ハイクラス向けに強い転職エージェントおすすめ22選!選び方や注意点も解説

就職|転職

ハイクラスの転職エージェントを利用しようとしている人にとってよくある悩みは、どれを利用したらいいのか分からない点です。

転職後に今よりもいい条件で働けることを期待して登録してみても、なかなか希望に叶う求人が見つからないこともあるでしょう。

ここではハイクラス向けの転職サイトの中からおすすめのものを紹介していきます。思うように集まらなかった転職先の情報が集めやすくなったり、面接の練習がしやすくなったりが期待できるでしょう。参考にしてみてください。

ハイクラスに強い転職サービスの選び方

転職に必要不可欠なサービスとして、転職サイトが定着しています。

日本の優良企業が出している求人情報の多くを閲覧できるハイクラスエージェントを、どのように選べばいいのか分からない人は多いのではないでしょうか。

ここでは、まずラグジュアリーな転職サービスの選び方について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

アドバイザーがいる転職エージェントを選ぶ

転職サイトには求人側と直接やりとりする「サイト型」と、転職エージェントに助言してもらう「エージェント型」があります。

エージェントとは転職アドバイザーのことで、適切な求人を紹介し、面接の練習をしてくれたり、履歴書の書き方などを教えてくれたりするため、はじめての転職活動でとまどっている人の味方といえるでしょう。
快適に転職活動をすすめやすいのはアドバイザーがいる転職エージェントなので、エージェント型に登録することをおすすめします。

実績豊富な総合型転職エージェント

総合型転職エージェントは求人を紹介してもらえる業界が多いため、別業種への転職活動も安心です。

幅広い業界の情報を集められるため、求人の案件がとても多いこともメリットです。
ただ専門知識には乏しく、登録者も多い傾向にあるため対応が遅れることもあります。

転職の目的に強い特化型転職エージェント

業界の現実的な情報を得られる特化型転職エージェントでは、狭く深い転職情報をもらえます。

業界で実際に働いていたエージェントからアドバイスを受けられることが多く、企業とのつながりが深いため面接対策をしやすいのがメリットです。
デメリットはコンサルタント業務の経験が浅く、求人の条件が似たものが多い傾向にあることです。

スカウトがあるヘッドハンティング型サイトを選ぶ

ヘッドハンティング型の転職サイトは、サイト側からあなたに適している求人を見つけておすすめしてくれるだけではなく、企業側からスカウトが来ます。

自分からも仕事を探し、企業側からも人材を探すため、転職活動がスムーズに進みやすいでしょう。
ヘッドハンティング型は、サーチ型という求人情報を検索できるサイトです。

ヘッドハンティング型サイトと転職エージェントの違いとは

転職エージェントは同じ条件の転職希望者に共通の求人を紹介することが多いのに対して、ヘッドハンティング型は条件に合う人のみに求人を紹介します。

また今の職場で高い地位についていたり、十分な報酬を得ていたりすると求人を紹介されるのが後回しになることがありますが、ヘッドハンティング型なら求人をもらいやすいです。
転職エージェント型は採用が決まるまでに時間がかからないことが多く、本当に合っている求人に出会えないことがありますが、ヘッドハンティング型なら出会いやすいです。

ハイクラス向け転職サービスのおすすめ22選

転職エージェントには、サイトごとに特徴があります。

あなたの転職条件や希望に合った求人を見つけやすいサイトを選ぶことが重要なため、求人数やサポート体制を事前に比較してから登録しましょう。

ここからは、おすすめのハイクラス転職エージェントを紹介していきます。

ハイクラス向け転職エージェント19選

ハイクラス転職エージェントは信頼性のある企業が運営していることや、転職エリアが合っていることなどを基準に決めましょう。

ハイクラスの転職に関する情報が記載されているサイトを選ぶと、転職に必要な情報も得られます。ここからは、ハイクラスを目指す人におすすめの転職エージェント19選を紹介していきます。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
JACリクルートメント非公開全国年収600万円以上の求人多数外資系・日系企業
パソナキャリア非公開東京、名古屋、大阪キャリアコンサルタントが親身になってくれる年収600万円以上を目指す人におすすめ
リクルートエージェント127,000全国言わずと知れた有名転職エージェントハイクラスの求人
doda95,000全国スキルや経験を活かせるIT・通信業界
マイナビエージェント22,500全国非公開求人9万件以上20∼30代の転職に強い
ワークポート40,000全国非公開求人9万件以上営業職・ゲーム業界
ランスタッド7,800全国世界的な外資系転職エージェント外資系企業やグローバル企業のハイクラス求人
エンワールド・ジャパン890全国採用後も登録者にサポートする1万件以上の年収800万円以上の求人
ロバートウォルターズ1,500全国世界31か国にオフィスがある外資系・日系グローバル企業
type女性の転職Agent80,000首都圏女性向けの求人が充実IT系や営業系などの求人に強い
ムービン・ストラテジックキャリア非公開全国コンサル求人に強いコンサル業界に特化
アクシスコンサルティング非公開全国サポート期間は3年間コンサルタントに特化
コンコード非公開全国企業のスタートアップキャリアコンサルティングに強い
アンテロープ非公開全国金融、コンサル、企業それぞれのサポートが充実企業機関、コンサル、ベンチャー
コトラ非公開全国NIKKEI HUMAN RESOURCES AGWNT AWARDSを5年連続受賞金融、保険、不動産などに強い
マイナビ金融エージェント11600全国企業採用課題を克服してきた件数が豊富金融、保険、不動産、コンサルに特化
ヤマトヒューマンキャピタル経営×ファイナンス領域特化型エージェントM&A・PEファンド・VC・ 投資銀行・事業再生・経営企画の転職
クライス&カンパニー首都圏エリア従業員30名ほどの小規模サイト
Goodfind Career厳選された優良ベンチャーを紹介転職を前提としないキャリア相談を歓迎

1:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30〜50代に強いエージェントです。

管理職や専門職の求人が多い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、支援実績40万件以上という特徴もあります。

英語を活かして働きたいという人や、技術職になりたい人におすすめの転職エージェントです。

2:パソナキャリア

パソナキャリア

パナソキャリアは、他にはないマッチング力があるエージェントです。

充実したサポート体制がある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、カウンセリングを通じて評価ポイントを絞れるという特徴もあります。

お客様の満足度も高く、細かい要望に応えて欲しい人におすすめの転職エージェントです。

3:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績が豊富なエージェントです。

業界の中でも非公開求人数の多さが大きな特徴といえるでしょう。

さらに、キャリアアドバイザーがそれぞれの業界に精通している特徴もあります。

書類の準備を徹底サポートして欲しい人におすすめの転職エージェントです。

4:doda

doda

dodaは、自己PR診断があるエージェントです。

人気企業を基準とした転職できる可能性をテストするサービスもある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、転職タイプ診断ができるという特徴もあります。

匿名で相談したい人におすすめの転職エージェントです。

5:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代に支持されているエージェントです。

安心で安全なサポートに努めている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、フレックス出社や時差出勤求人が揃っているという特徴もあります。

年収別に求人が探せるため、収入にこだわりたい人におすすめの転職エージェントです。

6:ワークポート

ワークポート

ワークポートは、転職決定数が多いエージェントです。

無料アプリとスクールがある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、転職ノウハウが身につく講座が開催されているという特徴もあります。

ITエンジニアなどになりたい人におすすめの転職エージェントです。

7:ランスタッド

ランスタッド<

ランスタッドは、ニューノーマルに対して安全な仕事再開を目指すエージェントです。

正社員から派遣社員まで求人がある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、クイズ形式で転職に必要な情報を得られるという特徴もあります。

全国にある支店で直接会ってサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

8:エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパンは、外資系・グローバル系企業に強いエージェントです。

正社員、派遣、契約と雇用形態がさまざまな点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、無料で受けられるビジネステストができるという特徴もあります。

多国籍企業で働きたい人におすすめの転職エージェントです。

9:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは、世界31各国にオフィスを構えているエージェントです。

20年以上のキャリアがある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、金融や経済、営業、ITなどの求人が多いという特徴もあります。

医療や医薬などにも強い傾向があるため、医療関係へ転職したい人におすすめの転職エージェントです。

10:type女性の転職Agent

type女性の転職Agent

type女性の転職Agentは、女性の転職に特化したエージェントです。

18年以上のキャリアがある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、転職個別相談会を開催しているという特徴もあります。

年齢ごとに異なる転職に必要な知識を得たい人へおすすめの転職エージェントです。

11:ムービン・ストラテジックキャリア

ムービン・ストラテジックキャリア

ムービン・ストラテジックキャリアは、20年以上のキャリアがあるエージェントです。

コンサルティング業界内で転職率が高い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、プロ意識の高いスタッフから手厚いサポートを受けられるという特徴もあります。

ケースごとに、最適な転職プランを立ててほしい人におすすめの転職エージェントです。

12:アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサルタントになりたい人向けのエージェントです。

平均サポートは3年間である点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、企業のニーズに合わせた書類作成や面接練習ができるという特徴もあります。

フリーコンサルにも挑戦したい人におすすめの転職エージェントです。

13:コンコード

コンコード

コンコードは、ビジネスリーダーに特化したエージェントです。

キャリア戦略に基づく転職をサポートしてもらえる点が、大きな特徴といえるでしょう。

さらに、起業したい人のスタートアップ支援という特徴もあります。

インターンや中途採用を希望する人におすすめの転職エージェントです。

14:アンテロープ

アンテロープ

アンテロープは、金融機関や金融においてプロフェショナルなエージェントです。

日経金融だけではなく、外資系金融の求人もある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、不動産の求人にも精通しているという特徴もあります。

他にもコンサルタントや、医療系も目指している人におすすめの転職エージェントです。

15:コトラ

コトラ

コトラは、金融やコンサル、経営幹部の求人に強いエージェントです。

マーケットビジネスや金融フロントの情報が多い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、不動産や保険ビジネスにも精通しているという特徴もあります。

証券や銀行ビジネスへの転職を目指す人に、おすすめの転職エージェントです。

16:マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェントは、独占求人が多いエージェントです。

銀行や不動産、証券、保険などさまざまな業種に精通している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、転職成功のノウハウを保有している特徴もあります。

2回目の転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

17:ヤマトヒューマンキャピタル

ヤマトヒューマンキャピタル

ヤマトヒューマンキャピタルは、経営やファイナンス領域に特化したエージェントです。

転職未経験者へのサポートが充実している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、転職をしたことで収入をアップさせられた人がいるという特徴も挙げられます。

面接や書類対策を徹底してサポートして欲しい人におすすめの転職エージェントです。

18:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、公開している求人の他に、非公開求人が多数揃っているエージェントです。

ハイクラス転職において、信頼性の高い国家資格を持つキャリアパートナーに相談できる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、採用平均年齢は約37歳のため、30〜40代の転職に適している特徴もあります。

1,000万円前後の年収を目指したい人におすすめの転職エージェントです。

19:Goodfind Career

Goodfind Career

Goodfind Careerは、起業精神あふれる若い才能の転職を支援するエージェントです。

企業ごとの分析に長けているサイトなため、細かい情報を入手できる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、ベンチャー企業に精通している特徴もあります。

今すぐ転職しない人の面接練習にも対応しているため、今後転職する可能性がある人におすすめの転職エージェントです。

ハイクラス向けヘッドハンティング型転職サイト3選

ハイクラス向けヘッドハンティング型転職サイトは、信頼性の高い企業が運営しているという特徴があります。ここからは、安心して登録できるヘッドハンティング型転職サイトを3つ紹介していきます。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
ビズリーチ127,000全国年収1,000万円以上の人から支持を得ている管理職やハイクラスに強い
キャリアカーバー70,000全国年収500万円以上を目指すハイクラスや管理職に強い
iX転職非公開全国年収800万円以上を目指す希少性の高いハイクラス求人

1:.ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、エグゼクティブ(企業の上級管理職)を目指す人におすすめなエージェントです。

30〜40代の転職を考えている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらにスカウト機能があるため、自分から動くのが苦手な人も活用しやすいという特徴もあります。

7万件前後の求人があるため、高収入を狙いたい人におすすめの転職エージェントです。

2:キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、株式会社リクルートが運営しているハイクラス転職エージェントです。

年収800〜2000万円の求人を多数用意している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、会員登録をすれば後はスカウトを待つだけのため、他の転職エージェントと並行して使えるという特徴もあります。

いくつかの転職エージェントからサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

3:iX転職

iX転職

iX転職は、パーソナルグループが展開している信用性の高いエージェントです。

年収800万円以上を目指せるエグゼクティブ系の求人が揃っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに無料で通年使えるため、登録も簡単にできるという特徴もあります。

スカウト型の転職支援サイトを活用したい人におすすめの転職エージェントです。

ハイクラス向け転職に転職エージェントを使うメリット3つ

ハイクラスの転職エージェントを利用することは、あなたの転職活動を進める上で有利に働きます。

どのようなメリットがあるのか具体的に知っておきたいという人のために、ここからは転職エージェントを使うメリットを3つ紹介していきましょう。

1:経験豊富なプロの手厚いサポートを期待できる

経験豊富なプロがサポートしてくれることが、ハイクラスの転職エージェントを利用する大きなメリットといえます。

重要ポジションに関する求人情報は、一般公開すると企業側にリスクがあるため、専門知識が豊富なエージェントから聞くシステムがとられています。
ハイクラス求人を閲覧しつつ、転職先を決めるなら転職エージェントへ登録しましょう。

2:非公開求人情報の紹介も期待できる

ハイクラスの求人は一般的に出回りませんが、転職エージェントを使うと非公開の求人も閲覧できるでしょう。

個人的に探すだけでは限界があるため、無料で登録できるサイトを使ってあなたに合った求人を探しましょう。
企業ごとに企業戦略や経営戦略を細かく把握しておかないと、転職先を勝ち取りにくいため、そういった情報を得られることもメリットです。

3:内定後の企業との交渉を助けてくれる

ハイクラスの求人に記載されている年収は基本的に高額ですが、交渉次第で大きく変わります。

転職エージェントがあなたに代わって年収を交渉してくれるため、より良い条件で働けるのもメリットのひとつです。
自分の希望を細かく伝え、あなたに合った条件で働けるようにしてもらいましょう。

ハイクラス向け転職エージェントに依頼する時の注意点7つ

転職エージェントを利用する際は、言われた通りにしていればいいというわけではありません。どのようなことに注意すればいいのかを知っておきましょう。ここからは、転職エージェントを使う際の注意点を7つ紹介していきます。

  • 自分のメリットを強調はしても嘘はつかない
  • 担当アドバイザーの適性・相性は入念に確認する
  • いい転職先にはすぐ転職したいと伝えておく
  • エージェントが作る推薦文に目を通し確認する
  • 担当アドバイザーにこまめに連絡する
  • 同一企業への応募に複数転職エージェントを使わない
  • 企業の紹介があった時は評判・口コミをチェックする

1:自分のメリットを強調はしても嘘はつかない

いい条件の転職先に就きたいと思うのは自然な感情ですが、自分の条件で嘘をつくことはやめましょう。

正確な経歴とスキルを伝えることであなたに合った転職先を選んでもらえるため、転職後に仕事が長続きしやすいでしょう。
選考過程で見抜かれてしまうというリスクがあるため、高度なスキルや資格を習得してから転職しましょう。

2:担当アドバイザーの適性・相性は入念に確認する

転職エージェントは、人によって持ってくる求人や面接へのアドバイスなどが異なります。

転職を希望する相性も大切ですが、それ以前に転職エージェントとの相性も大切です。
あなたの条件や希望に合っていない求人を紹介されることもあるため、大切なキーワードを具体的に伝え、適性や相性を念入りに確認しましょう。

3:いい転職先にはすぐ転職したいと伝えておく

「条件のいい会社があれば転職したい」と転職エージェントに伝えていると、長期戦になってしまう可能性が高いです。

「合う条件の会社があればすぐに転職したい」と伝えておくことで、手際よくサポートしてもらえます。
「いずれ転職できれば」といったようなニュアンスで希望を伝えないようにしましょう。

4:エージェントが作る推薦文に目を通し確認する

推薦文に目を通すことで、転職エージェント側があなたのことを企業へどのように売り込むのかを知ることができます。

積み上げてきた経験やスキルを正確に推薦文に記載してあるか、棚卸した経験や経緯に食い違いがないかを確認しておいてください。
推薦文を書いてもらう際は、具体的にアピールできるポイントをすべて伝えておき、取捨選択は転職エージェントに任せましょう。

5:担当アドバイザーにこまめに連絡する

転職エージェントからは、定期的な連絡が入ります。

その連絡をよく読み、毎回返信を欠かさないことで、転職活動を進めていく上での認識の不一致を減らせるでしょう。
希望する条件や前職での不満、譲れないポイントなどを具体的に話しておいてください。

6:同一企業への応募に複数転職エージェントを使わない

よりよい転職活動をするためには、1社の転職エージェントだけではなく複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

しかし違う転職エージェントから、同一の企業にエントリーしないように気を付けてください。
内定がもらえたとしても取り消しになる可能性があるため、転職エージェントを利用する際のルールは守りましょう。

7:企業の紹介があった時は評判・口コミをチェックする

転職エージェントは各企業の情報を網羅しているわけではないため、企業情報をそのまま受け取るのはよくありません。

企業の口コミサイトを見て、実際にその企業で働いている人の評判や口コミを確認しましょう。
OpenWorkやLighthouseなどのサイトを活用して、社員や元社員の意見を参考にしてみてください。

企業面接でよく聞かれる4つの質問と答え方のコツ

転職活動に慣れている人はほとんどいないため、面接でどのようなことを質問されるのか不安に感じていることでしょう。ここからは転職エージェントに登録し、求人からのエントリーで面接まで進んだ場合のよく聞かれる質問を紹介していきます。

1:自己PR

自己PRは転職活動でも、一般的な就職活動でも最初にすることです。

氏名を名乗り、職務経歴を1分程度で話すのは一般的な就職活動と同じなため、伝わりやすい簡潔な文章で答えましょう。
自己PRの際は表情や語調に気を付ける必要がありますが、自然体で話すことで企業と相性が良いかを判断してもらえるでしょう。

2:転職理由

転職をする本当の理由がネガティブでも、嘘はつかずに伝えるのがおすすめです。

そのままを伝えるだけではマイナスな印象になるため、「○○に不満があったため、△△を実現できず辞めた」というように、自分がどうしたかったのかも伝えましょう。
不本意な退職でも、今後のスキルアップを考えて辞めたという印象になるような伝え方をしてください。

3:転職活動状況

転職活動状況を聞かれることも多いため、正確に答えられるように状況をまとめておきましょう。

転職がどの程度順調かだけではなく、これまでの職歴で培ってきたスキルや経験も質問されるでしょう。
アピールしてプラスになる部分だけを答えて、いい印象を持ってもらえるようにしましょう。

4:前職での成果

面接で前職の成果を直接聞かれることもあれば、志望理由に織り交ぜる形で伝える場合もあります。

どちらの場合も「前職で培った〇〇を活かして、△△を専門とする御社での業務に対し、□□として貢献していければと考えております」のように、企業での業務にどう生かせるかを話しましょう。
前職で磨いたスキルを活かせることを、具体的な理由をつけて伝えてください。

自分の希望に合った転職エージェントを見つけてハイクラスに挑戦しよう

求人をたくさん掲載している転職エージェントは、どれを選べばいいのか悩むところでしょう。

求人数だけではなく、応募できる企業のエリアはどこか、どのような求人に強いかなどを把握し、比較してから登録先を決めると転職活動がうまくいきやすいといえます。
これまでの職場を離れ、ハイクラスに挑戦するためにも、手厚いサポートを受けられるサイトを選んでください。