2019/10/31

エンジニア転職の面接で社長にウケる逆質問例

記載されている内容は2016年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

エンジニア転職の面接で社長にウケる逆質問例

エンジニア転職の面接で社長にウケる逆質問例
目次

    こんにちは、BrandingEngineer広報部です。転職活動をしていく上で、必ず何度か受けることになる、面接。特に、最終面接は、面接官が社長や役員といった、その企業の上層部となる可能性が高い為、緊張するものですよね。

    そこで、今回は社長との最終面接を乗り切って内定を獲得する為のテクニックとして、「逆質問」についてご紹介していきます。転職を考えている方や、転職活動中という方は必見ですよ!

    逆質問は重要

    社長や役員との最終面接さえクリアすれば、いよいよ転職活動のゴールに辿りつくことができます。しかし、だからこそ通常の面接よりも緊張してしまいがち。面接も終わりに近づいてきた頃になって、「上手く話せなかった」と後悔してしまった経験がある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

    「逆質問」は重要なポイントです。名前のとおり、面接官にこちらから質問をすることを指します。

    しかし、逆質問を有効に活用するには、話題や内容を慎重に選ぶ必要があります。あまりにも常識的なことを尋ねたり、企業のwebサイトなどに記載されている内容を質問するのは、社長や役員の自分に対する評価を落とす可能性がある為です。

    そこで、「エンジニア転職の最終面接」にポイントを絞って、逆質問の例をご紹介していきます。社長や企業の役員にウケる内容をチョイスしているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

    社長の胸に響く逆質問集

    最終面接となると転職活動も終盤。内定目前の状態の為、社長や役員には、より現実的な質問をした方が、好印象を得られます。入社後のビジョンを鮮明に持っていることをピールできる為です。

    例えば、「エンジニアの開発環境や手法」に関する逆質問がおすすめです。その企業で使用しているツールやPCのメーカーなどを尋ねることで、話題が広がります。自分が得意なツールやメーカーを採用しているようであれば、自分の強みとしてアピールするチャンスですよ。もし、使ったことがないものばかりでも、入社までに勉強しておくことを主張すれば、やる気や熱意を見せられるかもしれません。

    また、「入社後、すぐにどのような業務や部署に就く可能性があるのか」という質問も良いでしょう。社長や役員に対して、自分を採用した場合、どのように働くことになるのか、具体的なイメージを与えることができます。

    その他、「同じ部署やチームになる可能性がある社員の年齢」や「その企業のエンジニアの毎日のスケジュール」などを逆質問で尋ねるのも良いですよ。上記と同じく、実際に自分が入社した後のことを社長や役員に想像してもらいやすくなります。また、業務に対して前向きな姿勢であることをアピールできる為です。

    社長も人間!面接は楽しむことが大切

    今回は、社長や役員との最終面接を想定した内容で、逆質問に関する情報をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

    面接とは、企業と個人がお互いを知る為に交わす会話です。そして、面接官となる人事も社長も役員も、自分と同じ人間。話が弾む相手には、好印象を抱きますし、どんなに模範的な回答をしていても、話していてつまらないと感じれば、あまり良い印象は抱きません。最終的には、面接を会話として楽しむ気持ちが大切なのです。その会話を弾ませ、話題を広げるテクニックとして、ぜひ逆質問を活用してみて下さいね。

    参考資料:「paiza

    Related