2019/08/20

転職活動で面接を辞退できる?|転職の面接を辞退する時の注意点5つ

転職活動ではさまざまな会社に応募する方も多い傾向にあります。転職者の中には理由があって面接を辞退する方もいますが、面接を辞退する場合はどのような点に気をつければいいのでしょうか。今回は転職者が面接を辞退する際の注意点や理由をご紹介いたします。

転職活動で面接を辞退できる?|転職の面接を辞退する時の注意点5つ

転職活動で面接を辞退してもいい?

転職活動中には興味のある企業に複数応募する方も多く、面接の日が重なってしまうなどのトラブルも少なくありません。このような場合は面接を辞退しても問題ないのでしょうか。

面接の辞退をすることは基本的に問題ありませんが、先方の企業に一報するのがビジネスマナーです。応募した企業に失礼にならないように丁寧に理由を伝えるといいでしょう。

辞退するときの連絡はいつまでにすべきか

転職活動中に面接を辞退するときは、辞退することを決めた時点で早めに連絡するのが基本です。やむを得ない事情で面接を辞退する場合を除き、面接の当日などに突然連絡するなどの行為は避けるようにしましょう。

面接辞退を先方に連絡する場合は、遅くとも3日前にはメールか電話で採用担当者に辞退する理由を伝えましょう。

転職の面接を辞退する時の注意点5つ

やむを得ない事情などで転職活動中に面接を辞退する場合は、必ず先方の採用担当者に一報するのがマナーです。面接を辞退するということは相手がわざわざ空けてくれた時間を断ることになるため、辞退を決めたら早めに連絡することが必要です。

転職の面接を辞退する場合は、いくつか注意すべきポイントがあるのでくわしくご紹介していきましょう。

転職の面接を辞退する時の注意点1:本当に辞退するのか考える

転職の面接を辞退する場合に注意すべきポイントの1つ目は、本当に辞退していいのかをしっかり考えてから行動に移す必要があります。たとえば、面接の当日寝坊してしまって、あまり行く気もないから面接を辞退しようなどと軽はずみな気持ちで辞退する方も少なくありません。

面接は一度辞退したら後から訂正できないことを頭に入れ、面接を辞退する場合は慎重に考えてから判断するようにしましょう。

転職の面接を辞退する時の注意点2:辞退を決めたらすぐに連絡する

転職の面接を辞退する際の注意したいポイントは、面接を辞退する場合は早めに連絡することです。書類選考が通過し、面接の案内が来たところで他の企業の内定が決まってしまったとします。

相手の企業に悪いからといって連絡を後回しにするとかえって相手企業に迷惑がかかります。相手企業はあなたのため採用枠を空けている可能性もあるため、面接を辞退することを決めたらすぐに採用担当者に連絡しましょう。

転職の面接を辞退する時の注意点3:無断の辞退はしない

転職の面接を辞退する際に意外と多いのが、無断で面接を辞退するという方です。自分の履歴書や職務履歴書を相手企業に送付し、相手企業はその内容を読んだ上で面接選考を行っています。

企業の中には面接の時間になっても来ないため、事故やトラブルに巻き込まれたと考えて応募者に対して連絡してくる場合もあります。相手企業の採用担当者に迷惑をかけないにも、どんな理由であれ必ず一報するようにしましょう。

転職の面接を辞退する時の注意点4:連絡の時間帯に気を配る

転職で面接を辞退する際に注意したい点は、採用担当者に連絡するタイミングです。やむを得ない事情があり面接を辞退する場合は電話やメールで連絡をしますが、相手のことを考え連絡する時間帯を考慮しましょう。

特に始業前の早朝や終業後の夜に電話やメールをしても、採用担当者は不在です。電話の場合はランチタイムなどの時間を避け、採用担当者の勤務時間中に連絡するようにしましょう。

メール

転職の面接を辞退することをメールで伝える場合は、相手に失礼のないよう丁寧な文章を作成するのが基本です。ビジネス文書の基本と同じく、「拝啓」という言葉からはじめ、今回面接を辞退する理由を明確に記載しましょう。

また文章の終わりには、今回面接を受ける機会と時間を与えてくれたことに感謝する旨も一言添えるといいでしょう。メールを送付する場合も勤務時間帯にメールするように気をつけましょう。

電話

転職の面接を辞退する際、面接日までに時間がある場合はメールで連絡するのが一般的です。しかし、面接を辞退する方の中には当日や直前で面接を辞退しなければならない場合もあります。

面接の日までに時間がない場合は、できるだけ早く採用担当者にその旨を伝えるという意味を込めて電話で一報するといいでしょう。急遽面接を辞退した場合は、後日お詫びのメールを重ねて送付するとより丁寧でいいでしょう。

転職の面接を辞退する時の注意点5:感謝とお詫びの気持ちを伝える

転職の面接を辞退する際の注意点は、採用担当者に対して感謝とお詫びの気持ちを丁寧に伝えることです。相手企業の採用担当者は数多くの履歴書に目を通し、その中からあなたを選んでいます。

あなたが面接を辞退することで他の応募者の中から再度選び直す場合もあるため、採用担当者に手間をかけてしまいます。面接を辞退する際は、面接の機会を作ってくれたことに感謝するとともに、辞退することへのお詫びを必ず行いましょう。

転職の面接を辞退する主な理由4つ

転職活動にて書類選考を通過した後に面接を辞退する場合はいくつかの理由があります。面接の連絡を受けた際に他の企業から内定をもらっていたり、現職の企業となかなか折り合いがつかず面接を辞退する場合などもあります。

転職活動者が面接を辞退する場合はどのような理由が考えられるかをくわしく見ていきましょう。

転職の面接を辞退する主な理由1:他の企業からの内定

転職の面接を辞退する際の大きな理由の1つは、他の企業からすでに内定を取得している場合です。転職活動中は同時期にさまざまな企業へ履歴書を送付している方も多い傾向にあります。そのため、応募した企業の面接や選考のタイミングが重なるケースも多くあります。

他の企業からの内定通知があったため面接を辞退する場合は、あまり具体的な社名や部署名を伝える必要はないので注意しましょう。

転職の面接を辞退する主な理由2:家庭の事情

転職の面接を辞退する理由の2つ目は、プライベートな事情が発生した場合です。たとえば、両親の体調が急に悪くなり、急遽田舎に帰省しなければならないなど、家庭の理由で面接を辞退するケースも少なくありません。

家庭の事情で面接を辞退する場合は、時期をずらして面接を行うことができないかを採用担当者に確認しておくのも1つの手段です。選考内容によっては後日面接を行う場合もあるので、一度聞いてみるといいでしょう。

転職の面接を辞退する主な理由3:現在の仕事を退職できない

転職活動をしている方の多くは、現在の職場に籍を置きながら転職活動を行っている方が多い傾向にあります。そのため、書類選考がとおり面接試験へと移行しても、現在所属している企業と折り合いがつかず退職できないという方も少なくありません。

現職の企業と折り合いがつかない場合は、その旨を採用担当者にしっかり伝えましょう。

転職の面接を辞退する主な理由4:会社に合わないと感じた

転職の面接を辞退する理由の中には、メールや電話のやりとりで応募企業と合わないと感じた方も多い傾向にあります。たとえば、応募企業の採用担当者の口調や態度がとても横柄だったり、失礼な発言が多いなど、何か悩みやトラブルがある場合は面接を辞退しましょう。

会社に合わないと思った場合でも、辞退する際のメールや電話では感謝の気持ちとお詫びの言葉を必ず含めて伝えるようにしましょう。

転職時の面接を辞退する際のマナーを知っておこう

転職活動では数多くの企業に応募するため、やむを得ない理由で面接を辞退する場合があります。面接を辞退する場合の多くは、すでに他社からの内定を取得したケースが多い傾向にあります。

やむを得ない理由で面接を辞退する場合は、必ず採用担当者に一報し、感謝の気持ちとお詫びの言葉を伝えるのがマナーです。どんな理由であれ、無断で面接を辞退するような行為は避けましょう。

Related