2018/05/08

第二新卒エージェントneoの評判と特徴|求人量/求人の質/サポート内容など

今の仕事に向いていない、定職が見つからない等仕事の悩みを抱える第二新卒者世代もいることでしょう。そんな悩みに応える転職エージェントの1つが「第二新卒AGENTneo」です。第二新卒AGENTneoはどのような転職サイトとして活用できるのか実態に迫ります。

第二新卒エージェントneoの評判と特徴|求人量/求人の質/サポート内容など

第二新卒AGENTneoはこんな転職エージェント

第二新卒エージェントneoのターゲットは、先述の通り「第二新卒者」です。さらに詳しく見ていくと、以下のような転職希望者がメインターゲットとなっています。

・大学は卒業したものの定職には就いていない、いわゆる既卒未就業者(フリーター)
・大学中退者
・就業3年以内、25歳程度までの転職希望者

一般的には転職が難しいとも言われる、フリーターや既卒者の転職を積極的にサポートしているのが第二新卒AGENTneo最大の特徴です。大学卒業して少し経ってしまったけれど今からでも定職に就きたい、キャリアを築きたいと考えているのであれば、第二新卒AGENTneoは強い味方となってくれるのではないでしょうか。

さらに「未経験可」の求人案件を多く取り扱っているため、経験や経歴、スキルをあまり気にかけることなく転職活動に取り組めます。

ブラック企業はない?!転職案件の特徴

第二新卒エージェントneoには大きく分けて3つの特徴があります。

①求人にかかわる基本データ

・転職成功者数 延べ15000人以上(運営会社であるネオキャリア社は2000年創業)
・求人案件数 常時約5000件
・非公開求人率 常時約94%

ハローワーク等では入手できない、非公開求人率が非常に高い傾向にあります。「採用弱者」とも言われる既卒未就業者や大学中退者にとって、通常入手できない求人情報まで得られることは大きなメリットではないでしょうか。常時5000件程度と言う求人量も魅力的です。

②ブラック企業は除外!優良企業を厳選した求人

第二新卒AGENTneoでは、以下のような活動によって、ブラック企業の除外に努めています。

・企業訪問(職場環境、社員の勤務状況を確認)
・社会保険、教育体制、離職率などのチェック

これらの活動によって振り分けられた優良企業からのみの求人情報を扱っている点も第二新卒AGENTneoの大きな特徴です。優良企業かブラック起業家の見極めに迷う必要もなく、安心して転職先を探せます。

(3)気になる!先輩利用者が転職した業種・職種

第二新卒AGENTneoは総合人材サービス会社であるため、取り扱う業種・職種は多岐に渡ります。その中でも得意と言える業種・職種は以下の通りです。

・得意業種ベスト3 メーカー系 コンシューマサービス系 IT・WEB系
・得意職種ベスト3 営業職 事務職 エンジニア
(出典:転職agent.com 第二新卒エージェントneo)

本当に未経験でも大丈夫かと言う声が聞こえそうな業種・職種もランクインしました。新卒時にこう言った職業を目指して挫折したと言う既卒者もいるかもしれません。プロに転職活動をサポートしてもらえるうえ、未経験者の転職にも強い第二新卒AGENTneoでもう1度憧れの職業に挑戦してみるのも一案と言えそうです。

もちろん既に同業種・職種に就いてはいるもののより、自分に合った職場へ移りたい、と言う場合にも第二新卒AGENTneoは強い味方となってくれるでしょう。

初めての転職も安心!のサポート体制

①イベント・セミナー

内定獲得に必要な知識やスキルを1日で習得できる「就活力アップセミナー」等、転職活動に役立つセミナーが第二新卒AGENTneoでは随時、行われています。正規職員になるための書類選考や面接を受けたことがない、初めての転職で不安が大きいと言う場合には、特に心強いのではないでしょうか。

また、内定者向けの「スタートアップセミナー」も開催されています。座学と実技の二部構成になっており、各種マナーや社会人としての心構えはもちろん、電話の取り方や名刺の受け渡しなど、実践的な内容も学べる構成になっているのが特徴です。いざ内定は獲得できたけれど、社会人としてやっていけるか心配と言う内定者には嬉しいセミナーではないでしょうか。

②面接のフィードバック

入社試験の面接を通過できなかった場合、その理由を教えてもらえることは通常、あり得ません。しかし第二新卒AGENTneoでは、キャリアアドバイザーが採用担当者から聞いた不採用理由を教えてくれます。万が一、面接に通過できなくてもその経験をこれからの転職活動に生かせるのです。

1人でどこが悪いかも分からないまま企業の面接に落ち続け、自信を失うだけと言う転職活動から抜け出せます。丁寧な履歴書・職務経歴書の添削や、模擬面接が当たり前になりつつある転職エージェントの中で、第二新卒AGENTneoは次の転職活動へのフォローが充実していることは、特徴の1つと言えるでしょう。

第二新卒AGENTneoの評判とは?

(1)第二新卒AGENTneo利用者の声

・ものすごく有名ではないけれど上場企業や成長著しい中小企業等、優良企業ばかり紹介してもらえて驚いた。
・親身に相談に乗ってもらえ、長いフリーター生活から脱却できた。
・自分1人では分からないことも教えてもらえて、失敗なしで転職できた。
・面談に時間をかけ、こちらの希望や悩みを真剣に聞いてくれて心強かった。
・公式サイトが使いやすい。
・求人数が多く、条件も良くて驚いた。
       
・担当アドバイザーとの相性が合わなかった。
・説教されて不安を煽られた、言われたとおりにさせられたと言う印象。
・紹介する企業を押し付けられているような印象で、会わなかった。
・自分が地方住まいのせいか、思ったような求人が見つからなかった。

特にハローワークや転職サイト等、他媒体の利用経験者から、求人の質と量に驚く声が聞かれました。他媒体と第二新卒AGENTneoを比較できる転職成功者から評価が集まると言うことは、求人の質と量ともに良好であることの証ではないでしょうか。

また「押さえるべきポイントを丁寧に教えてもらえたので、面接も緊張することなく自信を持って臨めた」など、上記以外にも懇切丁寧なサポート体制を評価する声も挙がっています。セミナーやイベント等も開催し、丁寧なサポートを心掛けている第二新卒AGENTneoだからこそ、集まる評価と言えそうです。

一方で、利用したけれど残念な結果に終わったと言う声の中で多かったのが「担当者と相性が合わなかった」と言うものです。残念ながらどのような転職エージェントを利用したとしても、アドバイザーやコンサルタントが人間である以上、性格の不一致は起き得ます。しかし、登録前に情報収集を行えばミスマッチングはある程度防ぐことができるでしょう。ミスマッチングを防ぐために利用できるコンテンツ、その利用方法は次項で解説します。

(2)利用者の声から分かる、第二新卒AGENTneoの活用方法

①在住圏における求人案件の有無を確認

地方住まいだと思うように求人が見つからなかったという声が、利用者から挙がりました。第二新卒AGENTneoは本社を東京、支店を大阪に置いているため、都市部における求人案件
には強い傾向があります。自分は地方に在住している、実家に帰る等の事情で地方の求人案件を探したいという場合には、前もって公式サイトをチェックしましょう。

企業の名称は明かされていませんが、本社・支社所在地、あるいは勤務地ならば掲載されています。自分の在住圏あるいは実家のある地方の求人案件があれば、第二新卒AGENTneoを有効利用できるでしょう。

②第二新卒AGENTneoとの相性を確認

先述したミスマッチングを防ぐために活用したいのが、公式サイトです。TOPページから入れる「就活ノウハウ」、「ネオブログ」は実際の転職支援にかかわっているアドバイザーが執筆しています。

アドバイザーのプロフィールを閲覧することはできませんが、文章からある程度、会社の雰囲気やアドバイザーの人となりを察することは可能です。第二新卒AGENTneoは比較的、押しの強い転職エージェントだと言う声もあります。熱意の裏返しとも言えますが、自分に向いているかどうかはその人次第です。

二人三脚で転職成功を目指すパートナーとして利用できるか否かは、時間をかけてでも確かめておくとよいでしょう。

第二新卒AGENTneoの活用方法

年齢

①年齢(25歳程度か?30歳を超えていないか?)
②第二新卒、既卒未就職者、大学中退のいずれかに該当するか?
③就業年数は3年程度か?

その他

その他、次のような転職希望者にも、利用価値の高いサイトと言えるでしょう。
       
①早期にブラック企業を脱却して、優良企業で働きたい。
②まだ就業して日も浅いけれど、より自分に合った職場でキャリア形成したい。
③アルバイト生活から、初めての正規職員への転職をサポートして欲しい。
④就職・転職のノウハウに自信がない。
⑤今までフリーター生活だったので、社会人としてやっていけるか心配。
就職はしたもののミスマッチングを感じている、早すぎる気もするけれど転職したいという悩みは、第二新卒世代ならではのものでしょう。

アルバイトやフリーター経験

また、アルバイト生活やフリーター生活が長く、社会人としての生活や転職ノウハウに自信がないというのも、既卒者ならではの悩みと言えます。

第二新卒や既卒者を専門に転職支援を展開している第二新卒AGENTneoにとって、こう言った悩みを持つ転職希望者は、まさにメインターゲットです。年齢や就業状況、経歴に合致し、上記5項目に1つでも当てはまる悩みがあるならば、第二新卒AGENTneoの利用を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

一歩進んだ先

さらに次のチェックポイントに当てはまるのであれば、より第二新卒AGENTneoを活用できる可能性が高まります。

①公式サイトの求人情報に、就業希望地の求人案件がある。
②公式サイトの「就活ノウハウ」、「ネオブログ」を見て、好感を持てる。

好感を持てるということは、ただ単に「いいな」と思うことではありません。「この会社、アドバイザーに支援を受けたい」と思えるかどうかです。早ければ1か月半程度で転職に成功したという利用者もいますが、転職は人生の一大事であるだけに長いお付き合いになることもあり得ます。公式サイトを熟読して、自分との相性を見極めましょう。

第二新卒AGENTneoの登録後の活用方法

①不安・不明点・希望など何でも相談してみよう

第二新卒AGENTneoに対しては「自分の短所や課題を言い当てただけでなく、細かいアドバ
イスをくれた」等、アドバイザーの質の高さを評価する声も寄せられています。その他「転職に関するノウハウを余すことなく教えてくれた」との意見もありました。

社会経験も少ない若手世代での転職は、不安や分からないことも多いでしょう。転職活動中に次々と不明点に見舞われているにもかかわらず、自分で何か選択しなくてはならない状況に直面することもあるかもしれません。第二新卒・既卒者の転職を専門に支援しているプロが身近にいるのですから、何でも相談してみましょう。

「こんなことを聞いたら恥ずかしいかな」と躊躇していては、せっかくプロの知識や技術に頼る機会を得ているのに、意味がありません。相談することでより、自分の希望に合った転職を実現しやすくなるでしょう。

②公式サイトもフル活用

登録前には会社の雰囲気やアドバイザーの人となりを掴むために利用した公式サイトのコン
テンツを、登録後には転職の参考書として活かすことが可能です。特に「就活ノウハウ」内の「既卒就職の教科書」には既卒就職の手順や自己PRの書き方が紹介されています。

特に、初めての転職に挑んでいる転職希望者や、自分1人での転職に限界を感じた転職希望者には嬉しいコンテンツと言えるでしょう。アドバイザーから面接指導や履歴書、職務経歴書の書き方アドバイスを受けることはもちろん可能です。

しかしアドバイザーの指導を受ける前から、面接での注意点や履歴書の書き方を自学自習しておけば、その後の指導もスムーズに受けられるはずです。アドバイザーとの作業をスムーズに進め、転職成功をより早く実現させるためにも、公式サイトをフル活用しましょう。また、公式サイトには「内定者の声」も掲載されています。自分と似た境遇からの転職成功者の声は、転職活動中の大きな励みになるはずです。

転職を希望する業種や職種が決まっていない場合にも役立つでしょう。思ってもみなかった業種を見つけて視野が広がるかもしれませんし、逆に漠然としていた就きたい業種の絞り込みに役立つかもしれません。

③イベント、セミナーには積極的に参加

第二新卒AGENTneoには、内定者向けの「スタートアップセミナー」等、随時開催されているセミナーもあります。その一方で「就活力アップセミナー」のように、日付と時間を指定して行われるセミナーも開催しています。時間が合わない、セミナーに出ること自体気後れしてしまう、という転職希望者もいるかもしれません。

しかしセミナーでは「企業がどのようなマインドを持つ人材を希望しているか」、「面接の際に好印象を与える受け答え」等、転職するのであればぜひ学んでおきたい知識やスキルを得られます。アドバイザーや公式サイトを通してイベント・セミナーの情報を得た場合は、ぜひ参加しましょう。転職活動やその後の生活に活かせる知識・スキルを得られるはずです。
       

第二新卒AGENTneoで転職を成功させましょう!

第二新卒世代・既卒者での転職は「初めての転職」というケースも多く、その分転職に対する不安や戸惑いが大きいことでしょう。できることであれば誰かに頼りたい、プロのアドバイスを受けたいと考える転職希望者も多いはずです。

悩んでいるのであれば1度、新卒AGENTneoの公式サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。自分に合っていると思えれば新卒AGENTneoを存分に活用して、キャリアアップ、キャリア形成への一歩を踏み出しましょう。

Related