Webマーケティングの転職エージェント10選|未経験者の転職についても解説

就職|転職

この記事では、Webマーケティング業界の転職について紹介します。

働き方によっては収入が大幅にアップを見込める場合もあり、未経験でも需要があるでしょう。転職エージェントをうまく使うことで、情報収集や面接対策のサポートを受け、Webマーケティングへの転職を成功させられるでしょう。

未経験者でもWebマーケティング業界に転職できる?

転職を考えている人の中には、Webマーケティング業界に興味を持っている人も少なくないでしょう。Webでの集客は注目を集めており、採用ニーズは十分にあります。

結論から言うと、業界未経験でもWebマーケティング業界に転職は可能です。今回は、どのように転職を成功させるのか、ポイントを押さえて説明していきます。

Webマーケティングへの転職について前提知識3つ紹介!

Webマーケティングは、その名前の通りマーケティングをWeb上で行うことが仕事です。Webサイトを訪れる人数を増やしたり、ユーザーがより満足するような企業戦略を考えたりします。

転職事情について説明する前に、まずはWebマーケティング業界の基本情報を紹介していきます。

  • Webマーケティングの職種6つ
  • Webマーケティングへ転職のメリット3つ
  • 収入はどれくらい?

1:Webマーケティングの職種6つ

Webマーケティングの仕事は、具体的な手法によって職種が分かれています。それぞれのジャンルで勉強すべき内容は異なります。また、Webマーケティングは多様化を続け、データ分析に用いる手法やツールは新しいものが続々と発表されています。

そのため、どの職種を選んでも学び続けることが必要です。ここから、Webマーケティングの6つの職種を紹介していきます。

1:コンテンツ制作

Webサイトを作成したり、既存のサイトにコンテンツを追加したりすることが仕事内容の職種です。

サイトを作る目的を達成するためにどのようなコンテンツがあれば良いかを考え、それを実現します。今の世間のニーズや流行をベースに、コンテンツの改善を検討していきます。

サイト作成に関与しているメンバーとコミュニケーションを取りながら、より良いWebコンテンツを企画・制作します。

2:SEO

SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字を取ったものです。Webサイトの集客を改善するために検索エンジンを最適化します。ターゲットユーザーが求めている情報や行動を想定し、キーワード検索で上位表示されるように対策します。

検索結果で上位になるには、ユーザーが求めるコンテンツを含むサイトを制作する必要があります。加えて、SEO対策にはWebサイトの構造の理解やセキュリティー対策といった技術も求められます。

3:広告

Webサイト上に掲載している商品やサービスの購入や自社サービスへの登録を促すためには、Webサイトを作るだけでは不十分です。

コンバージョンを増やすためにリスティング広告という方法があります。これはユーザーがキーワード検索をしたときに、そのキーワードに関連する広告を表示させるものです。

ニーズに合った広告が表示されるので、ユーザー誘導が効果的になります。

4:メルマガ

メールマガジンを上手に活用することでサイトのコンバージョンを高めることも、重要な仕事です。まずは多くの人にメルマガ登録を促し、登録者に対して定期的にメールを配信します。

配信の内容に加え、読みやすさにも注意が必要です。登録後に配信解除されることを防ぐため、クーポン配布等でユーザーに読みたいと思ってもらいましょう。読んでもらいやすいような配信時間の工夫も有効です。

5:SNS

SNSを使って情報を発信することも、Webサイトの集客を増やしコンバージョンを高めることに有効です。SNSから商品やサービスを知ってもらい、そこから自社サイトへ誘導します。

SNSの種類はLINE、Twitter、Facebook、Instagram等と様々です。ターゲットによってよりリーチしやすいSNSは違っているので、目標を決めてSNS運用していくと良いでしょう。

6:UI・UX周り

UIとはユーザーインターフェース、UXとはユーザーエクスペリエンスの略です。これらを改善することで、ユーザーにより良いサイト構築と集客が実現できます。

UIはコンピューターとユーザーとの境界であり、サイトのデザイン等がこれに該当します。UXはユーザーが得る経験のことであり、サイトの分かりやすさや使いやすさ等が例に挙げられます。

UIやUXが少し異なるだけで、ユーザーが受ける印象は大きく異なり、それはそのまま集客に繋がっていきます。

2:Webマーケティングへ転職のメリット3つ

Webマーケティング業界は、とても幅広くWebのことを扱います。一見難しそうですが、このような業界へ転職することにはメリットがあり、多くの人が転職を希望しています。

ここでは具体的に3つのメリットを紹介します。

1:未経験でも採用されやすい

Webマーケティング業界は必要な知識や技術が多い反面、未経験でも広く受け入れてくれる会社が多いのが特徴です。

Web業界は変化が大きく、会社の成長も著しい分野です。その分最新の知識も必要となるので、学ぶことさえできれば未経験でも歓迎されています。基本のやり方だけ覚えて、後は最新の手法を取り入れることが重要です。

未経験でも応募が可能なWebマーケティングの求人は多く出ています。

2:需要がある

インターネット上での集客が主流となり、ほとんどの企業がWebサイトを持ってインターネットで集客やプロモーションをしています。それに伴い、Webマーケティングに携わる人間も必要となってきます。

インターネット広告の成長が伸びれば、Webマーケティングに関わる職の採用も増加します。Webマーケティング業界は人材不足の状況にあるため、転職しやすいのがメリットです。

3:独立や起業しやすい

Webマーケティングは、独立をしやすい業種です。正社員よりも副業や独立の方が稼ぎやすいということもあり、独立している人が多く存在します。これは、正社員として雇う固定費を削減したい会社が多くあるからです。

全くの未経験からの起業は、分からないことが多くハードルが高いため、転職してスキルを身につけた後に、独立や起業を目指すと良いでしょう。

3:収入はどれくらい?

一般に、Webマーケティングの転職における年収およそ300~800万円が相場となっています。Webマーケティングを仕事にする場合はWebを専門に行う会社もあれば、広告代理店等での勤務もあります。その業界によっても年収は異なります。

また、同じ業界でもマネージャー等の役職につくと一気に年収アップが期待できるでしょう。

Webマーケティングでおすすめな転職エージェント10選

Webマーケティングにこれから転職しようと考えている人は、転職エージェントの活用をおすすめします。転職活動を失敗しないためにも、自分に合ったエージェントを見つけることが重要となってきます。

ここからは、厳選して10の転職エージェントを紹介します。Webマーケティング業界に転職する前に、ぜひ参考にしてください。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビエージェント約50,000件全国20代に信頼されている転職エージェント求人の約60%がIT・メーカー
リクルートエージェント公開 124,122件 非公開 187,372件 約300,000件全国+海外好条件転職"IT/メーカー・営業/事務 "
ワークポート42,940件(非公開含まず)全国+海外(ソウル)職種・エリアに特化した総合転職エージェントITやWeb系の求人に強い
デューダ公開65,930件全国+海外求人紹介量の多さ幅広い業界をカバーしている
マイナビクリエイター3,811件東京+愛知+大阪+福岡キャリアアドバイザーの存在Web・ゲーム関連職“専門”の転職支援サービス
ウェビスト7,658件全国+海外Web・広告・出版業界に特化した求人情報サイト・就業支援サービス大手・有名企業の求人が豊富
ギークリー公開10,982件 非公開13,000件以上主に東京23区内IT・Web・ゲーム業界に特化これまでの経験を全て分析し、Geeklyならではのマッチングを実現
マスメディアン3,143件全国専門分野で圧倒的な求人数マーケティング・クリエイティブ職種に強み
レバテックキャリア14,185件全国プロによる抜かりない企業別対策IT・Web業界のエンジニアやデザイナーの転職情報多数
マーケティング転職.com1,717件全国グローバル企業からベンチャー企業まで幅広い求人を掲載マーケティング職の求人に特化

総合型の転職エージェント4つ

転職エージェントの総合型では、Webマーケティングに限らないすべての業界の求人を扱っています。総合型の転職エージェントを利用することで、Web業界以外でのWebマーケティングの求人が見つかりやすくなり、転職の選択肢が広がります。

ここで、4つの総合型転職エージェントを紹介します。Webマーケティング業界への転職活動の際には、最低1つ登録しておくことがおすすめです。

1:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、若者からの信頼がある総合型転職エージェントです。

運営は新卒サポートで人気の高いマイナビが行っています。未経験者に対しても親身になって転職サポートしてくれるのが特徴です。

夜間や土曜日の相談も実施しているので、仕事を続けながらの転職活動もしやすくなっています。面接対策もしっかり対応しており、全国各地にオフィスがあるため利用しやすいエージェントです。

若者を始め、様々な人におすすめの転職エージェントです。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開を含め20万件以上の求人を扱う、国内でも大規模の転職エージェントです。

業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポート体制がしっかりしており、求職者にマッチした求人紹介が可能です。

転職サイトのリクナビNEXTも使うと、情報収集がスムーズに進むため、併せて検討してみてください。

業界の未経験者・経験者のどちらにもおすすめの転職エージェントです。

3:ワークポート

ワークポート

ワークポートは、求職者それぞれに専任の転職コンシェルジュがついてくれるエージェントサービスです。

元IT業界専門の転職エージェントであったため、今もIT・Web業界に強く、未経験でも応募できる求人が多くあるのが特徴です。

転職エージェントへの連絡、履歴書作成、応募等あらゆることがWeb上でできます。同じくWeb上で、面談の進捗管理ができるのも便利な点となっています。

未経験の人にもおすすめの転職エージェントです。

4:デューダ

doda

デューダは、パーソルキャリアが運営する、業界でも多くの求人数を持つ転職サイトです。

デューダエージェントは同様に、大きな転職エージェントとなっています。求人数が多いため、自分に合う会社に出会える可能性も高まります。

転職サイトと転職エージェントの両方を活用することで、一貫して同じデューダのサービスを利用した転職活動ができます。

様々な人におすすめの転職エージェントです。

特化型の転職エージェント6つ

総合型の転職エージェントに対し、業界特化型の転職エージェントがあります。特化型は、特定の業界に関する求人を主に扱っているエージェントです。

業界専門のキャリアアドバイザーがいるため、その業界ならではの情報をしっかり押さえたいと考えている人に特化型がおすすめです。ここでは、特化型の転職エージェントを6つ紹介します。総合型転職エージェントと併せて、利用を検討してみてください。

1:マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、マイナビが運営しているWeb業界に特化した転職エージェントです。

ITやWeb、ゲームといった分野に特化しています。

IT業界を経験したアドバイザーからサポートを受けられるので、転職に有利な情報を獲得できます。また、ポートフォリオの作成ツールを使えるという特典がありおすすめです。業界未経験であっても、ポートフォリオをしっかり作ることで選考が進む可能性が高まります。

未経験の人であってもおすすめの転職エージェントです。

2:ウェビスト

ウェビスト

ウェビストは、株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するエージェントです。

Web業界や広告・出版業界に特化しています。

正社員以外の求人も取り扱いがあるので、自分のスタイルにあった働き方を目指している人にもおすすめです。扱っている求人は大手を多数含みます。

未経験向けの求人も豊富なので、これから挑戦していきたい人に合っていると言えるでしょう。

3:ギークリー

ギークリー

ギークリーは、IT・Web・ソーシャルゲーム業界を専門に扱っている転職エージェントです。

この業界についての知識が少なく転職に不安があっても、ギークリーを利用することで充実したサポートを受けられるでしょう。

そのため、転職の成功に近づけるでしょう。

様々な人におすすめの転職エージェントです。

4:マスメディアン

マスメディアン

マスメディアンは、Webマーケティングの中でも特に広告・Web・マスコミの求人に特化した転職エージェントです。

運営しているのは株式会社マスメディアンで、4か所に拠点があります。

業界に精通したアドバイザーがいるため、持っているスキルや経験と企業の事情を照らし合わせたサポートを受けられます。応募の際に必要なポートフォリオの作成にもアドバイスしてもらえます。

ポートフォリオの完成度を高めることも期待できるでしょう。

5:レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、レバレジーズが運営する転職エージェントであり、ITエンジニアやデザイナーに特化しています。

こちらはWeb系とシステム開発系の両方をカバーされています。

IT業界を経験したアドバイザーがおり、面接対策を受けることができます。

非公開求人も多数あるので、年収やキャリアの向上を見込んで転職したい人にもおすすめできます。

6:マーケティング転職.com

マーケティング転職.com

マーケティング転職.comは、JACリクルートメントが運用している、マーケティング職を専門とした転職エージェントです。

求人はWebマーケティング職がほとんどを占めているため、マーケティングに興味のある人におすすめできます。

マーケティング業界の最新の動きにあわせた充実のサポートを受けられます。

マーケティングに興味のある人におすすめの転職エージェントです。

未経験からWebマーケティングへの転職に関する知識4つ紹介!

最初に説明した通り、Webマーケティングは対応する領域が広いのが特徴です。そのため、Webサイトの改善だけでもやろうと思えば仕事はあらゆるところにあり、自分の希望とは違う箇所の担当になる可能性もあります。

Webマーケティング業界に転職したときに起こりかねないミスマッチを減らすために、転職を希望するときは事前に自分が目指す領域を把握しておくことが重要になります。

ここからは、業界を知らない未経験者でもWebマーケティング業界への転職を成功させるために役立つ知識を紹介していきます。

  • 転職希望の分野を事前に把握する
  • 事前にSNSやSEOなどを学ぶ
  • 専門的な知識がある転職エージェントに相談する
  • ベンチャーに入って経験を積む

1:転職希望の分野を事前に把握する

Webマーケティングと一言に表現しても、配属先の業態や配属部署、案件の内容等によってその仕事内容は大きく変わります。自分のイメージと乖離した転職結果を避けるためにも、事前に興味のある分野をしっかり調べておきましょう。

業態と職種によって、得られるスキルやキャリアパスが大きく異なります。

未経験で学びながら活躍できるのか、ある程度の経験を必要とするのか等を調べ、自分の人生設計と併せて希望の実態と食い違いがなくなるようにしておきましょう。

2:事前にSNSやSEOなどを学ぶ

全くの未経験であるより、少しでもSNSやSEOを学んでいる方が転職では有利になります。既にある程度の知識があることが、転職先に対してのアピールポイントになります。

実践しながら学ぶことで成果を少しでも得られていると、それはそのまま面接に使えて転職の成功率が高まります。

実績はなくても、勉強を自分でやれるというだけで業界へのやる気を示すことができるでしょう。

3:専門的な知識がある転職エージェントに相談する

転職エージェントは転職のプロであり、中でも特化型転職エージェントにいる人は、その業界に精通した高い専門知識を持っています。

知識を持った人に相談することで、転職前に具体的な就業イメージを持つことが可能になるため、ミスマッチを防止できます。Webマーケティング業界の情報を集めるためにも、転職エージェントの活用は重要です。

4:ベンチャーに入って経験を積む

Webマーケティング業界で働くために、まずはベンチャー企業に入るというのもコツです。ベンチャーで経験を積んだ後に実績を持って別の企業に転職すると、転職がうまくいきやすくなるでしょう。

ベンチャー企業はブランド力がなく、採用活動がうまく進んでいないところも多くあるため、未経験であっても採用の可能性が高まるのです。

自分に合った転職エージェントを見つけよう!

Webマーケティング業界への転職を成功させるためには、知って置いた方が良い知識を紹介しました。情報収集をうまく行うためにも、転職エージェントを活用していきましょう。

それぞれのエージェントには異なる特徴があります。複数のエージェントに登録したら、特徴を比較し、自分に合うエージェントを見つけて、転職活動に役立ててください。