2019/06/18

DODA(デューダ)に悪い口コミや評判はある?リアルな転職体験談まとめ

大手転職サービス「doda」の転職サービスについて、転職サービスの特徴や内容、求人情報の量や質についてまとめています。また、「doda」の転職サービスの活用方法や、利用者の口コミなどもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

DODA(デューダ)に悪い口コミや評判はある?リアルな転職体験談まとめ

1分でわかるこの記事の要約

  • doda」のアドバイザーは業界で働いたことのある経験者
  • 求人の数の多さが強みで、幅広い選択肢を検討したい人に向いている
  • 他の転職エージェントに比べ20代から30代の利用者が多い

転職エージェントの「doda」は、「リクルートエージェント」に次ぐ求人数を持つ、業界最大手の一社です。

幅広い業種・職種の募集があるので、新しい可能性を探りたい20代や第二新卒に向いているといえるでしょう。

「doda」の登録はこちら

DODA(デューダ)の転職サービスの特徴や評判は?

転職という人生の選択肢が、メジャーなものへとなりつつある現代社会なので、今現在転職を検討している方も、たくさんいらっしゃると予想できます。転職活動の方法や流れは、人によってさまざまですが、多くの方が転職サービスや転職エージェントを活用しています。

転職に関するサービスを利用する方はたくさんいますが、その需要に応じるかのように、転職サービスや転職エージェントもたくさん存在する為、どこの転職サービスを使えば良いのか分からないという方も、少なくないでしょう。

転職活動を始める前に、利用する転職サービスの比較や検討で疲れてしまっては、元も子もありません。各サービスの特徴やサポート内容、口コミなどをチェックして、なるべく時間を掛けずに自分に合った転職サービスを見つけ出したいものです。

今回は、転職サービスの特徴や評判を比較したい方に向けて、「dodaの転職サービス」というテーマで、大手転職サービス「doda」の特徴や活用方法、評判などをご紹介していきます。ぜひ、転職サービスの比較にお役立て下さい。

DODA(デューダ)の総合評価

早速、「doda」がどのような転職サービスなのか、特徴や詳細などをご紹介してきます。

doda」を利用するメリットや、「doda」の転職サービスとしての強みなどについても考察していくので、「doda」の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

評価項目評価
求人数★★★★★
サポート力★★★★☆
口コミ★★★★☆
こんな人におすすめ【様々な転職の可能性を探っている人】

doda」では、2種類のサービスを展開しています。「エージェントサービス」と「スカウトサービス」です。まずは、「doda」のエージェントサービスがどのようなものなのか、特徴をご紹介していきます。

doda」のエージェントサービスを利用すると、転職や各業界に関する知識・経験が豊富な、プロのキャリアアドバイザーによるサポートを受けることができます。転職のプロの目から見た、1人1人の適職や向いている求人情報を紹介してもらえるので、自分でも気付いていなかった可能性と出会える場合もあります。

また、転職活動のサポートを受けることも可能です。企業へのエントリーや選考・面接の日程調整、更には内定まで、さまざまな面でサポートを行っているので、初めての転職活動でも安心して取り組めるでしょう。

書類の添削や模擬面接などを受け、アドバイスやフィードバックをもらうことも可能なので、転職活動に関する知識なども身につきます。

DODA(デューダ)のメリット・評判と口コミ

doda」といえば、その圧倒的な求人数が特徴です。

しかし、「doda」が支持される理由は求人数だけではなく、アドバイザーの質の高さにもあります。doda」のアドバイザーは各業界ごとのスペシャリストであるため、アドバイザーの大半がその業界での就業経験のある人なのです。

特定の業界や職種への転職を希望する人、違う業界に踏み込みたいが不安な人にとって、これ以上ない心強い味方となってくれます。

DODA(デューダ)のメリット1:スカウトサービス

上記で、「doda」の転職サービスは2種類あることをご紹介しました。エージェントサービスの他に「スカウトサービス」です。

スカウトサービスは、大きく分けて4つの特徴があり、大手・優良企業からのスカウト、非公開求人などからオファーがくる、キャリアを活かせるオファーがくる、安心して利用できる。
これらは業界最大級の求人件数を誇る「doda」だからこそ特徴を最大限に活かせるサービス内容であるとも言えます。上記で触れた4つの特徴を具体的に紹介していきます。

DODA(デューダ)スカウトサービスの4つの特徴

  • 大手企業や優良企業から直接スカウトされる可能性がある。
  • スカウトされた場合、特典を受けられる可能性がある。
  • 個人のキャリアや経歴を見てスカウトをしている為、自分のキャリアを幅広く活かす事ができる。
  • 氏名や連絡先などの個人が特定できる情報は公開されない仕組みとなっている。

dodaのスカウトサービスでは大手企業うあ優良企業から直接オファー、スカウトが来る可能性がありスカウトされた場合、書類選考が免除されたり、必ず面接を受ける事ができるなどの特典を受けることができます。

また、企業側が個人のキャリア、経歴を見てスカウトをしている為、自分では予想していなかった業界や職種からオファーを受ける可能性もあります。dodaは個人のプロフィールでは、経歴やキャリアは企業側に公開されても、氏名や連絡先などの個人が特定できる情報は公開されないなど、個人情報の点でも安心して利用する事ができます。

常にメールでスカウトメールが来るので、いろんな業種や職種の求人を見ることができるのでとても役に立つ。

圧倒的な情報量でとてもよかった。

出典: https://www.investkootenay.com/?p=49 |

DODA(デューダ)のメリット2:キャリアアドバイザーが付いてくれる。

doda」には、転職活動のはじめから終わりまで専任のキャリアアドバイザーが付いてくれます。

doda」のキャリアアドバイザーは業種や職種ごとに専門的な知識や情報を持ち、求人の紹介から、履歴書・職務経歴書の書き方、面接のアドバイスなど、多くのサポートをしてくれるサービスがあります。

また、もし付いてくれたキャリアアドバイザーに不満を感じた場合、担当キャリアアドバイザー変更の申し込みをすることにより変更が可能になっており、自分にあったキャリアアドバイザーを見つける事が出来ます。

利用者の声として、長時間労働が続き自分の時間が取れない時、相談できる人がいて心強かった。などの声が上がっています。


専任のコンサルタントで親身に対応!


大手の企業で安心感があったことと、広告も見たことがあったので使用しました。
とてもお洒落で綺麗なオフィスでした。
専任のコンサルタントさんが1名ついてくださり、キャリア面談 求人紹介、面談の調整まですべて担当してくれたので自分が思っている通りの求人を紹介してもらうことができました。
非常に親身になって話を聞いてくれて、面談の感想や今後の悩みなども素直にお話することができました。
求人も他の転職エージェントからは紹介されない求人を多く紹介してくれました。
とてもよかったです。



親身なエージェント

年齢が上であっても、親身にご対応いただきました。いくつか登録していましたが、ここだけはお断りがありませんでした。他社には即、お断り、で登録したけどメールすら来ないことが当たり前だったので。転職が決まったのもここです。メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。また企業に直接言いにくい交渉も代わりにしていただけるので、精神的な負担が少ないのも良かったです。マッチングしている企業様からメールがかなりの量来るので諦めずに続けられました。

出典: https://minhyo.jp/doda?sort=high#review-pre-area |

DODA(デューダ)のメリット3:求人件数が多い

上記でもご紹介したように、「doda」ではキャリアアドバイザーによるエージェントサービスと、大手企業などからスカウトを受けることができるスカウトサービスの2種類のサービスに注力しています。

しかし、取り扱っている求人情報の量が少なければ、どちらのサービスを受ける場合でも選択肢が少なくなってしまう可能性も考えられます。実際の所、「doda」で取り扱っている求人情報の数は、どれくらいあるのか気になる所です。

2017年5月27日現在、「doda」では34807件(※1)の求人情報を公開しています。これは、転職サービスの中でもトップクラスと言える量でしょう。しかし、「doda」の場合は公開している求人情報以外に、利用者のみが見ることができる非公開求人情報も取り扱っています。

doda」の非公開求人情報は、132754件(※1)となっており、こちらも圧倒的と言える求人情報数となっています。


大手の転職サイトだけあって情報も豊富で求人件数も多い


dodaの画面全体の見易さ利便性は高く、また求人数についても直近伸びているようで、ほかのサイトでは掲載がなかった求人についても応募することができた点については魅力を感じました。写真を載せている企業様も多く、事前に社内の雰囲気をうかがい知ることができたところも良かったです。

内容については、やはり広告媒体ということで仕方ない部分もあるかと思いますが、残業時間などは面接で確認をした際にギャップがあることもありました。また、「仕事内容」についても細かく記載はあるものの、中途採用の場合採用背景などによっては企業様が求める部分と少し異なる場合もあるため、面接時のすり合わせは重要だと感じました。

求人以外の汎用的な部分では、キャリア診断や年収査定などあまり人に聞きづらい自分自身の今の立ち位置を見直すツールや自己分析サポートなどもあり、実際に転職しなくとも自己整理の役に立つものが多くあったため転職活動前もよく見ていました。

他社サイトでは大衆向けのコラムや経験談が多く、一般例を知ることができるツールが充実している印象がありましたが、中でもdodaのサイトについてはより個人に情報提供をしている印象を受けたため、私は重宝していました。



出典: https://doda.jp/ | ※1:34807件・132754件

DODA(デューダ)のメリット4:条件の良い求人情報が多い

上記でもご紹介したように、「doda」の求人情報の量は圧倒的と言えます。しかし、求人情報の量が多いだけでは、「doda」の転職サービスの質や良さを評価することはできません。やはり、求人情報の質に関しても、意識する必要があるでしょう。

結論から言うと、「doda」の求人情報の質は、かなり良いと予想できます。doda」では、非公開求人情報を取り扱っていますが、これらはいずれも、応募者や志望者が殺到するような優良な求人情報や大手企業のものばかりです。

doda」が求人情報を取り扱っている企業の一例としては、DeNAやニトリ、マイクロソフトやソフトバンクなどが挙げられます。

上記の情報や背景から、「doda」の求人情報の質は、かなり良いと期待できるでしょう。


dodaは求人数が圧倒的に多いから登録だけはする価値あり


いろいろな転職サイトに登録して転職活動をしましたが、結局のところ「良い求人があるかないか」が重要な点だと思います。キャリアコンサルタントの方が親身になって転職支援してくれる事も参考になったりしましたが、自分が転職したい求人が紹介されなければ本当に意味がないと感じました。

dodaは何の特徴とか感じなかったけれども、求人が豊富だったのでよく使わせてもらいました。特別何かっていうのは本当にありませんが、本当にいろんな求人があるだけに、自分に合う求人に出会える可能性が高いので登録だけはしておいた方がいいと思います。

転職活動って手を広げすぎると面倒って思いがちだけども、情報や求人が一番大事なので、いろいろな転職サイトとかを適当に使っていくのが大事なんだなっと転職活動してみて感じました。



DODA(デューダ)のデメリット・評判と口コミ

doda」といえば、その圧倒的な求人数が特徴的と上記で触れていますが、そこにはデメリットも存在します。

求人数が多いことから必然的に条件とは違う内容の労働状態になるいわゆるブラック企業の数も増えてきます。

そのため「doda」のもう1つの特徴でもあるキャリアアドバイザーと相談を重ね利用しましょう。
中には2回転職したものの2回ともブラック企業であったという話もあります。

DODA(デューダ)のデメリット・評判と口コミ1:未経験歓迎の求人件数がすくない

doda」が出している求人件数は公開求人、非公開求人合わせ13万件以上あります。しかし、その中に未経験者歓迎の求人件数は10%程度しかありません。これに対し他の転職エージェントは未経験者歓迎の求人件数が60%程度となっていて、他の転職エージェントと比べた際、「doda」の未経験者歓迎の求人件数はかなり少なめとなっています。

理由として、企業側に採用後コストをかけず即戦力の人材を採用したい企業が多いからです。
そのため、未経験で違う職種を一から学びたい転職者にはあまり向かない転職エージェントとなっています。


面接確約オファーは名ばかり


エージェントより面接確約オファーが届き、
応募するも未経験職種だからと志望動機の提出を求められ、
後日面接することなくお祈りの結果が来た。

いやいや、オファーが届いた人は書類選考なしって
募集要項にも未経験可って書いてあるのに
これじゃ話が違うじゃないか。

自分の力不足で面接までたどり着けなかったのは事実だが
書面で志望動機を出させるなら面接の場で聞けばいいのでは…と、
企業にもエージェントにも不信感が残り誠に残念。



DODA(デューダ)のデメリット・評判と口コミ2:求人情報にブラックが多い

先程、メリットでも取り上げた求人情報の質ですがこれはメリットでもありデメリットでもあります。
メリットの点では求人情報件数が多いこともあり、大企業など条件の良い求人情報も多くあるのに対しデメリットの点では求人件数が多いこともあり、ブラック企業が多くあるということもあります。

中には、残業代を出さない、異常なまでの長時間労働、希望の部署ろは全く違う配置、コンプライアンスを守らないなどの企業もあり、典型的なブラック企業に入社してしまったというケースもあります。

そのためブラックかブラックじゃないかを見極める術を身につけましょう。
見極める方法はいくつかあり、記されている年収が手取りかどうかを聞く、付いてくれる「doda」のキャリアアドバイザーに質問をするなどして対処しましょう。


使ってみて損ささた


先ずエージェントは経験が浅く、質がとても悪い。
電話繋がらない、かけて来ない。
企業から選考通過の連絡を頂くもDODAのエージェントが勝手に選考辞退の連絡。←何故そうなった??転職させる気ないの??
また、こちらの希望職種や条件を見てくれていないのか、全く興味のない業界の求人をやたらに紹介してくる。
求人を閲覧していても、雇用条件を騙したりするような会社、ブラック企業の求人が大量に紛れ込んでいる。
これでは転職活動どころではなくなる。



DODA(デューダ)のデメリット・評判と口コミ3:電話がしつこい

doda」が展開しているサービスの1つである「エージェントサービス」に登録することにより電話がしつこいという意見が多くあります。
なぜそこまでしつこいのでしょうか。それは利用期間が決まっている事にあると考えられます。その期間は3ヶ月とされており「doda」はその短い期間になんとか転職を成功させようとアプローチしてくるのが根本の原因でしょう。

しつこいと感じるのは「doda」のキャリアアドバイザーとの温度差に原因がありそのため自分が転職に対しどのぐらいの熱量なのかをあらかじめ伝えるのが必要となります。






DODA(デューダ)はこんな人におすすめ

上記で「doda」のメリットを4つあげました。
そのメリットを最大限に活用し、転職を成功させましょう。

今回はスカウトサービス、キャリアアドバイザー、求人数の多さ、求人の質などのメリットをうまく活用できる人はどんな人物像なのかを紹介ます。

DODA(デューダ)はこんな人におすすめ1:20代から30代

doda」の利用者の内、半数以上が25歳〜34歳と他の転職エージェントに比べ若手の求人も多く、そのため若手が活躍できるベンチャーなどの掲載も多いです。

しかし、「doda」は仕事を紹介してもらえないケースもあります。
・年齢と職歴が見合ってない
・中卒で職歴なし
・転職回数が多すぎる  など

自分に見合った転職をキャリアアドバイザーに相談しながら決める事をおすすめします。

DODA(デューダ)はこんな人におすすめ2:転職初心者

doda」はエージェントサービスを利用することにより、キャリアアドバイザーが付いてくれるため転職が初めての方や転職に対して知識がない方など転職初心者の方にオススメのサービスとなっています。

DODA(デューダ)はこんな人におすすめ3:様々な転職の可能性を探している人

doda」はその圧倒的な求人数が特徴であり、サービス業、メーカー、IT系への転職実績が多く特にIT系の満足度は上位となっています。ためこの業界に転職を考えている人にもオススメの転職エージェントになっています。
その他、「doda」は幅広い業界の転職に対応しているため多面的に業界を考えている方にもおすすめとなっています。

DODA(デューダ)の登録手順

DODA(デューダ)に悪い口コミや評判はある?リアルな転職体験談まとめ

会員登録ボタンを押すと上に乗っている画面に行きます。サイトに従い入力していきましょう。
1、名前の入力
2、生年月日
3、性別
4、住まいエリア
5、携帯電話番号
6、メールアドレス・パスワード
7、最終学歴、卒業区分
8、現在の勤務状況
9、転職回数
10、勤務会社名または直近の勤務会社名その業種
11、あなたの職種
12、年収
13、その他サービスの申し込み(エージェントサービス、スカウトサービス)
必須の登録はここまでになります。

ここで内容に同意すると会員登録が完了します。

任意の入力
現住所、学歴、直近の勤務経歴、自由記入欄

DODA(デューダ)利用手順

上記で、「doda」の転職サービスの内容や特徴についてご紹介しましたが、実際にはどのような手順で活用すれば良いのか、戸惑っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで続いては、「doda」の転職サービスの活用方法についてご紹介していきます。今回は、エージェントサービスを利用した場合の一連の流れなどをご紹介していくので、「doda」の活用を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

DODA(デューダ)の活用方法1:登録

まずは、「doda」に会員登録をし、更にエージェントサービスへ申し込みます。

その際、個人情報やこれまでの経歴を書き込むフォーマットが表示されるので、項目に従って必要事項を入力しましょう。中には、自由記入欄などの、入力が必須とされていない項目もありますが、より手厚く自分に合ったサポートを受ける為にも、各項目はできるだけ詳細に記入することをおすすめします。

DODA(デューダ)の活用方法2:キャリアカウンセリング

登録後は、「doda」のスタッフと連絡を取り、必要がある場合はキャリアカウンセリングを行います。

キャリアカウンセリングは、「doda」の各地に展開している拠点などで行われるようになっています。会場は、プライバシーに配慮した個室となっている為、自分の経歴なども心置きなく話すことができるでしょう。

キャリアカウンセリングでは、業界や転職に詳しいプロのキャリアアドバイザーやコンサルタントに話を聞いてもらえる可能性もあるので、まずはキャリアカウンセリングを受けてみて、その印象や手応えから「doda」で転職活動を行うかどうか判断してみることをおすすめします。

DODA(デューダ)の活用方法3:求人紹介・応募

登録時の情報やキャリアカウンセリングで得た情報を通して、担当のキャリアアドバイザーが1人1人に合った求人情報を紹介します。求人情報の紹介は、「doda」が扱っている大量の非公開求人情報からも行われるので、良質な求人情報や有名企業の求人情報が紹介される可能性も期待できます。

紹介された求人情報や企業が、自分の希望に合っていたり、応募したいと思える内容だったりした場合は、いよいよ企業へ応募し、採用選考を受けることになります。企業へ応募する場合も、職務経歴書の添削などを受けることができ、転職活動をすみずみまでサポートしてもらえます。

DODA(デューダ)の活用方法4:面接

紹介を受けた企業へ応募し、書類選考をクリアできたら、面接へと進むケースがほとんどです。面接となると、企業側と日程や場所を相談し、調整する必要がありますが、面接の日程調整なども、「doda」の転職サービスに含まれており、「doda」に任せることができます。

また、面接に関しても、ロールプレイングなどをしてもらえるので、転職初心者の方や面接が苦手な人でも、安心して面接に臨めるでしょう。

選考や面接を受けた後は、企業からどのように評価されているか、フィードバックを受けることも可能なので、次の選考や転職にも活かしやすいでしょう。

DODA(デューダ)の活用方法5:手続き・入社

選考を経て採用されたら、契約内容の交渉や手続きを行うことになります。その際も、「doda」からサポートを受けることが可能です。

doda」では、雇用契約書の手続き代行を行っています。また、前職を退職していない方は、退職手続きについてアドバイスしてもらうこともできます。

この記事のまとめ

  • doda」のアドバイザーは業界で働いたことのある経験者
  • 求人の数の多さが強みで、幅広い選択肢を検討したい人に向いている
  • 他の転職エージェントに比べ若手の使用者が多い

いかがでしたでしょうか。

今回は、「dodaの転職サービス」をテーマにして、「doda」の転職サービスの内容や特徴、活用方法や口コミ・評判などをご紹介しました。

doda」の転職サービスは、利用者への配慮や気遣いがすみずみまで行き届いている印象を受けますが、特に求人情報の量の豊富さが魅力的です。

公開されている求人情報は勿論、非公開の求人情報もかなりの件数となっているので、さまざまな可能性や選択肢を求めている方にとっては、とても使いやすい転職サービスと言えるでしょう。

一方で、やりたい職種や働きたい業界がはっきりしている方にとっては、スカウトサービスなどが煩わしいと感じる場合もあります。また、たくさんの求人情報の中には、質が低いと感じる求人情報を見つけることもあるでしょう。

このように、求人情報量の豊富さは、時にはデメリットとなる場合もあります。とはいえ、求人情報の量が多いと、それだけ選択肢が広がるので、希望の職種や業界がはっきりしている方にもおすすめの転職サービスではあります。

そしてやはり、幅広い選択肢や可能性を求めている方に向いている転職サービスだと言えるでしょう。

今回は大手転職エージェントdodaについて紹介してきましたが、転職エージェント・サービスは他にも様々あり、使う目的や条件によって使いこなすのが転職の基本です。

こちらの記事でおすすめの転職エージェントを条件別にランキング形式でまとめてみたので他にも転職エージェントを見て見たい方は参照してみてください。

Related