2019/03/13

転職時に登録すべきサイト|サイトに登録すると転職意思がばれる?

転職を行う場合には、いろいろとなど分からないことも多いものです。転職活動が会社にばれないかといったことも気になりますよね。ここでは、転職の際に心強い味方になる転職サイトや転職エージェントなどのスカウトサイトへの登録方法、登録後の流れなどについてご紹介します。

転職時に登録すべきサイト|サイトに登録すると転職意思がばれる?

1分でわかるこの記事の要約

  • 転職サイトに登録しても、転職の意思が会社にばれることは基本的にない
  • 自分の年齢や状況、スキルに合った転職サイト・転職エージェントに登録しよう
  • まず登録すべきは、求人数が圧倒的に多い「リクルートエージェント」

転職を考える時、転職先の情報を集めるために欠かせないのが転職の情報サイトです。転職の情報サイトには、大きく分けて公共が行うサービスと民間が行うサービスがあります。

公共のサービスは言うまでもなくハローワークですが、民間のサービスは更に転職情報サイトと転職エージェントに分けることができます。

さまざまなタイプの転職サイトや転職エージェントがありますので、自分に合ったサービスを見つけ転職を成功させましょう。

転職の際に使うサイト

ハローワーク

ハローワークと言えば、会社を辞めた後の失業保険などの受給や公共職業訓練などを受けるためにお世話になることがありますね。

また、その他にも必要により給付金の申請や生活費の貸付など転職先を見つけること以外でもさまざまなサポートを受けることができる場所です。そのハローワークでも「ハローワークインターネットサービス」という求人案件の検索サービスを行っています。

利用するには一度ハローワークの窓口へ行き、求職の申し込みの手続きをする必要がありますが、在職中から登録することができるサービスです。

このサービスに登録するとハローワークの窓口のパソコンで検索するのと同じ情報を自宅のパソコンから検索することができます。

転職情報サイトとは

求人の情報を掲載しているサイトで希望の職種や勤務地などから求人を探し、WEBでの応募もできます。サイトにそれまでの経験やスキルを登録しておくことでそれに興味をもった企業から「当社に応募しませんか」といったスカウトのメールが届くこともあります。

また、登録したサイトから応募した企業の他の求人案件の情報ををメールで受け取ることもできるので、自分一人で探すよりも効率的に求人情報を探すことができる方法です。転職先への応募は応募者と企業が直接やりとりを行います。

転職活動の流れがわかっていたり、自分の進みたい方向が明確になっていたりする場合の他、就業条件についての交渉も自ら行いたい場合に使う方法です。

主な転職情報サイト

主な転職情報サイトとしては

リクナビNEXT」 
「マイナビ転職」 
「とらばーゆ」 

などがあげられます。

リクナビNEXT

リクルートの運営する転職サイトです。匿名での登録も可能で、まずは転職活動を始めてみようかなと考えた時に登録しておきたいサイトです。

「スカウト登録」に登録すると公開されていない転職案件からもスカウトメールが届きます。サイト内に有名人のコラムがあり、面白いサイトとなっています。

マイナビ転職

株式会社マイナビの運営する転職サイトです。人気の求人ランキングや自治体の雇用促進情報など独自の視点の特集も多く、さまざまな転職に対応しています。各エリアに特化したページがあるので、地元での転職先などもより探しやすくなっています。

また、同じグループのサイトに「マイナビ薬剤師・マイナビ看護師・マイナビ税理士・マイナビ会計士」など15種類の職種や働き方専用の転職サイトがあります。

とらばーゆ

女性向けの就職情報サイトである、とらばーゆです。サイトを見た感じは女性らしい暖色系の色を多用しており、安心して使うことができるレイアウトになっています。

関東などの広いエリアでけでなく、各地方に絞った転職ページが用意されているので、地元での転職先などの検索が簡単にできます。

転職エージェントとは

自分の希望やそれまでの経験に沿って求人情報を紹介してもらえるサービスが転職エージェントによる転職方法です。転職情報サイトとの大きな違いは企業とのやりとりが転職エージェントを間に入れて行うことです。

転職情報サイトと同様に専門のアドバイザーから転職先を紹介してもらえることや、転職の際に必要なことのアドバイスを受けることができますが、企業との給与や休日などの働き方の交渉を行ってもらうことができるのが大きなメリットと言えます。

始めての転職であったり、自分の適性と転職先が上手くマッチングしているか自信がなかったりする場合、転職活動は久しぶりであったりする場合や未経験の業界に転職をする場合にも使いたい転職方法と言えます。

主な転職エージェント

主な転職エージェントは以下の様なものがあります。

パソナキャリア
doda」 
リクルートエージェント」 
マイナビエージェント

パソナキャリア

転職が初めての場合や若い世代の転職する場合に登録したいサービスです。

転職の知識から履歴書や職務経歴書の書き方、サンプルのダウンロードなど転職初心者に優しいサイトです。求人件数が25,000件と多いこともおすすめのポイントです。

doda(デューダ)

20代から30代後半までの転職希望者がターゲットの転職エージェントです。優良企業や非公開求人doda限定の転職案件などに応募することができます。

サービスの一つであるスカウトサービスにはエントリーすれば必ず面接を受けることができる面接各役オファーがあります。まずは気負わずに面接を受けてみたい場合にはおすすめのサービスです。

非公開求人や登録者限定にオファーが届くこともありますので、オファー先からの「こういう人だから、来て欲しい」などの申し出で思わぬ自分の魅力や強みに気づくこともできるでしょう。

リクルートエージェント

転職サービスの大手であるリクルートグループの提供するサービスです。

転職の案件が多く、非公開求人が13万件あります。全国に展開しているので転職を考える際には登録しておきたいサイトです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは業界別の専任制なので自分の希望する職種に詳しいエージェントが専属でサポートしてくれます。エージェントは管理職の方が気になる就労環境や企業風土やデメリットなどの貴重な情報も提供してくれます。

また利用者への親切な対応も好評を得ています。無料で会員登録出来ますので転職を考えている方はまず登録してみてはいかがでしょうか。

パターン別、転職の際に登録すべきサイト

最近では働き方も様々な形があります。男性中心の男女雇用機会均等法の施行により、女性の就業や社会参加の機会が増えつつあります。

また、卒業して社会経験を積んだ第二新卒と呼ばれる世代やキャリアや経験を蓄えた中高年管理職の世代の採用を行う企業も増えています。

無料で登録できる転職サイトや転職エージェントの中にはそれらの細かい対象に絞って転職案件を揃えているサイトも存在します。自分の状況やスキルを考えて積極的に登録してみましょう。

女性の転職で登録するべきサイト

求人募集の際に女性の扱いを向上させるためのポジティブアクション制度への取り組みに広がりなどもみせていて、女性に配慮をした求人募集も増えてきています。

登録できるサイトには先程ご紹介した「とらばーゆ」以外にも女性向けの転職サイトや転職エージェントは以下のようなサイトがあります。

「マイナビ転職女性のおしごと」 
「エン転職 WOMAN」 
「Woman Career」

マイナビ転職女性のおしごと

女性のおしごと探しに特化したサイトです。女性ならではのキーワードで、求人を検索でき経理、秘書、医療、アパレル、教育など女性が活躍している職を多く扱っています。

エン転職 WOMAN

女性に特化しつつ、勤務地や職種を簡単に選択し、希望にあった職を簡単に探すことができます。

また、女性の転職に関するQ&Aも特集されており、面接の際にわからないことや、出産育休のことまでまとめられており、女性にとって心強いサイトとなっています。サイト内も、淡いピンクでまとめられており女性らいしい見た目です。

Woman Career

「自分らしいキャリア」に重点を置いた、働く女性のための転職サイトです。働く女性の講演会などの特集もしており、実際に転職や出産・育休を体験した人の話を聞くことができたり、将来のライフスタイルについて考える時間をつくることもできます。

転職に迷っていたり、これからのライフスタイルを考えたいと思っている方はぜひ利用してみましょう。

第二新卒の転職で登録するべきサイト

新卒で就職をして数年での転職は第二新卒と呼ばれます。社会経験を積んでいるので基本的な職場での振る舞いはビジネスマナーが身についていること、新卒の応募者と同様のフレッシュさや考え方の柔軟さがあることが強みになります。

そのため、新卒よりも即戦力として力になりやすい人材として求人を行う企業側に人気があります。

転職に必要な知識の取得やアドバイスを受けるためにも先程ご紹介したdoda」、「リクルートエージェント」、「マイナビエージェント」などの大手の転職エージェントの登録から始めてみると良いでしょう。

中高年の転職で登録するべきサイト

一昔前は転職は30代半ばまでという風潮があり、求人広告でも年齢制限を見かけることが多くありました。しかし、働き方が終身雇用から実力・実績主義に働き方がシフトしてきていて、企業の側も早く成果を出すことが求められる様になっています。

そのためには、人材のマネジメントなどを行い活用をして売り上げをあげることが大切です。そのため、中高年の管理職経験者のスキルを求める企業も少なくありません。

求人サイトや転職エージェントでもそういったニーズに応えて専門のサイトを運営しています。登録先には先程ご紹介したリクルートエージェント」や「doda」の他、「ビズリーチ」や「キャリアカーバー」などがあります。

地域や海外に強い転職エージェントも

転職エージェントの中には一都三県や大阪など特定の地域の求人案件に強いサイトもあります。また、各転職サイトや転職エージェントの中には働く地域を絞り込んでの検索を行くことができるサイトも多くあります。

また、海外向けの転職を希望している人向けにコーナーを設けているサイトもあります。大手の転職サイトや転職エージェントでは色々な地域のの転職得案件を扱っているので、積極的に登録して検索してみましょう。

サイトに登録すると転職意思がばれる?

転職サイトに登録しても転職の意思が会社などにばれることはありません。転職情報サイトや転職エージェントからはメールで情報が提供されます。しかし、基本的に電話などがかかってくることはないので会社や同僚に転職のことがばれてしまうことはありません。

ただし、案件の紹介から条件の交渉、面接など細かなサポートを行う転職エージェントでは求職者との詳しい打ち合わせが必要になります。

そのため、一度は担当者と合う必要が出てきますが、面接場所を職場の近くなどで設定してしまうと会社の同僚や上司など顔見知りに合ってしまう可能性がでてくるので、面接の場所や日時の設定には注意する必要があります。

また、転職の医師がばれる要因として、仕事に手を抜くことが多くなった、やる気が見えない、返事が上の空、など仕事への姿勢が変化で周りが察してしまうということもあります。

ですから、転職することを決意して会社に知られずに活動を続けようと考える場合には、周囲に対して仕事をそれまでと変わらず取り組む姿勢を見せることが大切です。

また、もし働いている企業の担当者が転職サイトなどで応募者の検索をしたら…なんて考えるかもしれません。

各転職サイトなどには特定の企業からの検索をブロックする方法があるので、登録した際に同時にそれを設定しておくと良いでしょう。以下に一例として「doda」のスカウトブロックのページをご紹介しておきます。

スカウトサイト(転職エージェント)への転職登録の流れ

転職エージェントへの登録の流れはそう難しいものではありません。それぞれのサイトからプロフィールや希望条件、それまでの職務経歴を入力します。

その後、担当者とキャリアカウンセリングを行い、経験やそれまでの希望とこれからのキャリア形成なども考えた仕事の紹介を受けることになります。場合により、担当者が企業との面接の場に立ち会うこともあります。

転職には他の制度の活用も

転職情報サイトや転職エージェントなどへの相談の他にも、冒頭で紹介したハローワークの提供する各種の生活への助成、公共職業訓練や教育訓練給付金などを合わせて活用することで、効率のよい転職活動を行うことができます。

生活費の貸付や住宅の補助

転職活動中は収入が途絶えてしまうことも多いものです。転職活動に集中して取り組みたい場合には尚更です。そうした場合に失業保険以外にも職業訓練を受ける場合の手当てや社会福祉協議会による生活費の低金利での貸付や住宅の補助などを受けることができます。

それにより、生活を安定させ、安心して転職活動に取り組むことができるのがこうした制度の目的です。

教育訓練給付金の活用

転職に際しては必要になる資格や自らのスキルアップなどのために、資格取得の勉強などをすることも転職活動には役立ちます。会社を辞めての転職活動中以外にも、在職中の資格取得にも使えるのが教育訓練給付金です。

厚生労働大臣の指定する講座を受講して終了した場合、かかった経費の一部を負担してもらえる制度です。

雇用保険へ所定の機関加入していることが条件になりますが、正社員・派遣社員・契約社員やパート、アルバイトなど職業上の制約などや一切ありません。また、受講できる講座には通学するものから通信教育で受講するものまでさまざまなものがあります。

公共職業訓練の受講

雇用保険の受給資格がある人のために、転職のためのスキルの取得や資格取得へ向けた勉強を公共の機関で受けることができるのが公共職業訓練です。

費用もテキスト代程度で済むことも多くコストを安くしてスキルアップすることができる方法だと言えます。また、雇用保険の受給資格がない場合には別に求職者支援訓練という制度もあります。

転職では専門家や制度を活用しよう

記事のまとめ

  • 転職サイトに登録しても、転職の意思が会社にばれることは基本的にない
  • 自分の年齢や状況、スキルに合った転職サイト・転職エージェントに登録しよう
  • まず登録すべきは、求人数が圧倒的に多い「リクルートエージェント」

転職する理由はやりたいことがある…今の仕事のスキルアップをしたい、など様々です。中には不況でリストラにあって…という場合もあるでしょう。

また、第二新卒や管理職経験者などそれぞれがもっているスキルも人それぞれ違います。他にも、初めての転職であったり久しぶりの転職活動であることもあるかもしれません。

そうした様々な転職のシーンに役に立つのが転職サイトや転職エージェントのサイトです。業界や地域に特化したサイトもあるので、自分の状況や転職への条件で最適な転職先を探すことができます。

在職中から登録して活動することが可能で、連絡もメールを使用してのコンタクトになるので会社や周囲に転職のことを知られることなく活動そ進めることができます。

また、転職活動中は生活費の心配やスキルアップのために自分への投資が必要になるなど金銭面での心配もつきものです。公的機関の行っている様々なサポートを利用することでそうした不安を減らすことができます。

転職活動には様々な不安や悩みがあります。転職エージェントや転職サイトは無料で登録することができ、さまざまな情報やアドバイスを得ることもできます。

登録した転職エージェントなどのアドバイスや公的機関の支援制度などを十二分に活用して、安心した転職活動を送って下さい。

Related