転職エージェントの登録から内定までの流れ|確認すべきことや注意点7つ

フリーランス

転職を考えているなかで、転職エージェントという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。

 

転職エージェントには多数の企業がありますが、どこの転職エージェントを選ぶかによって「持っている求人の量と質」「アドバイスの質」「サポート体制」が全く違うことが多々あります。

 

このページでは、転職エージェントを利用する時の流れや注意点、7つの転職エージェントを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントとは何?

転職エージェントとは、ずばり転職を考えている人と採用を考えている人の間に立って、転職を総合的にサポートしてくれるサービスです。

 

求職者に合った求人の紹介や相手企業との連絡から面接までの段取り、書類作成のサポートまで転職の成功を支援してくれます。

 

登録料や紹介料等利用に応じて料金がかかる有料のサービスと一切料金がかからない無料のサービスがあります。

転職エージェントの登録から内定までの流れ

転職を考えているが、転職エージェントを利用すると手間がかかるのではないかと考えている人も多いでしょう。
登録してからの流れを知らないと、転職エージェントをどのように利用すればいいのか分からず不安に感じることもあります。

 

そこで、この記事では転職エージェントに登録してから内定が決まるまでの一般的な流れを紹介します。

1:転職エージェントに登録

転職エージェントを利用するためには、まず転職エージェントのサイトに登録する必要があります。

 

登録方法としてはサイトのフォームからエントリーするものが一般的ですが、電話やオフィスに直接出向いて登録する方法もあります。

 

どのように登録したらよいかは利用する転職エージェントによって異なるため、公式サイトで確認しましょう。

情報の入力

登録が完了したら、サイトの入力フォームに必要な情報を入力します。

 

名前や住所、電話番号といった基本情報はもちろん、学歴や職歴、希望する条件なども詳細に入力します。

 

入力情報を間違えてしまうと、適切な求人を紹介してもらえなくなる可能性があるので、入力を間違えないように注意しましょう。

転職エージェントとの面談日の決定

必要な個人情報を入力したら、転職エージェントとの面談日を設定します。

 

面談日の設定はおもに電話やメールでやり取りしますが、相手の都合もあるので、余裕をもって空いている日時を3つくらい提案しましょう。

 

またフォームに面談希望日を入力する箇所がある場合、そこに入力した日時をもとに転職エージェントの担当者から電話やメールで連絡が来ます。

 

早ければ即日、遅くとも3日以内には担当者から折り返しの連絡が来るでしょう。なかなか連絡がこない場合やどうしてもすぐに連絡が取りたい場合は、エージェントに電話をしてみましょう。

2:転職エージェントと面談

転職エージェントと求職者が面談する目的は、求職者のニーズに合った求人を紹介することです。

 

企業とのミスマッチを防ぐため、求職者が探している業界や職種、給与、休日、職場環境など転職先に求める条件を細かくヒアリングされます。

 

面談に臨む前に転職先に求める条件をまとめ、明確に伝えるための準備をしておきましょう。

経歴の確認

転職エージェントとの面談では学歴や職歴、保有している資格などの経歴は確実に確認されます。

 

ポテンシャルを重視した新卒採用とは違い即戦力を求める中途採用において、これまでの経歴は新卒以上に大切です。

 

これは求職者のスキルや経験を見極め、適性のある求人を紹介するために確認されることから、経歴を盛ったりごまかしたりせず正直に伝えましょう。

転職する理由の確認

面談では転職理由も確認されます。給与、労働時間、職場での人間関係など転職を考える理由は様々です。

 

たとえば、給与面で不満があって転職を考えている求職者に前職よりも給与が下がる提案をしても意味がありません。

 

求職者のニーズにマッチした求人を紹介するために、前職の環境も含めて転職理由を詳細に確認します。

希望する条件の確認

先ほども書いたようにエージェントは求職者にマッチした求人を紹介しようと考えているため、給与や休日、福利厚生など希望を詳細に確認します。

 

希望条件を参考に求人を紹介されるため、自分の希望条件は遠慮せず堂々と伝えましょう。

 

ただし、自分のスキルやキャリアに相応しくない高すぎる希望を伝えると当てはまる求人がなくなってしまうので、高望みをし過ぎるのはやめておきましょう。

今後のキャリアの確認

面談では、転職を通じて今後どういったキャリアを築いていきたいか細かく確認されます。

将来的な目標年収だけでなく、どこで働きたいか、どういった立場でどのような仕事をしたいかについても明確に伝えましょう。

 

安定した働き方を求めるのであれば大企業を紹介され、家庭を持っていて地元で暮らしたいのであれば転職のない仕事を紹介されます。

 

どんな会社に入りたいかだけでなく、どのような働き方をしたいのかしっかりイメージしてエージェントとの面談に臨みましょう。

3:募集している求人の提案

経歴や希望条件等を一通り聞き終えたら、エージェントは求職者の条件に近い求人をいくつか探し出して提案してくれます。

 

業界や業種、待遇などが近い求人を複数紹介してくれるので、その中から自分のこだわりに合った求人を見つけましょう。

 

エージェントが提案してくれる求人は企業の採用サイトにも掲載されているため、自分で探すこともできますが、エージェントは膨大な求人の中から求職者のニーズに合った求人を数件に絞って提案してくれるので参考にしましょう。

自分に合う募集情報を提供

面談を終えると、エージェントは求職者の条件に合った募集情報を複数提供してくれます。

エージェントが提示してくれた複数の求人を比較し、より自分の希望に近い求人を選びましょう。

 

場合によっては複数の会社を同時に受けるという選択肢を取る場合もありますが、複数社の転職活動を同時並行で進めると負担が大きくなります。

 

同時に何社エントリーするべきかは担当のエージェントと相談して決めましょう。

非公開の求人を提供

エージェントによってはサイトや公式HPに載せていない非公開の求人を提供してくれる場合もあります。

 

募集する企業側が求人を非公開にするメリットは、条件に合わない求職者がエントリーしてしまうことが少なくなるため、選考にかかる手間やコストを節約できることです。

 

エージェントは、求職者と面談をしたうえで求人にマッチしていると考えたら、非公開の求人を紹介します。

非公開の求人は優良なものも多いため、紹介してくれたら選択肢の一つとして検討してみましょう。

書類の添付や面接練習を行う

エントリーする企業を決めたら企業に履歴書や職務経歴書を送りますが、インターネットが発達した現代では企業のウェブサイトから送るケースが大半です。

 

企業に送る書類に誤字脱字がないか確認してくれたり、文章の手直しをしてくれたりするエージェントもいるので、ぜひ活用しましょう。

 

また、エージェントによっては面接練習を行ってくれる場合もあります。

新卒での就活と違って面接の経験は何度かあるでしょうが、転職の面接では聞かれる内容が大きく異なるため、一度練習してから本番に臨むのが良いでしょう。

4:企業に応募や書類選考

エージェントが紹介してくれた複数の求人の中から自分の希望に合った求人を見つけたら、いよいよその会社に応募します。

 

履歴書や職務経歴書、エントリーシートは郵送で送る場合もありますが、現代ではネット上で送信する会社が大半です。

自分の意志で応募

転職エージェントはいくつかの求人を紹介してくれます。しかし、応募先を最後に決めるのは自分です。

 

エージェントに紹介されたから応募しました、と面接で伝えては選考を通過できないでしょう。
希望する条件の優先順位をはっきりさせ、最終的には自分の意志で応募しましょう。

面接日を確認

志望している企業に応募して無事に書類選考を通過したら、企業側から採用面接の案内が来ます。

そこで面接日や場所を設定される場合が多いため、忘れないように手帳やスマホにメモしておきましょう。

5:企業との面接

書類選考を通過したらいよいよ面接です。

面接の日程や持っていくものなど、あらかじめ確認しておきましょう。

 

特に履歴書や職務経歴書については、あらかじめデータで送っていたとしても面接の際に改めて紙での提出を求められる場合があるので注意しておきましょう。

模擬面接を行う

面接の日程が決まったら、担当のエージェントに連絡しましょう。
エージェントにもよりますが、多くの場合事前に模擬面接を行ってくれます。

 

模擬面接で本番を想定して受け答えの練習を行い、エージェントからフィードバックをもらいます。

それを参考に改善し、本番に臨みましょう。

6:内定または入社

内定までの流れは企業によって異なりますが、一般的に面接を一回または複数回行い、最終面接に合格したらめでたく内定となります。

 

内定が決まったら、相手企業の人事担当者にお礼の連絡を行い、エージェントにも報告しましょう。
転職エージェントも求職者の合否によって次の行動が決まるため、エージェントにもこまめに選考の進捗状況を伝えるようにします。

給与の決定

中途採用の場合、新卒採用と違って給与が設定されていない場合があります。

たいていの場合、経験やスキルによって基本給を設定していくため、応募段階に想定していた金額と乖離する場合があります。

 

しかし、給与は仕事の成果に応じて徐々に上がっていくものなので、極端に低い給与でなければ受け入れるようにしましょう。

入社の決定

内定を受けた段階では、正式に入社が決まったわけではありません。

内定承諾書や労働条件通知書を会社側と交わして、晴れて社員となります。

 

たいていの場合、内定が決まったら即時に入社に向けた手続きをしますが、他社の選考も並行しているなどすぐに決定できない場合もあります。

その際はエージェントに相談して内定を保留してもらいましょう。

 

ただ、あまり待たせすぎると先方の企業に迷惑をかけてしまうため、入社するかしないかの決断は早めに行うのが無難です。

転職エージェントの流れで確認すべきことや注意点7つ

ここまで転職エージェントを利用した転職活動において、登録から入社決定までの一連の流れについて見てきました。

転職先の企業に応募してから入社するまでの大まかな流れについては理解できたでしょう。

 

ここからは、転職エージェントの流れで確認すべきことや注意点について7つ紹介していきます。

1:面談に必要なものは確認する

まず、面談に必要なものを予め確認しておきます。

何も準備しないで大丈夫と言われる場合もありますが、多くの場合は履歴書や職務経歴書、顔写真など転職活動に必要なものを持参するように言われます。

 

履歴書や職務経歴書を持参することで、エージェントの面談をスムーズに進めることができ、限られた面談時間をより有意義なものにすることができるため、持ち物をしっかりと準備したうえで面談に臨みましょう。

2:面談時の服装は確認する

面談時の服装も忘れずに確認しておきましょう。スーツやビジネスカジュアルで指定されている場合もあれば、何も指定されていない場合もあります。

 

ただし服装を指定されていないからと言ってラフすぎる格好で面談に臨むのはお勧めできません。
転職エージェントの面談には、企業との転職面接を想定して臨みましょう。

 

服装を整えることは相手に良い印象をもたらすだけでなく、気持ちが引き締まって言葉に重みが増す効果もあります。

3:面談時間はどれくらいか確認する

面談日が決まったら、面談時間はどれくらいかかるのか忘れずに確認しておきましょう。

たいていの場合は30分から1時間ほどで終わりますが、話の流れによっては2時間以上かかるケースもあります。

 

あまり長くなりすぎると次の予定にも支障をきたす可能性があるので、余裕をもってスケジュールを立てられるよう面談時間はあらかじめ確認しておきましょう。

4:面談はWebや電話は可能か確認する

地方に住んでいたり、時間に追われていて対面での面談が難しかったりする場合、Webや電話を利用するのも一つの方法です。

 

最近はテレワークの普及でZoom等のオンラインコミュニケーションアプリの利用も一般的になっており、以前と比べてオンライン上での面談が可能になった転職エージェントが増えてきました。

 

オンライン面談や電話での面談は便利である反面、通信状況によっては伝えたいことが上手く伝わらず流れが悪くなるといったデメリットもあります。

 

地方に住んでいるなど時間がなくて対面で面談する余裕のない人は、オンラインでの面談も可能かどうかあらかじめ確認しておきましょう。

5:面談は土曜日もやっているか確認する

現在就職していて働きながら転職活動をしている人にとって、平日に面談を行うのは難しい場合もあります。

その際には、転職エージェントに連絡して土曜日に面談を行っているか確認してみましょう。

 

ただし土曜日に面談を行っていたとしても、土曜日しか時間の取れない人は案外多いため、エージェントに連絡して早めに予約を取るか平日に時間を作るか工夫しましょう。

6:連絡は逐一確認する

転職エージェントからの連絡はメールや転職サイト内のチャットなど連絡ツールで行われるのが一般的です。

 

普段利用していないメールアドレスや転職サイトの場合、エージェントからの連絡に気づくのが遅れてしまう可能性があるので、1日に1回はメールやチャットを確認するように心がけましょう。

7:内定後も転職エージェントのアフターフォローを確認する

内定が決まったらとりあえず一安心と、ほっとすることでしょう。

しかし内定から入社までの間には雇用契約書の締結などの入社前手続きや待遇の交渉などが待ち受けています。

 

内定が決まった後のサービスは転職エージェントによっても異なるため、入社まであるいは入社した後のアフターフォローも充実しているのか確認しておきましょう。

転職エージェントのおすすめ7選

今の会社から転職したいと何となく考えている人は多くても、実際に転職活動に踏み切れている人はそう多くないのが現状です。

 

転職エージェントを上手く活用すれば、求人探しから内定獲得に至るまで無駄なくスムーズに活動することができます。

 

ここからは、転職エージェントのおすすめ7選を紹介します。

どの転職エージェントに登録していいのか迷っている人はぜひ参考にしてください。
サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビエージェント約50,000件東京+神奈川+北海道+宮城+愛知+京都+大阪+兵庫+福岡20代に信頼されている転職エージェント幅広い業界に強い
パソナキャリア36,858件(非公開含まず)全国+海外他社にはないマッチング力、サポート体制ソフトウェア、通信系を始めとした幅広い業界
リクルートエージェント公開 124,122件 非公開 187,372件全国+海外好条件転職IT/メーカー・営業/事務
DYM就職東京+北海道+宮城+愛知+京都+大阪+兵庫+福岡第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方を大手優良企業の正社員に職務経験3年以内の人に向けた求人がメイン
JACリクルートメント25,000件全国+海外キャリアコンサルタントの質が高いミドル・ハイクラス
doda約100,000件全国+海外求人紹介量の多さ幅広い業界をカバーしている
randstad8,000件全国+海外全世界でビジネスを展開外資系企業全般

1:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、国内で有数の転職実績を持っており、20代から30代前半の若手や初めて転職を考えている人におすすめなエージェントです。

 

全国の大手企業から話題のベンチャー企業、隠れた優良企業まで数多くの企業との間に幅広く太いパイプを持っており、幅広い選択肢の中から条件に合った求人を選べるの点が大きな特徴といえるでしょう。

 

初めて転職を考えいている人におすすめの転職エージェントです。

2:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、顧客からも定評のある転職エージェントです。

 

パソナキャリアが転職者向けに提供しているサービスは面談や企業の紹介だけでなく、内定後の年収交渉や就職後のキャリアサポートといった一連のアフターサービスも充実している点が大きな特徴といえるでしょう。

 

内定後のアフターサービスもしっかり見てほしい人におすすめの転職エージェントです。

3:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、40年以上に渡って転職支援サービスを続けており、多くのキャリアアドバイザーと求人数を有しているエージェントです。

 

また非公開求人も10万件以上あり、それぞれの業界に精通した専門コンサルタントが求職者の希望に合わせた求人を紹介してくれ点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、求人数が多いことに加え、応募する企業の選び方や選考から内定に至るまでの流れを一から丁寧に教えてくるといった特徴もあります。

 

希望する業界や業種、年収などが明確に定まっていない第二新卒や、初めて転職するため転職活動の流れを理解していない人にはおすすめです。。

4:DYM就職

DYM就職

DYM就職は、IT業界の求人が豊富なためエンジニアの転職に強いエージェントです。

 

TKPやマーキュリーといった有名優良企業の求人も数多く、IT関係の技術職でキャリアアップを目指す人には、この点が大きな特徴といえるでしょう。

 

また、未経験からエンジニアと謳っていることもあり、既卒や第二新卒など20代の若手でプログラマーやデザイナーなどシステム関係の仕事を考えている人におすすめの転職エージェントです。

 

5:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドルクラスやハイクラス向けの求人に特化した転職エージェントです。

 

各業界に精通した800名もの専門コンサルタントが在籍しており、大手企業の管理職といった、ハイクラス向けの魅力的な求人も数多く揃っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、企業側と求職側の間に入ってコンタクトを取ることで、1人1人のニーズに合わせたきめ細やかな対応をしてくれるといった特徴もあります。

 

大手企業などの事務関係や、ハイクラスの求人を探している人におすすめの転職エージェントです。

6:doda

doda

dodaは、PERSOLグループが運営していることもあり、大手上場企業やそのグループ会社の求人が多数紹介されているエージェントです。

 

適職診断ツールや年収診断ツール等、求職者の適性やスキルを判断するためのツールが充実しており、自分のスキルや適性にマッチした企業を選びやすくなっている点が大きな特徴といえるでしょう。

 

自分のスキルや特性に合う求人を探している人におすすめの転職エージェントです。

7:randstad

ランスタッド

randstadは、契約社員や派遣、紹介予定派遣など正社員以外の転職にも力を入れているエージェントです。

 

技術職の派遣に特化したエンジニア派遣の検索では、システム設計、インフラ運用・保守、デザイン・クリエイティブなど希望する職種を入力して求人を探すことができる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、希望職種や希望年収、勤務形態など希望する条件を細かく入力することができるといった特徴もあります。

 

専門性の高さを生かせる仕事に就きたい人、時間にこだわらずフレキシブルな働き方をしたい人におすすめの転職エージェントです。

転職エージェントの登録から内定までの流れを知ろう!

転職を考えているけれど何をしたらよいかわからない人は、まず転職エージェントの登録から入社までの流れを知りましょう。

 

転職までの流れを理解することで、転職までの道筋が具体的にイメージできて次の行動がとりやすくなります。

 

転職をしたいけれど何をすれば分からない人、転職しようかどうか迷っている人は紹介した一連の流れや注意点を参考にし、役立ててください。