2017/05/21

外銀に転職した際の仕事内容/職種/平均年収|評判のいいエージェント

この記事では外銀をテーマに取り上げていきます。外銀に転職した際の仕事内容や職種、平均年収についてまずは紹介していきます。そして、外銀に転職するためにできること、そして、おすすめのエージェントについても取り上げていきます。

外銀に転職した際の仕事内容/職種/平均年収|評判のいいエージェント

外銀って?

外銀とは

外銀とは、外資系投資銀行の略です。大学を卒業して新卒で雇われる場合の、初年度の年収が最も高くなる企業は外銀です。また、企業の平均年収においても、最も高い部類に入り、エリート中のエリートしか働くことを許されないのが外銀です。

外銀は投資銀行であるという話はしましたが、投資銀行と商用銀行の違いはいくつかあります。商用銀行は、一般人から借りた(預かった)お金を企業に融資することで利子をとり収益を上げています。一方の投資銀行は、金融商品を作ったり、企業同士のM&Aを仲介したりすることによって収益をあげています。また、自社の資産を使って、株式や投資商品に投資することで、キャピタルゲインを狙うこともあります。

外銀の例

●ゴールドマン・サックス

ゴールドマン・サックスは、アメリカニューヨークに本社を構える世界最大級の金融グループであり、世界最大の投資銀行です。ゴールドマン・サックスは、外銀の最高峰であり、平均年収もずば抜けています。転職においても、キャリアアップにつながり、難しいですが、挑戦する価値の高い企業です。

●モルガンスタンレー

モルガンスタンレーグループは、アメリカのニューヨークに本社を置く世界的な金融機関グループです。JPモルガンやゴールドマン・サックス、メリルリンチなどとともに、投資銀行nいおける業務の幅広い分野において、トップクラスに位置する名門投資銀行です。日本においては、外銀のトップであり、転職においてもおすすめできます。

●バークレイズ

バークレイズは、イギリス・ロンドンに本拠を置く国際的な金融グループです。バークレイズの日本における拠点は、バークレイズ証券株式会社です。バークレイズは世界的にも知名度がかなり高く、外銀としてもかなり有名で人気があります。転職にもおすすめです。

●ドイツ銀行グループ

ドイツ銀行グループは、ドイツ国内最大の銀行で、ヨーロッパ、トップクラスの銀行です。ドイツ銀行は、日本にもかなり早い段階で進出しており、親交の深い外銀です。ドイツ銀行は、アメリカ、他のヨーロッパの国々の銀行と同様に投資業務を行なっており、名実ともに一流の外銀です。

外銀:転職後の仕事内容

投資銀行の業務は大きく分けて、5つのものがあります。一つ目は、機関投資家向けに株式や債券など有価証券の委託売買(ブローキング)です。外銀は場合は、個人向けではなく、機関投資家向けにブローキングを行います。

二つ目の業務は。外銀自身のの資金による売買(トレーディング)です。自己の資産を使って有価証券を売買し、キャピタルゲインを得ることを目指す業務です。

三つ目の業務は、デリバティブ商品(金融派生商品)を開発・販売する業務です。デリバティブ商品とは、金融関連商品のことで、近年株式や債券より、主流な金融賞銀です。

四つ目の業務は、機関投資家向けの情報の提供(リサーチ)です。機関投資家に対して、投資物件の情報をリサーチ・提供します。5つ目の業務は、非上場株や不動産、そして債権等への自己勘定投資(プリンシパルインベストメント)等です。これは、外銀自身のの資産を用いて、非上場株や不動産に対して投資を行うということです。

外銀:転職後の職種

日系投資銀行、外資系投資銀行問わず、投資銀行においては、それぞれの担当する業界ごとにチームが組まれている場合が多いです。例えば、製造業をメインに担当するチーム、メディアや通信業界を担当するチーム、金融業界を担当するチームといったように業界ごとにいくつかに分けられます。

これらのチーム分けは、カバレッジチームと呼ばれM&Aトレーディングにおいて分けられるようです。また、カバレッジチーム以外にも、商品を切り口としたチームであるプロダクトチームという分け方があります。

プロダクトチームは、M&A、ECM(エクイティ・キャピタル・マーケット、株式資本市場部門)、DCM(デット・キャピタル・マーケット、債券資本市場部門)、証券化(セキュリタイゼーション)などに分けられます。それぞれの担当する業務によって分けられます。どのチームに分けられたとしても、専門性が求めらます。

外銀:転職後の平均年収

外銀は、金融機関の中でも年収が総じて高いです。平均年収は、1000万円を超えてます。また外銀は、新卒一年目でも、1000万円を超える人も一定数いて、業績が上がれば上がるほど、年収としてはどんどん高くなっていきます。外銀は、会社を儲けさせればさせるほど年収はあがり、他社からヘッドハンティングされることで転職し、キャリアアップにつなげていくとのが定石です。

外銀への転職におすすめのエージェント

JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、外資系、海外転職に強みを持っている総合転職エージェントです。JAC Recruitmentは日本国外のJAC Recruitmentグループとの提携をしており、世界中の転職情報に関するネットワークを保有しています。また、東証一部に上場しており、上場している人材会社のうちで、日本一の売上高を誇っているのも特徴です。外銀だけではなく、多くの海外企業への転職情報があり、外資、海外転職を考えている人におすすめです。

Recruit Agent

Recruit Agentは、リクルートグループの転職エージェントです。Recruit Agentによると、転職成功率はNo1であるということです。国内の転職情報が豊富に集まっているのはもちろん、外資系企業の情報も豊富にあります。外銀への転職においても、非常に役に立つ転職えージェントの一つであるといえます。年収UPやキャリアアップを目指して、外銀への転職を希望する人にも、自分にあった転職先を見つけることができます。利用して損はない転職エージェントの一つです。

BIZREACH

BIZREACHは国内最大級のエグゼクティブ向けの転職エージェントです。質の高い転職情報が豊富に揃っています。金融関係の経験がある人、金融以外の業種での管理職経験者であれば、外銀への転職もしやすいです。また、エグゼクティブ向けの転職エージェントであるというBIZREACHの特徴から、転職において高いポジションを実現することが可能です。外銀へのキャリアアップを目指しているエグゼクティブであれば、絶対に利用したほうがよい転職エージェントです。

KOTORA

KOTORAは、金融業界、コンサルティングファーム、経営幹部、エグゼクティブに特化した転職エージェントです。投資銀行や、投資ファンド、企業の財務アドバイザリー、リスクマネジメント、そして不動産金融など金融業界に関連するエキスパートの転職情報が豊富に揃っている転職エージェントです。国内の情報だけではなく、外資系、外銀の転職情報も豊富にあり、外銀への転職に一歩近づけます。

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職は、KOTORAと同様に、金融関連業界への転職に強い転職エージェントです。外資系証券会社、外銀、PEファンドなど、金融業界に関連する企業の情報が非常に多くあります。外銀への転職を目指すのであれば、KOTORAと合わせて利用してみると良いです。

外銀に転職しよう!

外銀への転職をテーマに、外銀の仕事内容や、転職方法、転職エージェントについても紹介してきました。外銀への転職は、年収を上げることだけではなく、キャリアアップ全般につながります。利用する転職エージェントによっては、転職後にエグゼクティブとして働き始めることも可能です。自分にあった転職エージェントを選んで、外銀へ転職しましょう。

Related