2017/04/20

転職サイトの機能やメールについて|仕組みと正しい対応を知る

転職サイトで最近よく目にする、「スカウト機能」をピックアップして、転職サイトのスカウト機能の仕組みやスカウト機能の断り方などについて、まとめています。また、スカウトメールが一斉送信されたものか、個別送信されたものか、区別する方法についても考察しています。

転職サイトの機能やメールについて|仕組みと正しい対応を知る

どんな機能?転職サイトのスカウト機能について

転職活動の方法は手段はさまざまですが、転職を検討している方の多くは、転職サイトや転職エージェントなどのサービスを利用しています。さまざまな求人情報の中から、自分の希望や要望に合った求人情報を検索できたり、自分に合った企業を紹介してもらえたりする転職サイトは、転職志望者にとって大変心強い存在です。

そんな転職サイトですが、利用していると「スカウト」という言葉を目にしたり耳にしたりする機会が増えている印象を受けます。運営会社やサービスによって、名称はさまざまですが、「スカウト機能」「スカウトメール」といった機能は、多くの転職サイトや転職サービスが導入しています。

今回は、そんな「転職サイトのスカウト機能」をテーマにして、転職サイトのスカウト機能の仕組みやスカウトメールの基本的な知識について、ご紹介していきます。

転職サイトのスカウト機能・スカウトメールとは

まず始めに、今回のテーマである転職サイトのスカウト機能やスカウトメールとは、どのようなサービスなのか、一般的なサービス内容について確認していきます。

転職サイトでは、利用する際に、個人情報や職歴、仕事に対する希望・要望などの簡単な情報を登録するケースがほとんどです。その際、転職後に希望する業界や職種、年収や労働条件などを入力する場合が多く、その情報に基づいて、条件に合う求人情報などの紹介や検索を行っています。

スカウト機能は、上記のように登録などの際に入力した情報を利用して、企業側や転職エージェントの方から転職サイトの利用者をスカウトする機能です。本来、転職志望者が志望企業へ応募するパターンが一般的ですが、スカウト機能の場合は企業・転職エージェントから、欲しい人材にコンタクトを取るという流れになります。

スカウトメールも、スカウト機能と同じようなサービスです。企業や転職エージェント側が、転職サイトに登録する際に入力された経歴や情報を見て、気になる人材や条件が一致する人にスカウトのメールを送るというサービスが、一般的に多いと考えられます。

転職サイトのスカウト機能の仕組み

上記で、転職サイトで最近導入されることが増えている、「スカウト機能」や「スカウトメール」について、基本的なサービスの概要・内容をご紹介しました。

続いては、上記でご紹介したような転職サイトのスカウト機能は、どのようなシステムで成り立っているのか、スカウト機能の仕組みや裏側をご紹介していきます。

スカウト機能の仕組みについて学ぶことで、スカウト機能の欠点や注意点も見えてくるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

転職サイトのスカウト機能の仕組み【1】:スカウトは2種類ある

転職サイトのスカウト機能から届く情報やメールは、大きく分けて2種類あります。1つは、企業から直接送られてくるスカウトで、もう1つは転職サイトや転職エージェントによるスカウトです。

前者に挙げた、企業から直接送られてくるスカウトは、企業側が転職サイトに登録された転職志望者の情報やプロフィールをもとに、「興味がある」「この人材が欲しい」と感じた場合、本人に送るスカウトです。

後者の転職サイト・転職エージェントによるスカウトの場合は、転職エージェントなどが登録されたプロフィールと各企業の求人情報などを照らし合わせ、おすすめの求人情報を「スカウト」として送るタイプです。

つまり、転職サイトのスカウト機能は、「誰がスカウトしているのか」によって大きく2種類に分けることができるというわけです。

転職サイトのスカウト機能の仕組み【2】:個別に送っているとは限らない

「スカウト」という言葉を聞くと、貴重なチャンスや自分だけに与えられた機会といった、特別感を覚える方も、多いと考えられます。その為、転職サイトのスカウト機能で送れてきた情報やメールも、自分だけに個別に送られてきたと考える方は、多いでしょう。

しかし実際は、スカウト機能で紹介する求人情報やメールは、個人ではなく大勢に送っている場合もあります。登録時に入力した希望職種や業界、経歴などに従ってスカウト機能が働いている場合は、同じような希望や条件を入力した人に、同じ内容のスカウト情報やメールが一斉に送信されている可能性も考えられます。

もちろん、1人1人のプロフィールに合わせてスカウトメールなどを送っている場合もありますし、企業が本当に欲しいと感じた人材にのみ送っているケースも考えられます。ですから、一概に「スカウト機能・スカウトメール=一斉送信」と断言することはできません。

転職サイトのスカウト機能の仕組み【3】:特典がつく場合がある

転職サイトのスカウト機能やスカウトメールの中には、特典がつくものも存在します。転職サイトや企業の方針にもよりますが、「書類選考免除」など、選考に有利になる特典が多く、スカウト機能やスカウトメールを利用して選考に挑んだ方が、スムーズとなる場合もあります。

上記でご紹介したような特典は、企業から直接送られてくるスカウト情報やメールについている場合が多いと言われていますが、企業からのスカウトであれば必ず特典が付いているというわけではありません。

スカウトなのに不採用!?スカウト機能で不採用になる場合

企業や転職エージェントからスカウト機能を通してスカウト情報やメールが送られてきた場合、採用される確率が高いと思っている方も多いと考えられます。通常であれば自分から企業へ応募するものを、企業や転職エージェントから声を掛けてくるのですから、脈ありと考えてしまうのも、無理はありません。

しかし実際は、スカウト機能を通して送られてきた情報やメールの企業の選考を受けて、不採用になったケースも存在します。スカウト機能やスカウトメールによる求人情報だからと言って、必ず採用されるわけではないのです。

上記で、スカウト機能の情報やメールは、個別ではなく、入力情報をもとにして、該当する人物に一斉に送信している可能性もある旨をご紹介しました。そのような場合、「この人なら採用したい」という企業側の興味などとは関係なく、情報やメールが送られている可能性もあるので、スカウト機能を通して選考を受けても、通常の選考と同じ扱いとなる場合があるのです。

また、企業側が興味を持って個別にスカウトのメールなどを送っていたとしても、それはあくまでもプロフィールの内容に興味を持ったというだけのこと。履歴書でより詳細な情報を見たり、実際に面接などで話してみたりした結果、自社に合わないと感じて不採用にする可能性も、ゼロではありません。

このように、スカウト機能を通して受けた選考で、不採用となる可能性も、十分あり得るものなのです。スカウトの情報やメールが届いたからと言って、絶対に採用される保証はありません。

断ってもOK?スカウト機能の断り方

転職サイトを利用していると、いきなり届くスカウト機能からの情報やメール。その内容が自分にとっても興味があったり希望に合っていたりすれば、双方にとって良い結果になる可能性もあります。

しかし、スカウト機能を通して送られてきた情報やメールの内容が、自分の希望に合っていなかったり、興味がなかったりした場合は、対応に頭を悩ませる方も多いことでしょう。

そこで続いては、企業や転職エージェントから送られてきたスカウトは、断ることが可能かどうか、考察していきます。

スカウト機能の断り方【1】:スカウト機能・スカウトメールは断ってもOK

結論から申し上げると、スカウト機能から情報やメールが送られてくるものの、内容に興味や魅力を感じなかった場合は、断っても問題ありません。

そもそも、相手から一方的に声を掛けてきているものなので、スカウト機能によるメールなどの求人情報には、強制的に応募しなければならないという決まりやルールは存在しません。

ですから、スカウトの情報やメールが送られてきたからと言って、無理に興味がない求人情報に応募をする必要はありません。自分の希望や条件を優先して、スカウトで送られてきた求人情報や企業へ応募するかどうか、判断するようにしましょう。

スカウト機能の断り方【2】:断る場合はスルーでOK

スカウト機能を通して送られてきた求人情報に興味がない場合、どのようにして断れば良いのか見ていきましょう。

結論から言うと、スカウト機能を通して送られてきたメールや情報に対して、興味や魅力を感じない場合は、特に断る旨を連絡する必要はありません。受け取ったメールや連絡に対して、そのまま返信せずに所謂「スルー」をしてしまっても、問題にはなりません。

スカウト機能によるメールなどの連絡は、膨大な量が送られてくるケースもあります。また、上記でご紹介したように、一斉送信によって送られてきたものである可能性も考えられます。

ですから、送られてきたメールや情報などには、興味があって応募したい場合以外は、返信などをする必要はないのです。

スカウト機能の断り方【3】:興味がある情報には返信を

上記で、スカウト機能から送られてきた情報に興味がない場合、特に返信などをする必要はないとご紹介しました。

しかし、もしスカウトの内容に興味がある場合は、返信をする必要があります。スカウトの情報は、自分から何もしなくても送られてくるものですが、だからといって勝手にスカウトや選考が進むわけではありません。自分から返信をしたり、応募をしたりといったアクションを起こす必要があります。

ですから、もし断りたくない場合は、スカウト機能から送られてきた求人情報や連絡に記載されている指示・手順に従って、応募や返信をすることを忘れないようにすることが大切です。

スカウト機能によるメールや情報の内容を断る場合と、応募してみる場合で、対応が大きく異なる点は、覚えておきましょう。

個別?一斉送信?一斉送信されたスカウトメールの見分け方

上記で何度か触れてきましたが、転職サイトのスカウトメールなどは、転職エージェントや企業が個人のプロフィールを参考にして個別に送っているケースと、プロフィールの項目や内容に一致する人全てに一斉送信しているケースがあります。

一斉送信の場合は、「スカウト」というよりも「DM」「宣伝」といったニュアンスの内容のものもあるので、個別に送られてきたスカウトと区別して対応する必要があります。

文章やスカウトの形式などはさまざまなので、一概にどのようなスカウトメールや連絡が一斉送信か、断定することはできません。

しかし、文章をよく読んでみると、一斉送信か個別に送られてきたスカウトか、見抜ける可能性があります。一斉送信で送られてきたスカウトメールは、文章が不自然であったり、当たり障りのない内容であったりします。誰が読んでも違和感がないような構成や内容で書かれている場合が多く、氏名などの部分のみ個人に対応させて送っていることが多いので、個人の性格や経歴などについては、ほとんど触れていません。

スカウトメールが転職エージェントから何通も届いていて、文章や内容がどれも似ていたり一部分が同じであったりする場合は、一斉送信の可能性が高いと言えます。

スカウト機能は、必要な情報を見極めて使うことが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、「転職サイトのスカウト機能」をテーマにして、スカウト機能の仕組みや、スカウト機能に対する断り方、スカウトメールの一斉送信・個別送信の見極め方などをご紹介しました。

転職サイトのスカウト機能は、自分に適した求人情報を、検索しなくても見ることができる、大変便利な機能です。また、場合によっては書類選考などが免除される特典がつくこともある為、有利に選考を進められる点も、大きなメリットと言えます。

しかし、中には、プロフィールなどの情報を元に、一斉送信で送られてくるスカウト情報やメールも存在します。それらは膨大な量になる場合もある為、1つ1つを真に受けて対応していたのでは、時間が足りなくなってしまいます。

ですから、スカウト機能やスカウトメールを上手く利用するには、送られてきたスカウトの情報やメールが、個人に対するものなのか、不特定多数に向けたものなのか、見極めることが大切です。スカウトの内容を見極めて、スカウト機能を賢く利用していきましょう。

Related