2017/09/20

30代の転職事情

30代で転職を考えたことはありますか?一般的には転職は30代がラストチャンスと言われています。転職により大きく成功を収める人も失敗する人もいますが、30代の転職事情は一体どのようになっているのでしょうか。今回は30代の転職事情についてご紹介します。

30代の転職事情

30代の転職事情は?

30代の転職事情

世の中にはたくさんの企業や職業があり、それぞれに向き不向きというものがあります。自分のやりたい仕事が必ずしも自分に向いているとは限りませんし、入りたかった企業が理想とは違っている場合もあります。

その企業や職業で続けていくことが難しくなれば転職を考えるのも一つの方法ですが、一般的に30代での転職はラストチャンスであると言われています。若いうちであれば転職にも積極的になれましたが、30代になれば転職に迷いが出る人も多いです。もちろん迷いなく転職を行う人もいますが、多くの人が転職で躊躇するのが30代です。

30代では色々な悩みが尽きず、転職に踏み切るのも勇気が必要になりますが、実際の30代の転職事情はどのようなものなのでしょうか。

30代は転職のラストチャンス

一般的に30代は転職のラストチャンスと言われています。日本の定年基本的には60歳であり、30代を超えると働ける期間よりも定年までの期間の方が近くなってしまうからです。一口に転職と言っても様々なパターンがあり、同業種で転職する場合もあれば、全くの未経験の業種に挑戦する場合もあります。

未経験での転職の場合は特に成長に時間がかかりますので、30代での転職は厳しくなりますが、同業種での転職の場合もハードルは高くなります。同業種での転職でも能力はあってもそれが転職先の企業で発揮できるは限りません。

同業種でも企業ごとに細かな違いはありますし、それに慣れるためにも時間が必要になります。30代を超えると残された時間が短くなることから30代での転職はラストチャンスと言われています。

30代女性は転職が難しい

30代は転職のラストチャンスであり、男女ともに転職のハードルは高くなりつつありますが、特に女性の場合は転職が難しいとされています。それは30代頃に結婚をする女性が多いです。せっかく転職しても結婚や出産、育児などで辞めてしまう女性もいますし、同じ条件、同じ年齢なのであれば男性の方が優遇される傾向にあります。

もちろん結婚しても仕事は続けるつもりで、それを転職先に伝えたとしても男性有利は変わらないと言えます。結婚や出産、育児は全く悪いことではありませんが、企業にしてみれば転職してバリバリ働けえる人材が抜けてしまうのはかなりの痛手になります。

転職にもコストがかかりますので、企業も慎重になり、女性の採用に踏み切れない場合も多いです。

キャリアを積むのが難しい

30代以降に転職が難しくなるのは仮に転職してもそこからキャリアを積むことが難しいからです。日本は終身雇用の年功序列賃金ですので、基本的には長く勤めていれば給料も上がりますし、給料と一緒に昇進し、役職に就く場合も多いです。

出世をするためには実力を示して実績を残すことも大切ですが、それに加えて一定期間以上企業に勤めるということが大切になります。昇進するにも時間がかかりますので、年齢を重ねていると出世をすることも難しく、それは個人だけではなく企業にとっても痛手になります。

企業が転職者に求めるのはスキルです。高いスキルで企業を引っ張ってほしいと考えますが、出世できないのであれば企業を引っ張る存在になることは出来ず、転職者の採用を先送りにする場合もあります。

30代の転職で後悔する?

30代の転職事情

30代での転職はラストチャンスではありますが、男女ともにそのハードルが高いと言えます。ハードルが高いため転職しようと思ったからと言って誰もがそれに成功するとは限りません。また仮に転職に成功した場合でもそれが必ずしも自身にとって幸せな結果になるとは限りません。

転職をすること自体も大きな賭けであり、さらにそれが最後のチャンスでもありますので、30代での転職は良い意味でも悪い意味でも人生を左右する分岐点となります。30代の転職で成功する人もいれば当然失敗してしまう人もいます。

しかし30代での転職はどのような結果になれば失敗で、そのような成果を得ることが出来れば成功であると言えるのでしょうか。

失敗例

30代に限らず転職に関しての失敗例としては転職前よりも労働環境や待遇が悪くなってしまうことが考えられます。せっかく転職したのに前職よりも劣悪な労働環境であったり、給料が下がってしまうなどは典型的な失敗例だと言えます。

また転職時には前職よりも高い給料が約束されていても転職後に給料が全く伸びずにそこで頭打ちという場合もあります。前職にいた方が給料の伸び率で言えば上だったという場合がありますので転職時の給料が高いからという理由だけで転職を決めるのは危険だと言えます。

また職場の環境や雰囲気などを知らないままに転職してしまい、自分とは合わないという場合もあります。30代での転職ではよく考えてから転職を決めることが大切です。

成功例

30代での転職の成功例としては職場環境の改善や待遇の向上なども挙げられますが、何より企業や職種との相性が良いということが考えられます。職場環境や待遇も大切ではありますが、30代以降は転職が難しく、これがラストチャンスでもありますので、最後で居心地のいい職場を見つけることが出来るというのは大成功だと言えます。

仕事は何をするかも大切ですが、誰とするかも大切です。仕事の充実度を左右するのは職場の人間関係でもありますので、人間関係の良い企業に転職出来れば成功だと言えます。もちろん待遇が良く、キャリアアップ出来るというのも成功例の一つです。転職が成功に終わるかどうかはその人の感じ方次第でもあるとも言えます。

30代で転職を成功させるには?

30代の転職事情

30代の転職はハードルが高く失敗してしまうことも多いですが、対策次第では成功に導くことも可能です。就活も転職も同じことが言えますが、しっかりと事前準備を行えば攻略することは可能です。

転職の場合は仕事を続けながらも転職活動に力を入れなければなりませんので大変です。しかしラストチャンスを逃さないためにもしっかりと踏ん張って対策を立てていかなければなりません。

そもそも30代に限らず転職するというのは難しいことです。ハードルの上がる30代だからこそしっかりと成功のために準備をし、より良い転職を実現させていきましょう。

転職を焦らない

30代で転職を成功させるためには転職を焦らないことが大切です。転職に失敗してしまうほとんどの原因は企業研究をしっかりと行わない、転職の条件交渉を行わないなどの焦りから来るものです。

30代以外の転職でも焦ってしまうと失敗に終わってしまうことは多く、30代では時間がないという焦りも加わりますので、余計に焦って転職を決めてしまいがちです。しかし焦って決めればさらに後悔してしまう結果になります。

転職を焦っても良いことはありませんので、ゆっくりと考えて後悔のない企業を選びましょう。しっかりと吟味して選べば自分の選択に後悔が残ることはありませんので、最後までしっかりとやる尽くしたと思える転職を目指しましょう。

30代で転職のチャンスを掴もう

30代の転職事情

30代の転職事情や30代での転職での後悔、転職を成功させるための方法などを紹介しましたが、30代での転職は人生を分ける転職になりますので、焦らずにじっくりと行うようにしましょう。

30代の転職で焦ってしまうのは時間がないと思うからです。時間のなさに焦らないためには事前に準備を進めておくことが大切です。転職活動は非常に大変なもので、仕事と両立して成功させるのは難しくもあります。

しかし難しいからこそ焦りは禁物です。焦っても良い結果は出ませんし、失敗してしまう可能性も高いです。30代の転職はラストチャンスと言われていますので、本当に最後のつもりで後悔のないように転職を進めていきましょう。

Related