2017/06/13

転職エージェントとの面談の活用方法・面談のメリットとデメリット

就活とはまた違う再就職。転職希望する方々は、実際何をどうしていいかわからないという方も少なくないでしょう。まずは転職エージェントに相談?面談で何を話せばいいの?そんな疑問にお答えしたいと思います。転職エージェントの面談次第で、あなたの将来は左右されるのです!

転職エージェントとの面談の活用方法・面談のメリットとデメリット

転職エージェントとはどんなところなの?

転職を考えている方は、どのようにして仕事を探しますでしょうか。
実際、何をどうしていいかわからない、という方も少なくないと思われます。

まず転職を考えるなら、転職エージェントに登録しましょう。転職エージェント(正式名称:有料職業紹介事業所)とは、厚生労働大臣から正式に認可を受けた人材紹介会社のことを言います。法律上「有料」となっていますが、利用者は無料で登録できます。

なぜ無料かというと、転職エージェントは企業からの掲載料(登録料)で成り立っているからです。掲載した段階で料金が発生する場合と、転職エージェント経由で派遣した人材の仕事が決まった時点で成功報酬を受け取る場合があります。

転職希望者の就職が決まれば、エージェントにはお金が入ります。だから希望者のサポートを万全に行ってくれるのです。

転職エージェント利用者のメリット

利用者のメリットしては、希望する職種の求人情報の提供から、先方との面接や採用条件など入社に至るまでの細かいことや、入社が決まった後のことまで、転職活動の面倒を見てくれます。

転職希望者は登録した転職エージェントの面談を重ね、どんな職種がいいか希望者の適正なども含めて相談にのってくれます。面談を重ね、情報を収集して効率良い転職活動をサポートしてくれるのです。

自分一人で行う転職より、満足度の高い結果を得られるはずです。

転職エージェント利用者のデメリット

利用者は転職エージェントとの面談を重ね、どのような職種にアプローチするか方向性を定めます。ところがエージェントの都合により、希望者にとって謝った会社選びをしてしまうこともあります。

たとえば、あなた(利用者)自身は妥協するつもりがないのに、担当者が何とか転職させたくてうまいことを言い、つい口車に乗せられて 結果、希望する職種、希望する企業ではないところに収まってしまう可能性もあるのです。

つまり転職エージェントとの面談を重ねることで、担当者との信頼関係を築きあげること。あなた自身も面談を通じて、エージェントの真意を見極める必要があります。

転職エージェントと転職サイトとの違い

転職するための情報収集に転職エージェントや転職サイトを利用します。一見同じようですが転職エージェントと転職サイトでは利用目的、用途がそれぞれ異なります。どう使い分ければよいのでしょう。転職エージェントと転職サイトの違いを簡単にご説明します。

全て自分でやりたい人向け:転職サイト

転職サイトは転職に関することは最初から最後まですべて自分で行います。転職サイトに掲載されている情報を収拾し、自分で求人募集に応募します。転職サイトから個別の面談やカウンセリングはありません。

レジュメ(履歴書)の書き方、面接の対策、そして今務めている会社の退職手続きまで、すべて自分で行います。

自分のペースで自分の好きなように転職活動ができるというメリットがある反面、有益な情報を見逃したり、適切な対策を取ることができないことも少なくありません。あくまでも、自己責任なのです。

すべてお任せしたい人向け:転職エージェント

転職エージェントの場合は、利用者の面談やカウンセリングをきっちりやり、利用者の適正を見て一番有益な転職先を紹介してくれます。求人する企業の要望に応えるため、登録者の経歴等の基準を設けるケースがあり、誰でも利用できるわけではありません。

しかし、登録すれば最適の転職先を紹介してくれます。もちろん、面接の対策やレジュメの添削、先方との面接アポイントメントを取ってくれたり、至れり尽くせりです。

登録のハードルが高い分、より有益な転職情報を得られるメリットがあります。

転職エージェントもいろいろ

転職エージェントにもいろいろあります。たとえば登録基準が厳しいけれど、レベルの高い企業への転職が見込まれるところ、登録基準は緩いけれど、あまり質が高くない企業ばかり紹介されてしまう…などなど。

数ある転職エージェントの中でも、登録基準が厳しいとされるのは下記のエージェントです。

ビズリーチ
リクルートエージェント
マイナビエージェント
・JACリクルートメント
・パソナキャリア

これらの転職エージェントはTOEIC700点以上、年収500万円以上でなければ登録できないケースが多いようです。

利用者にとって一番いいのは、登録しやすく質の高い企業へつないでくれるところですね。ということで、まずは転職エージェント選びも重要だということをご理解いただけたでしょうか。

また、転職エージェントによって強い人脈がある業界とそうでない業界があります。
たとえば外資系に強いエージェント、IT関係に強いエージェント、エンジニア系に強いエージェントなど、どの業界に強いコネクションがあるか、利用者自身が事前に調べておくとよいでしょう。

転職エージェントを利用できない場合も!?

転職希望者が転職エージェントを利用したくても、断られるケースがあります。露骨に「登録できません」とは言われませんが、登録しても「紹介できません」と言われてしまうのです。

転職エージェントは、利用者が転職(契約成立)することで報酬を得ます。つまり転職エージェントにとって利用者が「売れる(優れた)人材」でなければならないのです。逆の見方をすると、転職エージェントは「売れる(優れた)人材」から優先的に対応します。

では具体的に、どのようなタイプの利用者が転職エージェントから断られてしまうのでしょう。

転職エージェントから断られるケースその①:対象年齢外

職種、企業によって対象年齢は異なりますが、やはり年齢が高いと条件に合うケースが少なくなります。たとえばよほどの特殊なスキル、職歴がない限り、中高年がIT関連に転職することはむずかしいでしょう。

その転職エージェントがどのような企業に強いか見極める必要があります。

転職エージェントから断られるケースその②:業界外への転職を希望する

とにかく転職したい!
今の仕事と全く違うことをやりたい!
と思っても、利用者のキャリアがそぐわなければ転職することはできません。転職エージェントとの面談で、利用者のキャリアと希望がそぐわないと判断されると、エージェントから紹介を得ることはむずかしいでしょう。

転職エージェントから断られるケースその③:経歴が不十分

その転職エージェントの基準に満たさない経歴の方は利用できないケースが多いようです。たとえば、外資系、金融関係への転職希望者を顧客とした転職エージェントは、利用者に高いスペックを求めます。

前述したようにTOEIC700点以上とか、特殊な技能、知識を持っているなど、転職エージェントにとって「売れる人材」でなければならないのです。

転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録するにはどうすればよいかをご説明しましょう。まず、転職エージェントは1社ではなく、複数社登録することをおすすめします。複数社あれば、それぞれの条件を比較検討することができます。

また、コンサルタントによってアドバイスも異なります。提示される案件の中で、最良のものを選べる環境を作りましょう。

たとえば、同じ企業でも転職エージェントによって条件が異なる場合もあるかもしれません。自分1人で動いたのでは得られなかった情報、人脈を駆使できるのが転職エージェントの強みです。その強みをフルに活用しましょう。

転職エージェントを利用する最大メリットとは

転職サイトと違って、転職エージェントは利用者が最高の条件で転職できるよう、さまざまな働きをしてくれます。中でも一番有効なのが、キャリアアドバイザーによるアドバイスです。

・自分はどんな仕事(会社)に向いているのかわからない。
・どうやって希望する企業に転職できるかわからない。

という方はキャリアアドバイザー(またはコンサルタント)に意見を求めましょう。
たとえば、1つの業界でも企業によって社風がだいぶ異なります。利用者のパーソナリティーを加味したうえで、適切な企業を提示してくれます。

一人で転職活動するにも限界があります。転職エージェントを利用するということは、コンサルタントの人脈、知識といったメリットを最大限活用しましょう。

転職エージェントとの面談に準備すること

前述しましたが、転職エージェントのコンサルタントとの面談は、企業面接ではありません。利用者がリラックスした雰囲気で、本音で話せることが重要です。事前準備といっても、必要な資料等をそろえれば良いでしょう。

もちろん面談前の心構えは必要ですが、普段のあなた(利用者)のままでよいのです。

コンサルタントとのアポイントメントを取る

次に担当コンサルタントと面談のアポイントメントを取ります。電話、メールでもかまいません。あなたの都合の良い日程と面談する場所を決めましょう。

転職エージェントとの面談

転職エージェントに登録すると、コンサルタント(担当者)との面談をします。そこで希望や条件をしっかり伝えましょう。

登録者がどのようなスキルを持っているか、どのような経歴を持っているかをしっかり伝えることで、コンサルタントは登録者にマッチした転職先を探しやすくなるのです。

こちらからの情報が多ければ多いほど、マッチする企業が探しやすくなる…つまりより有益な転職先が見つかりやすいということです。

コンサルタントがどれだけ本気になってあなたの転職に力を貸してくれるか…すべては面談にかかっていると言っても過言ではありません。

転職エージェントと面談する場所

コンサルタント(担当者)との面談は基本、転職エージェントの面談ルームで行われます。小規模、または個人で行っている転職エージェントの場合、利用者の希望する場所(たとえばカフェ、ホテルのラウンジ)などで面談をする場合もありますが、きちんと個人情報、利用者のプライバシーが守られる環境で行われるよう、コンサルタントは配慮してくれます。

電話やSkypeなどでの面談

コンサルタントとの信頼関係が大切です。可能な限り直接会っての面談が好ましいのですが、たとえば利用者が地方在住で、都心にある転職エージェントを利用する場合、コンサルタントと直接会うかたちの面談が難しい場合もあります。そのような場合は、電話またはSkypeなどでコンサルタントと面談を行います。

転職エージェントとの面談時間

平日の勤務時間中で転職エージェントとの面談をするのは難しい、という方もいらっしゃるでしょう。そういう方のために、土日祝日や夜に面談を行ってくれるケースもあります。

コンサルタントの対応方法は、転職エージェントによって異なります。事前に確認しておくのがよいでしょう。

1回の面談は短くて30分、通常は約時間から2時間程度かかると思ってください。限られた時間内で行われる面談を最大限有効に使いましょう。

コンサルタントとの面談キャンセルする場合

どんなビジネスでも、勝手にアポイントメントを反故することは許されません。

利用者、コンサルタント双方にとって面談の時間は大切です。しかし、どうしても都合が悪くなった、体調不良で面談できないという場合には、なるべく早くコンサルタントに連絡し、リスケする必要があります。

また、アポイントメントの時間より遅くなってしまう場合なども、早急にコンサルタントに連絡を取りましょう。コンサルタントが面談するのは、あなた(利用者)だけではないのですから。

転職エージェントとの面談に相応しい服装

普段のスーツが一番無難と思われます。しかし、転職エージェントとの面談は、企業の面接ではありません。服装によって判断が左右されるということはまずないでしょう。

しかし、ラフな格好すぎるのも、コンサルタントに与える印象が決して良いとは言えません。

必ずスーツ着用ではありませんが、清潔感があり、相手に不快感を与えない服装をを心がけましょう。

どのタイミングで転職エージェントにレジュメを渡すか

レジュメは転職エージェントとの面談当日に渡すより、事前に渡しておくほうがよいでしょう。事前に利用者のレジュメを把握した上で、コンサルタントとの面談を行えば、初回からコスパのよい有意義な面談になります。

転職エージェントとの面談に必要なもの

基本、面談に必要な資料等はコンサルタントが用意してくれます。受験や試験ではないので、必ずコレが必要…というものはありませんが、面談の内容を記録するメモや手帳は持参したほうが良いでしょう。

レジュメとは別に、利用者自身が個別に渡したい資料等がある場合も面談前にデータ化して転職エージェントに送りましょう。もちろん、データ化できない物は面談当日に持参でもOKです。

転職エージェントとの面談を記録したい場合

利用者が個人的に面談内容を記録したい、という場合はICレコーダーなどを持参しましょう。録音機能ならスマートフォンにもありますね。ちなみに、面談の際いきなり録音をはじめるのはちょっとマナー違反かも。

録音する前にコンサルタントに一言「録音してもいいですか」と伝えることをおすすめします。よっぽどのことがないかぎり、コンサルタントから「NO」とは言われないはずです。

転職エージェントとの面談回数

通常、転職エージェントのコンサルタントとの面談は1回もしくは2回程度です。直接会って必要なことを伝え、それ以降はメールや電話のやり取りになります。

もちろん、メールや電話では不十分な場合は、利用者が納得するまでコンサルタントは直接面談してくれます。

ただ、闇雲に面談回数を増やせばいいというものではありません。互いの貴重な時間を使っているのです。1回の面談を最大限有意義なものにするよう、心がけましょう。

転職エージェントと面談で話すこと

では実際、転職エージェントのコンサルタントとの面談で、どんなことを話すのでしょう。一例として具体的な面談の流れをお伝えします。もちろん、転職内容によっては、この例と異なる場合もあるでしょう。あくまでも参考としてください。

面談その①:自己紹介

転職エージェントとの一番最初の面談ではまず利用者、コンサルタント双方の自己紹介から始まります。転職に限らず、人間関係において自己紹介は大切です。その時の第一印象は大切です。利用者なんだから好き勝手な振る舞いをしてよいわけではありません。

横柄な態度をとらず、謙虚な気持ちで面談に向かいましょう。コンサルタントはあなたの召使いではありません。あなたの転職をサポートしてくれる大切な存在なのです。

面談その②:利用者の希望、条件について話す

事前に利用者はレジュメや職種に希望、条件などを登録しますが、面談の際あらためてコンサルタントに直接話しましょう。

面談前にコンサルタントに伝えておけば、最初の面談の時点で具体的な話をすすめることができます。ご自身が持つ情報とコンサルタントが持つ情報を共有することは、より良い案件を得るために必要不可欠です。

さらに、転職を希望する動機などもコンサルタントに話したほうがよいでしょう。現状に対する不満や不備、心配事などを話すことで、利用者が抱える問題が明らかになります。利用者自身の問題なのか、企業側の問題なのか、それを考慮することで転職先でも同じ轍を踏まずに済むはずです。

最も大切なのは、あなたの進むべき道筋を決めることです。1人では狭い視野でしか物事を見ることができません。あながの味方になってくれる第三者の意見を問い入れることは、あなたの視野が広がることになります。

面談その③:求人情報を紹介してもらう

ケースバイケースなので、実際に利用者の希望に添った求人情報を紹介してもらえるのが何度目の面談で、と示すことはできません。

利用者が提示する情報、条件が多ければ多いほど、コンサルタントはより多くの案件を早くヒットしてくれるはずです。

大手転職エージェントでは一気に数十件から百件近い情報を提供してくれるところもあるようですが、中小規模のエージェントも含めだいたい十数件ほどになるとお考え下さい。

転職エージェントとの面談でやってはいけないこと

転職エージェントとの面談は、利用者の転職を左右します。担当コンサルタントがどれだけ親身になってあなたの転職をサポートしてくれるか、つまりそれはあなた次第といことです。コンサルタントの第一印象を良くするのが一番、なによりも担当者との信頼関係を築き上げることを心がけてください。

ここではコンサルタントとの面談でやってはいけないことを挙げてみましょう。ぜひ、あなたの面談に役立ててください。

面談でやってはいけないこと その①:約束を破る

約束を守る…とはどんな人間関係においても大切なことです。コンサルタントとの面談アポに遅刻するなんてもってのほか!よっぽどのことがないかぎり、許されることではありません。

たとえば電車やバスなど交通インフラに支障があり、やむを得なく遅れてしまうようなら早めにコンサルタントに連絡しましょう。何の連絡もなしに遅れることは許される行為ではありません。

ましてやドタキャンなど社会人としてあり得ない行為です。そのような態度では、あなたの真剣度が疑われてしまいます。こんなルーズな人はどこの企業にも紹介できない、と思われてしまうでしょう。

すぐに約束を反故するような人とは、あなただってビジネスをしたくないですよね。相手からそう思われないよう、あなた自身がまず約束を守るよう心がけましょう。

面談でやってはいけないこと その②:ウソをつく

コンサルタントにウソをつくのはやめましょう。たとえばレジュメにウソの経歴を記載するなど、今後のあなたの転職に悪影響を及ぼします。遅かれ早かれ、ウソは必ずバレるのです。

ウソをついて自分を良く見せようとしてもコンサルタントは人を見るプロです。だからすぐにバレます。また経歴詐称など後になって発覚すると、懲戒処分の対象になりますし、次の転職もしにくくなります。

その他、他の転職エージェントではもっと好条件を提示された、などというウソもすぐにバレます。
あなたが希望する職種、業界、企業の情報はあなたよりコンサルタントのほうが遙かに情報量が多いのです。

広いようで狭い業界です。この転職エージェントがダメなら、ほかのエージェントを使えばいい、などと考えないほうが良いでしょう。転職はそんなに甘いものではありません。

面談でやってはいけないこと その③:ネガティブな転職理由を言う

今の仕事を辞めたい、転職したい理由にネガティブなことを言うのはやめましょう。「給料が安い」「人間関係でトラブルになった」「上司がヒドい」などネガティブなことを言い過ぎると、コンサルタントはあなたのことを次に紹介する会社でも同じような問題を発生させるのではないか、と考えてしまいます。

確かに、今までの職場環境が酷くそこから脱したいというのも転職理由の大きな動機でしょう。しかし、それを過度に言い過ぎるのはよくありません。自分自身のステップアップ、キャリアアップのため、というような前向きな気持ちで転職したいと考えるようにしましょう。

負の気持ちを抱えたままの転職より、前向きな気持ちで転職するほうが、あなたにとっても有益なはずです。転職は今の職場からの逃げではありません。あなたの人生のキャリアアップ、ステップアップなのです。

転職エージェントとの関係をより有益なものにするには

転職エージェントは、あなた(利用者)と企業を繫ぐ大切な役割を担います。コンサルタントとの信頼関係を築き、あなたが希望する企業に売り込んでもらうのです。場合によっては退職する会社の手続き、転職先との年収交渉(仲介)など多岐にわたってお世話になるのが転職エージェントです。

転職コンサルタントに頼るという気持ちではなく、使い倒すぐらいの気持ちで利用しましょう。あなたにとって有益な転職は、エージェントにとっても有益になるのです。

転職後も転職エージェントとの関係を良好にする

転職が決まればそれで転職エージェントとの関係も終わりと考える人が多いと思われます。しかし、自分のパーソナリティーを十分理解してくれる第三者は貴重な存在です。将来のキャリアアップも見据えたとき、担当してくれたコンサルタントとは良好な関係を保つことをおすすめします。

このご時世、何があるか分かりません。また転職することになるかもしれません。その時、前回担当してくれたコンサルタントにまたお願いすれば、あなたのことを十分理解してくれた上で、さらなる向上のためにサポートしてくれるはずです。

年賀状など季節の挨拶だけでもかまいません。時々、経過報告がてらメールを送るのもよいでしょう。一度築いた人間関係を生涯大切にすることは、転職に限らずあなたの人生にプラスになるはずです。

転職エージェントをうまく使って今後の人生を豊かにしましょう

これまで、転職エージェントを利用するメリット、デメリットについてご説明しました。もしあなたが今、転職を考えているのなら、転職エージェントを利用することを念頭においてみましょう。

1社だけでなく、数社登録してセカンドオピニオン、サードオピニオンを取り入れましょう。一人で行う転職活動にも限界があります。限られた時間を有効に、持てる人脈を最大限に活用し、より良い転職活動を行い、結果を残して下さい。そして転職を前向きに、キャリアアップとして考えましょう。

コンサルタントとの人間関係の構築は、その後の人生においてもプラスになるはずです。それはあなた自身の人脈となり、知識となり、経験となるからです。その蓄積の大きさが、あなたの人生において大きな財産になります。

Related