定されていることになります。つまり、毎日新規の求人情報があるということなので、できるかぎりチェックしていきたいところです。

金曜日は「マイナビ転職」、「リクナビネクスト」、「@type」と比較的、多くのサイトが更新日となっていますので逃さないように気をつけましょう。

転職サイトを効率的に活用する方法

それぞれの転職サイトの更新日がわかったところで、さらに効率的に転職サイトを活用するための方法をご紹介いたします。。

転職サイトは、登録をしていなかったとしても、求人情報の閲覧自体はできるようになっています。しかし、登録をしておくことで、求人情報がメールで送られてくることがありますので、転職サイトを活用する際は、できるだけ登録までしましょう。

また、転職サイトは今回ご紹介した6つのサイト以外にも数多くあります。転職を本気で考えている方は、できるだけ多くの転職サイトを確認するようにしましょう。上記でもご紹介したように、その転職サイトにしか掲載されていない求人情報というものがあります。すべて閲覧するのも大変だとは思いますが、数が多いに越したことはありません。

ですが、曜日によって更新されるサイトが異なることから、毎日すべてを確認するわけではないので、思っているよりも労力はかかりません。さらに職種が絞られている方は、より効率的に探すことができます。なので、是非できるだけ多くの転職サイトに登録をして、曜日ごとに閲覧するサイトを決め、転職活動に活用してみてください。

更新日を把握して効率的に転職を進めよう

今回ご紹介した6つの転職サイトだけでも、更新日を把握しておくことで、より魅力的な求人を素早く見つけることができます。曜日ごとに改めてまとめると以下のようになります。

月曜日は、「doda」と「エン転職」
火曜日は、「マイナビ転職」と「@type」
水曜日は、「リクナビネクスト」
木曜日は、「doda」と「エン転職」
金曜日は、「マイナビ転職」と「リクナビネクスト」と「@type」
「ピタジョブ」は随時なので、できれば毎日確認していただきたいサイトになります。

基本的には平日が求人の更新日となっているため、各転職サイトを見るよう週間付けておくとよいでしょう。

上記のように把握できているだけでも、良い求人情報を見つけることができるかに違いが出てきます。それは、そのまま転職活動に違いが出てきますので、ぜひ活用していただきたいと思います。

Related