2017/03/30

【仕事・お金・就職転職・結婚】将来に対するよくある不安と改善策

仕事、健康、人間関係など。将来に不安を覚える要素を挙げれば、枚挙にいとまがありません。そんな不安は誰しもが持つもの。しかし、そんな不安を少しでも和らげて、安心で快適な人生を歩む方法をまとめました。将来に漠然とした不安を抱く人にこそ、読んでいただきたい内容です。

【仕事・お金・就職転職・結婚】将来に対するよくある不安と改善策

将来が不安で眠れないというそこのあなた

国際情勢が不安定になりつつあり、常にテロや不景気の影がちらつく昨今。将来の不透明感が年々増してきていると感じる方も多いのではないでしょうか?そんな漠然とした将来の不安と、それに対する心構えと対処法をまとめてみました。将来の安心を手に入れたいという方は、是非最後までお読み下さい。

将来における三大不安の一つ|経済への不安|

まずは将来に対する不安の中でも、最も多くの方が抱える不安の一つである経済についての不安に対処していきましょう。

最近では高校生の頃から既に将来に不安を抱くことも?

義務教育である小学校・中学校での学習を終え、進学を選択した高校生たち。まだまだ社会と関わる機会も限られている若い彼らですが、そんな若い高校生ですら、既に将来に不安を抱いている人もいるようです。

出典: http://shingakunet.com/rnet/column/real_column/real1.html | 大学・短大・専門学校を卒業後の進路を考えるときの気持ちは?

彼らの将来への不安とは?

ここで気を付けたいのは、彼らの不安は社会に出て既に働いている方々が抱える不安とは少し違うということです。そもそも、昨今話題の高校生社長などの特例を除けば、アルバイトなどの限られた社会経験しか持たない高校生がほとんどだと思います。彼らが抱く将来への不安とはなんなのでしょうか?それはズバリ、未知に対する不安です。これは誰しもが何に対しても持つ不安でもあります。未来ある若者たちが自分が知らないことに対して取り組む場合、本来であれば好奇心や興味が勝り、不安よりも挑戦したいとう前向きな姿勢が見られるべきです。しかし、そんな前向きな思考を妨げる最大の要因が、「失敗は許されない」という日本の現代教育が教える考え方です。

将来の不安を育てるのは、間違った日本の教育?

小・中・高・大など、教育を立派に受けた人たちには、「仕事が人生を決める。失敗は許されない。」といったように世界が見えている部分があります。ですが、実際はどうでしょうか?

世の中には多く方が、今日も必死に働いていらっしゃいます。その中で、失敗もせずに成功ばかりの人が何人いるのでしょうか?きっと多くの人が何らかの失敗を、仕事でしているはずです。その失敗により、転職や引退を余儀なくされる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そんな彼らもそこで人生が終わるわけではありません。人生はそこからも続いていくのです。望む仕事だろうと、望まぬ仕事だろうと、少なくとも失敗によって仕事を失おうと、そこで得た経験やスキルがなくなるわけでは決してありません。

そこから自分で事業を始めるもよし、経験やスキルを武器に転職してもよし、仕事でできた知り合いやコネを頼って、まったく新しい業種・業界に身を投じても良いかもしれません。まだまだ若いのに将来を不安に思われる方々には、是非ともこういった考え方ができないか、一度ゆっくり考えてみてはいかがでしょうか?

将来の不安を解決する|フリーランスという選択肢|

こちらは必死に仕事に打ち込んできた方にお勧めの方法です。現在、安定した仕事についておられる方もそうでない方も、いつか仕事を突然失うこともあるかもしれません。そんな時への心構えとして、フリーランスとなる将来の自分を想像するのはいかがでしょうか?あなたの仕事で経験やスキルには、社会的にきっと価値があります。そこに業種や業界は関係ありません。もし会社をクビになることに対して不安を感じられてるのであれば、フリーランスという生き方もできるように今から準備しておけば、いざというときに安心できますよね。フリーランスとして案件を掲載しているサイトを下記に記載しておきます。一度、目を通してみてはいかがでしょうか?

不安を解決する|転職という選択肢|

こちらはフリーランスになる将来より先に考えることかもしれませんね。既に述べましたが、あなたの経験やスキルが基本的に転職では最大のカギとなります。フリーランスと違う点は、会社に属するため、求められる能力が少し違うということです。といのうも、フリーランスでは業務に対する能力だけが求められます。

まさに職人気質な感じです。しかし、転職で別の会社に入社するときに求められるのは、業務上の能力に加え、チームのマネジメント能力や部下の育成能力、はたまた社内のルールにしっかり従うかなどの社交的な面の能力も求められます。これらの点に自信のある方は安心して仕事に励んでください。もし、これらの能力に自信のない方は、下記のサイトなどを参考にどんどん足りない部分を伸ばしていってください。そうすればきっと、いつ仕事を失おうと次の就職先が、すぐに見つかるようになります。書籍などもお勧めです。

最初の仕事で人生が決まるわけではない

みなさん誰しもが社会に出て、人生で最初に就く仕事とうものがあります。それは今後の人生を左右する大きなことかもしれません。しかし、なにも最初の仕事で今後の人生すべてが決まってしまうわけではありません。というのも、就職後三年間で平均約25%ほどは、どの業種・業界でも離職者がいるからです。要因は様々でしょうが、これだけ多くの人が最初に就いた仕事を変え、別の会社に就職したり、はたまた別の業種・業界に再就職したりします。

就職後三年以内に得れる業務経験やスキルなんてものも、市場価値としてそこまで高いものでもないので、ほとんどがポテンシャルであったり、雰囲気であったりなど、経験やスキル以外の要素が大きいと考えられます。つまり、あなたがいざ転職を本格的にしようと思うとき、求められるのはそういった部分であり、そういった点で他の人と比べて劣らなけらば仕事は案外すぐに見つかる可能性が高いのです。今の会社に不安を覚えている方々は、一度転職サイトなどに登録してみて、実際に転職とはどういったものなのか見てみることをお勧めします。案外、今より良い条件の職場が見つかるなんてこともあるかもしれません。ご参考までに、下記にリンクを載せておきます。

そもそもあなたにとって、仕事とは?

誰しもが抱く将来の不安の一つ、仕事編の最後にお話ししたい内容がこちらです。そもそもあなたにとって、仕事とはどういうものでしょうか?人生の生きがいでしょうか?あるいは、生きるための術の一つといったとこでしょうか?あるいは、趣味の延長のようなものでしょうか?あなたが仕事をどう捉えるかによって、将来の不安も大きく変化していくことになります。

仕事を生きがいと捉えられてる方は、他に生きがいを見つけることで、仕事における将来の不安を解決できるかもしれません。生きるための術と仕事を捉えている方は、現在も仕事以外に使われている時間を大切にされていると思います。そんな方は、その時間を大切に守ることを心がけて行動していけば、仕事への将来の不安も解決される可能性が高いと考えられます。最後に、趣味の延長として仕事を捉えられている方には、別に新たに何か仕事を見つけようとしてみても良いかもしれません。というのも、趣味の延長が仕事になっているというのは大変素晴らしいことです。

嫌嫌好きでもない仕事をされいる方もいる中、幸運にもそういったことが実現されている方には、他に何か仕事始める余裕があるかもしれません。時間的に厳しくとも、精神的には可能な場合もあると思いますので、一度何か別に仕事にできることはないか検討されると、将来の不安も一段と減ると思われます。

仕事に対して漠然とした不安を抱く方は、是非一度自分の中での仕事というものを見つめ、何が不安なのか自己と対話されることをお勧めします。案外、しっかりと自分の中で考えるだけで解決してしまうような不安もあるかもしれません。どのように他の方々が仕事を捉えているか?その参考例を下記にしるしておきます。ご参考までに一度ご覧ください。

将来における三大不安の一つ|生命への不安|~疾患編~

さて、ここでは人生における将来の不安において、最も大きいものの一つである健康への不安について述べていきたいと思います。不慮の事故や、突然の病気・ケガなどなど。あなたが抱える健康に対する将来の不安を少しでも和らげる解決策を記していこうと思います。

日本人の主な死因は?

ではまず、日本人が抱える主な死因から見ていきましょう。

出典: http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life10/04.html | 人はいずれ何らかの死因で死亡することになるが、生命表の上で、ある年齢の者が将来どの死因で死亡するかを計算し、確率の...

出典: https://www.hokennomadoguchi-tsuhan.jp/select/category/sa... | 日本人の半数が三大疾病で亡くなっている!?

上記の内容をまとめますと、日本人の死因の約45%が、がん・心疾患・肺炎で亡くなられております。また、さらに脳血管疾患と老衰も主な原因としてここに加えると、日本で亡くなられた方の60%以上が既に述べた五つの原因で亡くなられていることになります。次に続く主な死因が不慮の事故という結果で、すべて合わせると約65%近いものとなりました。この驚きの数字を見ると、将来の生命への不安において、あなたも決して他人事ではないとお気づきになられたと思います。

あなたが将来かかるかもしれない疾患|ガン編|

そもそもガンとはいったい何なのか?

ガンと宣告され、突然のことで戸惑う方もいらっしゃることでしょう。でも、がんは突然に降って湧いたようにできたわけではないのです。人は1つの受精卵が細胞を分裂させながら、いづれ人間となって母体から出てきます。どんな人でもそれぞれの細胞が分裂したり分化したり増殖したりする遺伝子を持っており、その細胞の動きを成長と呼んだりします。正常細胞の遺伝子は約23,000種類と言われている一方、がん遺伝子は766種類存在するといわれています。

遺伝子はタンパク質でできており、生命の誕生や維持に不可欠なものです。そのため、がん遺伝子が存在しても、すぐにがんを発病するのではありません。ごくまれに遺伝子に傷がつくことがあり、その傷ついた細胞がガン化してしまうのです。

私たちの身体の中には、ガンの増殖を促進する遺伝子が存在する一方で、それを防ぐガン抑制遺伝子も存在します。ガンが増殖する働きとそれを防ぐ働きの両方が、私たちの身体には備わっていて、そのバランスが崩れたときに、ガンの増殖が進みます。

さらに、正常な細胞の一部がガン化しても、免疫の働きが十分に発揮されれば、がん細胞を死滅させ、本格的なガンに発展するのを防ぐことができます。こうした体内のシステムを打ち破って、ガンとして発症するまでには長い年月がかかっています。

ガンが発症するには、加齢をはじめ、喫煙や過剰な飲酒、ストレス、栄養不足、睡眠不足、環境汚染、ウィルス感染など、さまざまな要因が長年にわたって蓄積することが影響しているといわれます。(あくまでも成人のガンの場合です)

ガンは発症するとどんどん増殖を続け、周囲の正常な細胞に侵入していきます。しまいには血液やリンパ液の流れに乗って転移し、正常な細胞を駆逐していきます。ガン細胞は他の正常な組織に必要な栄養を奪うため、がんの進行とともに身体が衰弱していきます。これがガンの一番恐ろしい点でもあります。

あなたが将来かかるかもしれない疾患|心疾患編|

そもそも心疾患とは何なのか?

私たちの心臓【心臓の筋肉】は、1分間に約70回、1日にすると約10万回も「収縮と拡張」のリズムをくり返し、血液を全身に送り出しています。心臓をとりまく脈に動脈硬化などが起こると、血液の通り道が狭くなったり、ときには血栓ができてつまってしまうことがあります。そうすると心臓の筋肉に酸素がいかなくなり、強い痛みをともなう発作が起こります。そして、急速に心臓の機能が停止してしまいます。心臓に十分な血液が行き渡らないため引き起こされる病気なので「虚血性心疾患」と呼ばれます。手当てが遅れると、生命にかかわるこの疾患は「狭心症」と「心筋梗塞」と呼ばれるもののことです。

あなたが将来かかるかもしれない疾患|肺炎編|

そもそも肺炎とは何なのか?

人間が呼吸をするときは鼻から空気が入り、喉、気管、気管支を通って肺に入りますが、空気と一緒に細菌やウイルスなどの病原体も常に入ってきています。しかし、鼻毛、鼻とのどの粘膜が大きな粒子を捕まるのでほとんどは疾患にかかることはありません。また、運よくここを通り抜けた小さな粒子が気管に入ると、咳をすることによって勢いよく外へ出そうともします。それでも残ったものは、気管支に生えている線毛(せんもう)という毛が捕まえて、さらに外へ追い出そうとします。

このように、身体には様々な仕組みによって病原体が身体に入るのを防ぐ機能が備わっています。こういった病原菌を排除する力を「免疫」といいます。そして、熱や咳が出ているときは、この免疫が病原体と闘っていると考えてください。そして持病やストレス、年齢のために免疫力が落ちているときや、炎症が悪化して身体の防御機能がウィルスや細菌に負けた場合などに、病原体が気道を通過して肺に入り込み、増殖し、肺炎になってしまうというわけです。

将来に不安を残さないためにも早期の治療を。

みんな健康で長生きしたいにも関わらず、誰しもが健康上にいつかは不安が出てきます。問題はその不安を先延ばしにするのではなく、早期に解決してしまうことです。取り返しのつかない段階で後悔しても遅いのです。少しでも健康上に不安を覚えたら、人間ドッグを受診しましょう。また少しでも将来の不安を無くすためにも、自覚症状がなく健康と思えても、定期的に受診することを筆者はお勧めします。

将来における三大不安の一つ|生命への不安|~事故での死亡編~

ここでは死亡に繋がってしまった事故について述べさせていただきます。死亡事故で最も多いのが交通事故です。その他にも火災や溺死なども不慮の事故と呼ばれ、多くの死者が出ております。いつ巻き込まれるかもわからない突然の事故。不安という観点で見ると、自分が被害者となる一方で、加害者にもなり得る不安があるのがこちらになります。これをお読みいただいている皆様も事故には細心の注意を払いましょう。

まずは交通事故について

交通事故というとみなさん巻き込まれる被害者側を想像しがちですが、実は加害者になりうる可能性もあるのがこちらの事故です。そのため多くの人が関わる事故と言えます。願わくば被害者にも加害者にもなりたくないですが、先を読み進めていきましょう。

出典: http://www.garbagenews.net/archives/2014600.html | 交通事故による死亡者の状況を確認するため、まずは以前の統計値や今回発表された値(過去にさかのぼって一部修正が行われ...

交通事故は防げずとも、死者を出さない対策を。

既に述べましたが、交通事故をゼロにするのは難しいところです。しかし、死者数を減らすことは可能かもしれません。交差点や曲がり角などを通行するとき、周りを確認しながら、車が来るかもと予測して行動するだけで事故に巻き込まれる可能性を十分減らすことができるうえ、車の動きを予測していたために一瞬早く動け、大きな事故や死亡事故を避けることができるかもしれません。この周囲の確認と相手の予測は、ドライバーと歩行者の両方が行うべき行動と言えます。将来を不安に感じる皆様、是非まずは目先の交差点や曲がり角を不安に感じてください。そうすることで、あなたの将来の不安が結果として、減少するはずです。

次に不慮の事故について

こちらは交通事故以外の事故をまとめました。将来の不安として無視できない要因ですので、万全の準備をしてして少しでも不安を和らげておきましょう。

出典: http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/fur... | 【不慮の事故による死亡の年次推移】 不慮の事故による死亡数の年次推移をみると、第2次世界大戦前は、関東大震災があ...

将来における三大不安の一つ|自分を取り巻く環境への不安|

将来の不安における三大要素の最後の一つとなりました、自分ではどうしようもない部分である「周囲の環境」について、ここでは述べたいと思います。上記では既に将来の仕事面や収入面での不安と、将来の肉体的な健康面と生命への不安について述べました。これらはどれも、その主な原因は自己にあったり、自分一人で対策できたりするものでした。しかし、この章で挙げる不安は将来の自分の周りの環境に対する不安のため、自分ではどうしよもない部分があります。そのため、覚悟だけはしておいたり、なんらかの対策をご自身で考えて行っていただく部分が大きくなります。それでは、見ていきましょう。

将来は独り身?もしくは結婚?

さて、おそらく世の中の人の大半が一度は直面するこの問題。みなさんはいかがでしょうか?今すぐとは言わずとも、将来に考えていらっしゃる方、あるいは既に考え、答えを出した方もいらっしゃると思います。やはり長い人生、パートナーの存在は大きく、その後の人生を左右しうる問題です。それでは、日本での結婚の将来に関するデータを見てみましょう。

将来、せっかく選んだパートナーともし離婚となったら?

さて、毎年多くの方が離婚という選択をされているという事実は既に述べたとおりです。ここでは、離婚後の不安について考えたいと思います。離婚後の一番の問題と言えば、やはり独り身という寂しさではないでしょうか?一度は結婚された方が離婚をされるわけですので、パートナーと合わなくなっただけで、別に生涯独り身を望んでいるのではないと思われます。要は、もっと良い人がいれば結婚したいということのはずです。そういった方々の将来の不安は主に二つ。収入と寂しさです。この二つについて考えていきましょう。

離婚後、将来の収入はどうする?

さて肝心の収入ですが、これは案外どうとでもなります。というのも、パートナーとの離婚を考えるようになったとき、余程の突発的な感情で動くわけでない限り、そこには数週間から数カ月、または数年単位の時間があるはずだからです。この期間を利用しない手はありません。将来、パートナーと離婚をして独り身になっても生活できるように、着々と準備を行いましょう。既に仕事がある方なら、仕事を辞めずになんとか続ける。もし仕事を辞めてしまった方は、昔の仕事のつてを頼ってみる。それも難しそうなら、資格をとるなり、アルバイト・パートに出るなり、または資産運用の勉強を始めるなりして、一人でも収入がある程度確保できるようにるまで、離婚のタイミングを待ちましょう。

離婚後の将来、寂しい思いはどうする?

次に将来の寂しさですが、こっちのほうが厄介です。というのも、これはまた新しい人間関係を築く必要性が出てきます。自分一人の努力ではどうしようもない部分ですので、離婚後の将来における寂しさに対する不安は、ある程度覚悟しておく必要があるでしょう。しかしご安心ください、離婚をして寂しい思いをしているのはあなた一人だけではありません。毎年30万人ほどは同じ気持ちを味わっていらっしゃいます。あなた以外の30万人に耐えれて、あなたに耐えられないはずはありません。どうか過度に離婚後の将来に不安にならず、素敵な人生を送ってください。

将来、避けては通れない家族の死と残された遺族の問題

家族の死というのは、遅かれ早かれ避けられない問題です。ここで大事なのがお金のことでしょう。お葬式費用やお墓の費用、親・兄弟などが残した遺産や借金など、多くの問題が突然に沸いてできます。家族の死により気持ちが落ち込む中、これらの問題に対処しなければならないのが辛いところです。しかしご安心を。親兄弟、親戚、友達など、揉めることもあれば、親身に助けてくれる方々もいらっしゃます。この記事を読まれている方は、是非ともそういう人たちとの繋がりを大切にしておいてください。きっと落ち込んでいるあなたの力になってくれることでしょう。

将来は一戸建て?それともマンション?

題名の通り、これは世間では長く議論されている話題でもあります。もし聞いたことがないという方は、是非とも不動産についての資産価値や原価償却という考え、固定資産税・相続税などについてネットで調べてみることをお勧めします。結局、個人の価値観で正解は異なるうえ、ここでは長くなるため割愛しますが、是非一度調べてみるだけでも、将来に抱える不安は少なくなるはずです。

不安と闘うということ

お伝えしてきた通り、世の中は生きていくだけで多くの不安と向き合わねばなりません。しかし、それはみんな同じであり、決してあなた一人だけが抱えるものではないということを覚えておいてください。ここで述べきれなかった不安と闘っていらっしゃる方も世の中にはいるかもしれませんが、この記事に行き着いたのと同じように、これからもどんどん調べていってください。そうすることで、いつか必ず解決策に出会えます。なぜなら、不安と向き合った人だけが、その不安を解決できるのですから。

Related