2017/09/06

失敗しない転職の技術(コツ・ポイント)|業界・職種別失敗しないコツ

失敗しない転職の方法とはどのようなものが考えられるでしょうか。今の仕事が大変で転職しても、さらに大変で失敗したと思う人は多いです。転職に失敗しないためにはどのような方法を取ればいいのでしょうか。今回は失敗しない転職のコツなどを紹介します。

失敗しない転職の技術(コツ・ポイント)|業界・職種別失敗しないコツ

失敗しない転職の技術とは?

失敗しない転職の技術(コツ・ポイント)|業界・職種別失敗しないコツ

世の中にはたくさんの業界や職種、職業があり、就職するということは無数にある企業の中から一つを選ぶということになります。何事にも向き不向きはあり、仕事の向き不向きもあれば、企業との相性というものもあります。せっかく就職しても自分には合わず転職するということもあるでしょう。

しかし転職したからと言って必ず上手くいくとは限りません。たとえ転職しても前の企業と同じように自分には合わないと思ってしまう場合もあります。世の中には絶対はなく、何事も失敗しないという保証はありません。

ただ失敗しない確率を上げることは出来ます。せっかく転職するなら失敗しないで自分に合った企業を探したいものです。失敗しない転職の技術とはどのようなものが考えられるでしょうか。

失敗しないコツ

転職に失敗しないためのコツはすぐに転職先を決めてしまわないということです。現在勤めている企業の仕事が嫌だったり、無職で無収入の状態が続けば焦って転職を決めてしまいがちですが、これこそが転職に失敗する原因の一つです。

転職に失敗するのは転職先の企業のことをよく知らないからです。漠然としたイメージだけで転職を決めてしまえば理想と現実のギャップに苦しみ、転職先の仕事にも嫌気が差してしまいます。

転職に焦れば早く転職先を決めたいという気持ちが強くなりますが逸る気持ちはぐっと抑えなければなりません。転職に焦る気持ちをしっかりと抑えて、冷静な目でじっくりと転職先の企業を選ぶのが転職に失敗しないコツになります。

失敗しないポイント

転職に失敗しないためのポイントとしてはまずは自分自身のことをよく知るということが大切になります。自分のことを自分が一番よく分かっていると思い込んでいる人は多いですが、実際にはそうでないことも多いです。

転職する際には自分としっかりと向き合い、自己分析をするのが失敗しないポイントになります。自分がどんな仕事がしたいのか、どんな企業で働きたいのかはもちろんとして、どのような条件で働きたいのかなど様々な面から自分の望むを確認することが大切です。

転職先の企業のことをよく知っていてもそれが本当に自分に合った企業でなければ意味はありません。転職に失敗しないためには自分と企業、両方のことをしっかりと理解していなければなりません。

転職エージェントを利用する

転職するための方法は様々で、ハローワークに行く、友人の紹介で就職する、転職サイトで求人情報を確認するなどがありますが、それらの方法ではまた同じように転職に失敗してしまう可能性があります。

何度も転職し、失敗しているのであれば転職エージェントを利用して、失敗しない企業選びや転職のアドバイスなどをもらいましょう。自分自身で自己分析や企業分析をするのは限界がありますので、第三者の視点を交えるというのも転職に失敗しない方法の一つです。

転職エージェントでは自分の条件に合った企業を紹介してくれるだけではなく、企業選びや転職試験の対策などの様々なサポートを行っています。自分ひとりでの転職に限界を感じれば転職エージェントを利用してみましょう。

契約社員から始める

転職するからと言って必ずしも正社員として転職する必要はありません。転職先の業界や企業が自分に合うかどうか心配な場合はまずは契約社員として就職してみて、自分との相性を図るというのも一つの方法です。

契約社員であれば働いて給料をもらいながらも仕事との相性を図ることが出来ますし、正社員に比べれば転職のハードルも低いです。お試し期間として契約社員で働くのも転職に失敗しないための方法の一つです。

ただ必ずしも契約社員から正社員になれるとは限りません。しっかりと実績を残し、企業も正社員として迎えたいと思わなければ正社員になることは難しいので、自分のキャリアプランと相談しながら雇用形態については決めていきましょう。

業界・職種別失敗しない転職のためのコツ・ポイントなどは?

失敗しない転職の技術(コツ・ポイント)|業界・職種別失敗しないコツ

転職に失敗しないためのコツやポイントは人によっても様々で、それらを試したからと言って必ずしも転職に失敗しないというわけではありません。シチュエーションによればそれらの方法を正しく実行していても転職に失敗してしまうということはあります。

本当に転職に失敗しないためには失敗しないための基本的な技術や方法を学び、実行するだけではなく、転職する業界や職種別に合わせたコツやポイントを学ばなくてはなりません。業界や職種によって就職試験や必要となる能力が異なるように、転職に失敗しないためのコツやポイントも少しずつ違っています。

少しでも失敗しない確率を高めるのであれば転職を目指す業界や職種別のコツやポイントを実行していきましょう。

看護師など

看護師の転職で失敗しないためのポイントとしては就職する病院の条件や状態をしっかりと確認しておくということです。看護師は病院に勤めることになりますが、勤める病院によって待遇や仕事の環境がかなり大きく違っています。

同じ待遇の募集であってもAという病院は忙しくて残業は当たり前、Bという病院は暇で残業などあり得ないという場合もあります。転職する際には自分がどのような待遇が受けられるかを知ることも大切ですが、看護師の場合はそれ以上に職場環境を知る必要があります。

どんどんキャリアアップをして成長したいなら忙しい病院ですし、ゆっくりと仕事がしたいなら暇な病院と自分のキャリアプランと照らし合わせて転職先を選びましょう。

営業

失敗しない転職の技術(コツ・ポイント)|業界・職種別失敗しないコツ

男性が一般企業に転職する場合としてその職種は営業職であることが多いでしょう。もちろん女性が営業職に転職する場合もありますが、その場合も気をつけるべき点は同じです。営業に転職する場合はその企業がどのような営業スタイルを取っているかを確認しておきましょう。

営業は大きく2つに分けられ、得意先を回るルート営業と販路の新規開拓を目指す飛び込み営業です。同じ営業職であってもルート営業なのか飛び込み営業なのかで大きく変わりますので必ず確認しましょう。

またどちらか一方だけではなく、両方の営業を行うという場合はその比重がどれくらいなのかを確認しておきましょう。営業スタイルにも向き不向きはありますので、それをしっかり把握することが失敗しないためのポイントになります。

不動産

不動産も転職先としては人気の業界ですが、一方で不動産業界からの離職率も多いです。足を踏み入れたものの全く合わずにすぐに退職してしまうということもありますので、必ず様々な点を確認しておきましょう。

不動産業界の転職に失敗しないためには不動産業界に必要な資質と自分の能力がマッチしているかを確認しましょう。まず第一にコミュニケーション能力、そして高いスケジュール管理能力が必要になります。

不動産業界は基本的にお客様第一で動きますのでコミュニケーション能力と相手の予定に合わせてスケジュールを調整する能力が必要になります。自分本位で仕事を進めたいという人には向かない仕事ですので自分はどうかを確認してみましょう。

働くことの難しさを知る

失敗しない転職の技術(コツ・ポイント)|業界・職種別失敗しないコツ

転職に失敗しないための技術や業界・職種別の転職に失敗しないコツやポイントを紹介しましたが、転職するというのは実は非常に難しいことです。転職そのものも難しいですし、転職後に順調にキャリアを重ね働くというのは非常に難しいです。

それはそもそもの働くことの難しさにあります。自分の向き不向きを知って職業を選択していくということは大切なことですが、どんな職業でも働くことは難しいことなのだということを知り、簡単に投げ出さないことが大切です。

働くことも難しければ転職も難しいです。それらの難しさをきちんと知ってから転職についても真剣に考え、安易に転職を決めないことが失敗しないために重要なことだということを覚えておきましょう。

Related