2017/05/24

ハイクラス転職を成功させるおすすめの転職エージェント・サイト

ハイクラス転職を成功させるためには、自分の価値や能力、周りからの評価をよく知る必要があります。それらを把握した上で、自分に合ったハイクラス転職が出来るよう、ハイクラス転職をする際の注意事項や転職エージョンとなどを紹介しています。

ハイクラス転職を成功させるおすすめの転職エージェント・サイト

ハイクラス転職とは

ハイクラス求人やエグゼクティブ求人の基準について

ハイクラス求人やエグゼクティブ求人の基準として、年収800万円や年収1,000万円以上のように年収で表現されたり、企業で運営・管理などにあたる企業の役員・管理職者・経営者などの役職で表されることもあります。

ハイクラス求人の基準は転職エージェントによって異なりますが、一般的に、役職や経験に比例して年収は高くなり、反対に年収が高くなれば、それなりの役職に就いていることになります。また、役職は、企業や組織の大きさやによって同じ役職でも役割が変わってきます。大企業のような組織の大きな会社で課長だったとしても、小さな規模の企業では部長クラスに匹敵することもありますし、反対のことも考えられます。そのため、年収を基準にハイクラス求人としている転職エージェントがほとんどになります。

このように、ハイクラスやエグゼクティブについて、明確な定義があるわけではありません。転職エージェントが、ほかの転職エージェントやサイトとサービスの差別化を図るために作られた言葉になります。

ハイクラス転職に非公開案件が多いわけ

ハイクラス求人になればなるほどシークレット性が高まるともいわれています。理由としては、求人を出す際に企業への影響を考えている場合や、それほど募集時期を急いでいないハイクラス求人の場合などがあります。

企業への影響とは、管理職などの求人が出ているとなると、その企業で働いている人に不安を与えたり、業績に影響が出る可能性もあります。そうなることを避けるために、管理職など重要なポジションの求人は非公開案件になることが多いのです。

また、募集時期をそれほど急いでいないハイクラス求人についてですが、本当に必要な人材がいた場合のみ雇いたいという思いから非公開案件にしています。

ハイクラス求人に企業が求めていること

ハイクラス人材を求める企業には、将来的に経営を任せることが出来る人材が必要、海外事業部を立ち上げたい、部署や部門におけるリーダーとしてすぐにでも仕事の結果を発揮してほしいなど明確な採用目的があります。

転職後、経理的な役割や中核的な役割がメインの仕事、中核的なポジションを努めることになり、部下をまとめ上げたり、上司や同僚とうまくやっていくことなどが求められます。部下や上司、同僚は、世代、性別が異なり、海外から来ている方もいますので コミュニケーション能力やビジネス英語力などが求められることになります。

また、管理職としての要素があるかどうか、マネージメント能力も求められます。

ハイクラス転職を成功させるために

ハイクラスの転職を成功させるためには 面接の事前準備が重要になります。だいたい1~3ヶ月あればしっかり準備をすることが出来るのではないでしょうか。履歴書・職務経歴書・(人によっては)添え状の記入や 面接のリハーサルなど、準備をきちんとしておくことでほかの転職希望者と準備の差が出て結果に表れやすくなります。

転職先企業の課題を分析して、自分がその企業にどのように役立つことが出来るのかということを伝えられるようにしておきましょう。また、今まで、たまたま英語力を問われなかったという方でも、英語力を磨いておくことが必要になるはずです。

履歴書・経歴書について

基本的なことですが、経歴やスキルに嘘はつかないようにしましょう。自分をプレゼンするために、どこに焦点を置き、どのようにアピールすることが出来るかをよく考えてまとめるようにしましょう。履歴書や職務経歴書に空欄がないように記入してください。

スキルや経験について詳細に書くようにします。スキルについては、保有資格をあげて、アピールします。保有資格は正式名称を記入します。そうすることで丁寧な仕事をする人材だと評価される可能性があります。経験については、今まで携わってきたプロジェクトや部下をマネジメントしたときのこと、問題を把握した際の、それに対してどのように改善策を立て行動し、結果どうなったのかなども分かりやすく記載しておきます。

志望理由について、転職先の企業情報を交えながら、自分に出来ること、やりたいこと目指していることなどを伝えられるようにします。通常のものと英語で書かれた英語バージョンの書類も必要になることが多いので用意するようにしましょう。

面接のリハーサル

どのような質問をされるかを想定しておきます。ビジネスプランを明確にして、自分のやりたいこと、めざしていることなどを転職先の企業情報を絡めながら、自分の考えを整理し、まとめておきます。紙に書き出し、どう相手に伝えるのが良いか、表現の仕方は適切かなど何度も確認しましょう。

また、経歴や資格で能力は判断できますが、同じような人材が何人もいた場合、コミュニケーション能力が採用に関して重要なポイントになります。転職後、部下や同僚、上司などいろいろな人と関わることになります。いくら役職が付いているからといっても、新しく転職してきた人には変わりないので、それなりの態度で関わっていかなければ部下もまとまらないでしょうし、上司や同僚ともうまくやっていけなくなります。

そのため、転職した際の人つきあいや会話の仕方などを含め、どのようなスタンスで仕事をするのが良いか、きちんと考えておくと面接時に自分の考えを伝えやすくなります。そして、面接時に限らず、社会人として基本的なマナーを守りましょう。どんなに優秀でも、マナーに欠ける人材は不合格になりやすいものです。

退職をスムーズにするために

落ち着いてハイクラス転職に取りかかりたい、すでに転職先が見つかったためなどの理由から、現職の企業に退職の申し出をしなければなりません。退職する際は、なるべく円満退職を目指し、会社や取引先、同僚に迷惑を掛けることがないように気をつけましょう。

退職の申し出は、自分が上司に相談する立場か、管理職として上役に伝える立場かによっても変わってきますが、3ヶ月から半年以上前に、転職を決意したため退職日の相談をしたいという形で伝えます。いきなり退職届を出したり、転職先が決まっているなどの報告をすることは避けましょう。

ハイクラス転職をするような役付きの方たちは、重要なプロジェクトを任されていることも多く、自己都合で勝手に退職してしまうと悪い印象を与えてしまうことになります。また、転職先が同業種の場合、そういった噂は早く広まり、転職先の企業に採用されなくなってしまうかもしれません。現在の会社にとっても、重要なポジションの方が急にいなくなると本当に迷惑です。現在の会社にも準備期間が必要になりますので、早めに退職の意思を伝え、退職日の相談をするようにしましょう。

退職理由は前向きなものにし、退職するときには納得してもらえるものにしましょう。会社方針の不満や、給料のことを悪くいってはなりません。

ハイクラス転職をするときに注意すること

ハイクラスの転職は慎重に進め、決断するときは早く決まります。そのため、自分に合った求人、コンサルタントに出会い、面談を繰り返し行うことが重要です。

紹介された求人が自己評価に対して、報酬が予想以上に高かったり安かったり、スキルや経験に対しての評価が違っていることがあります。それは、周りから見た自分の評価です。価値が高い場合、低い場合がありますが、それを受け止めて転職活動をしなければなりません。周りの評価が低いのに認められず、分不相応なハイクラス転職を望んでも、良い結果につながることはありません。

また、転職先を適当に選んでいたり、年収がハイクラス層になるからという理由だけで転職をしようとしても、すぐに見抜かれたしまうことになります。年収がハイクラス層の場合、経験やスキルの伴うハイクラス層の人材と、現在の企業が年功序列の形式をとっていたため、スキルや経験が伴っていないけどハイクラス層の年収をもらっている人材という場合がありますので、自分がどちらになるのか、しっかり見極めるようにしましょう。

ハイクラスの転職エージェントやサイト

転職エージェント登録後に気をつけた方が良いこと

転職エージェントに登録後は、定期的に連絡を入れるようにしましょう。あまりにも連絡を入れなさすぎると、登録した転職エージェントで、すでにほかの企業に転職を決めてしまった可能性があると判断されてしまい、求人の案件を紹介されにくくなります。


ハイクラス転職がうまくいくかどうかは、相性のよい信頼できる担当コンサルタントに出会えるかどうかによってもかわってきますので、担当コンサルタントと性格が合わなかったり、知識に不安や不満があった場合は、変更してもらうべきです。担当コンサルタントと信頼関係のないままでは、転職がうまくいかず、後悔する事になるかもしれません。それよりも、相性の良い担当コンサルトに変更してもらって、転職がうまくいくようにした方が良いです。もし、変更が出来ない場合は、ほかの転職エージェントに登録し直すことも必要になります。

ハイクラス・エグゼクティブ転職の転職エージェントやサイト

40代でハイクラス転職を成功させるコツ

40代のハイクラス人材に企業が求めているもの

20代、30代で転職する人に比べて、40代のハイクラス転職では求められるものも変わってきます。20代、30代の場合は一定のビジネスマナー、基本的なスキル、中堅としての活躍などを求められることが多く、40代になると、それらに加えマネジメント能力やいままでの実績を求められることになります。

40代では、20代、30代の若い人に比べて、経験も豊富なはずなので、より具体的なエピソードを伝えることが出来るはずです。また、転職先の企業が求めている人材だと思われるように企業研究はしっかり行い、現職場でトラブルが起きた際の対応や対処、行動などを伝えられるようにしておきましょう。

面接などの準備をしっかりすること

履歴書、職務経歴書の内容は第一印象が重要になるため、空欄がないように丁寧に記載しましょう。経歴や入社への意欲、入社後にやりたいこと、目指していること、企業にとってのメリットなど簡潔にまとめ、管理職での経験などのエピソードは具体的に書くようにしましょう。

入社後に、資格等が必要な場合で資金的にゆとりがある場合は、先に資格を取得してみるのも良いかもしれません。そして、その資格を取得するまでのエピソードがあれば、経歴書に記載します。そうすることで、面接時にその資格について質問されたとき、話の幅を広げることが出来るかもしれません。

また、アピールが足りないと感じている部分や、熱意など書き切れていないと感じる部分については、A4サイズくらいの別紙に作成するのも良いでしょう。

女性のハイクラス転職

女性管理職がいるメリット

政府は、2020年までに女性管理職を30パーセントに増やすことを掲げています。と、いうことは、女性管理職はあまり多くないということになります。女性は妊娠や出産、子育てなどで求職したり退職したりするため、なかなかスムーズに昇進することが難しいからかもしれません。

ですが、女性管理職は男性管理職がリーダーシップを活かしてマネジメントしていくのに対し、部門の結束力を高めたり、面倒見が良いため親身になって相談に乗ったりします。調整役としての能力が高いため、他部門との関係を良好に保つことが出来ます。女性管理職は今はまだ少ないですが、これから増えていくことで、女性社員の目標になったり、企業も女性がよりキャリアアップしやすい環境を整えてくれるようになるかもしれません。

女性のハイクラス転職はむつかしいのか

女性のハイクラス転職は、男性のハイクラス転職に比べて転職しにくいというのが実情です。キャリアアップを図り管理職になっていても、妊娠や出産、子育てなどで休職、退職をするかもしれないという理由から、転職先の企業の受け入れが体制が整っていない場合があるということも一つの要因です。業種や職種によっても女性が活躍しづらい分野もあります。

ハイクラス層の女性が転職をしようと考えたとき、転職先から求められる事が、現在のポジションとは違う場合があります。そのハイクラス層の女性の能力を違う分野で活かしてほしいと企業から望まれることがあるためです。自分の理想や希望を貫き、希望の転職先を見つけることも大切なことですが、思うように話が進まないときは、求められた違うポジションで自分の能力を発揮し活躍していくのもいいのではないでしょうか。

今はハイクラス層の女性が少ないため、転職を考えたときに、いろいろな方面からの妨げがあったりしてスムーズに事が運ばないときもあるはずです。転職エージェントやサイトを利用することで、自分の能力や生活にあった、ハイクラス層の転職先が見つかるはずです。

女性向けのハイクラス転職サイト

主に、女性のハイクラス転職を応援しているサイトになります。女性に特化しているサイトばかりではありませんが、良心的なコンサルタントたちが親身に相談になってくれます。

ハイクラス転職は焦らずに行おう

ハイクラス転職をするような方は、現職での立場やいろいろな理由から、自分の気持ちだけで転職することが出来ないかもしれません。現在の企業との兼ね合いや家族に伝えることなどをして、転職するべきか、現状の企業にとどまるべきか考えることもあるでしょう。転職のタイミングを見極めることも重要になります。

転職をするにしても、自分の価値観や転職した際に発揮できる自分の能力をきちんと把握し、自分を採用することで企業にどのようなメリットがあるかをよく考えておきましょう。

相性の良いコンサルタントと出会い、焦らず長期戦でいくことで、ハイクラス転職が成功するようになるはずです。そして、年収だけにこだわることなく、今の年収が若干下がったとしても、自分の価値ややりがい、能力を発揮できる企業に転職することをおすすめします。

Related