29歳のフリーターの就職活動がラストチャンス【30歳は難しい】

ニート・フリーター
  • 30歳になる前にフリーターから正社員になりたい
  • 29歳までフリーターをしていて就職する方法が分からない
  • 29歳のフリーターから就職をする方法を知りたい

こんな疑問に答えます。

29歳までフリーターを続けて、30歳になる最後の年に就職を考え始める人も多いのではないでしょうか。

本記事では、29歳のフリーターが就職活動をやっておくべき理由やメリット、30歳になった時の危険性などについて、網羅的に解説しています。

この記事を読めば、29歳のフリーターが就職する方法を知ることができますよ。

29歳のフリーターが就職活動する3つのメリット

29歳のフリーターが就職活動する3つのメリット

まずは、29歳のフリーターが就職活動する3つのメリットを紹介していきます。

これから就職活動を始めようとしているのであれば、メリットを知っておきましょう。

正社員になりやすい最後の年齢

20代は若手の扱いになり将来性もある為、正社員になれる可能性が高いです。

30歳になれば、育成しても活躍できる期間が少ないので、即戦力として活躍できる人材で無ければ正社員になるのは難しいでしょう。

29歳と30歳で印象は大きく変わるので、正社員を考えているのであれば、今すぐ就職活動を始めることをおすすめします。

ポテンシャル採用される最後の年齢

29歳であれば、ポテンシャル採用をされる可能性があります。

ポテンシャル採用とは、潜在的な能力を重視して将来性を見込んでの採用のことで、未経験でも積極的に採用される可能性が高くなります。

フリーターであれば、即戦力の採用を目的とした中途採用には合格できないので、ポテンシャル採用を行っている企業にエントリーシートを送りましょう。

ポテンシャル採用をしている企業の多くは、業務に今までも経験があまり関係しない業界で、営業職や単純労働系の仕事に多く存在します。

30代になればポテンシャル採用の年齢から外れてしまうので、就職を考えているのであれば、今すぐ就職を狙いにいきましょう。

給料や生活が安定する

正社員になれば、仕事も給料も安定して生活が一気に変わります。

フリーターはシフト制で働いている人が多く、他のバイトとシフトを競い合うので、給料が月によって大きく変わります。

一方正社員はシフト制ではなく固定給なので、確実に決められた収入が給料日に入ります。

加えて昇給やボーナス、退職金などを考えると使えるお金も増えて、フリーター生活より安定するのは明白です。

決められた時間に出勤して働かなければいけないので生活の自由度は低くなりますが、安定性を踏まえると大きなメリットと言えるでしょう。

29歳のフリーターが就職しておかないといけない3つの理由

29歳 フリーター 就職

正社員になるメリットを知って頂いたので、29歳の間にフリーターから就職しておかなければいけない理由を、3つに厳選して紹介しておきます。

29歳のフリーターが就職しておかないといけない3つの理由

体が動かなくなる

フリーターは時給制で立場も低いので、ひたすら働き続けなければいけません。

会社員だと役職が上がるにつれてマネジメントする立場になるので、責任は上がっていきますが事務所にいることが多く、体への負担は少なくなります。

一方フリーターだと、年齢に関係なく学生と同じように働かなければいけないので、段々厳しいと感じるようになるでしょう。

正社員が体を壊すと保険や保証を多く受けることができますが、フリーターだと生活するのが困難な金額しか得られません。

将来のことを考えると、どうしてもフリーターではなく正社員がおすすめです。

就職が一気に難しくなる

20代の間に転職活動を行わなければ、30歳になると一気に就職活動が難しくなります。

30代になればポテンシャル採用が無くなり、同期も経験やスキルを付けてステップアップを目指して転職活動をするので、未経験のフリーターが就職できる可能性は一気に低くなります。

そのため、30代のフリーターから就職するのは、非常に困難と言えるでしょう。

年齢が若いだけポテンシャル採用をされる可能性が高くなるので、20代の最後である29歳の間に就職活動を行うべきですね。

同期との差が広がる

30代になってもフリーターを続けていたら、同期との差は広がっていきます。

同期の新卒の給料は20万程度で、アルバイトとほとんど変わらない場合もありますが、30代になれば役職も付いて昇給している可能性が高いです。

同期はどんどん給料や立場が上がっているにも関わらず、フリーターは学生と同じような時給で働き続けていれば、差は広がっていく一方でしょう。

今まで一緒に遊んでいた同期と引目なく関わりたいのであれば、フリーターから正社員になることをおすすめします。

29歳フリーターのよくある2つの勘違い

29歳フリーターのよくある2つの勘違い

29歳のフリーターで、自分に対して嫌悪感を抱いて就職を諦めている人も多いでしょう。特に嫌悪感を抱くのが「年齢」と「学歴」です。

次に29歳フリーターのよくある2つの勘違いについて解説します。

29歳は年齢が高い訳ではない

29歳という年齢は、世間から見ると高齢ではありません。むしろ、未経験でも就職できるギリギリの年齢なので、若者扱いになります。

ほとんどの人が大学を卒業して正社員になるので、29歳で初めて就職するのは難しいと考えられていますが、まだまだ若い年齢なので十分に可能です。

年齢が高いという理由で就職活動をしないのは、非常に危険になります。29歳であれば間に合うのに、30歳になれば一気に就職が難しくなるからです。

そのため、今が本当に最後のチャンスだと言えるでしょう。

29歳の就活に学歴はあまり関係ない

学歴が関係してくるのは、新卒採用です。中途採用や第二新卒の採用になれば、学歴ではなく今までの経験や実績が評価されます。

つまりフリーターとして働いていた職歴が大きな評価対象になるので、学歴がなくても大きな影響はありません。勿論、学歴を重視する企業もありますが、多くはないので大丈夫です。

学歴が不安で就職活動をしないのは非常に勿体ないです。29歳のフリーターは学歴を心配する必要はないので、今すぐ就職活動を始めましょう。

29歳のフリーターが正社員になるために利用するべき2つのサービス

29歳のフリーターが正社員になるために利用するべき2つのサービス

今までの記事を読んで、29歳のフリーターから正社員になりたいと感じた人も多いでしょう。

29歳のフリーターでも就職できると書きましたが、勿論策なしでは上手くいかないので、既存のサービスを上手く活用していくことが大切です。
そこで、就職活動をサポートしてくれる便利なサービスを2つ紹介します。
29歳のフリーターが正社員になるために利用するべき2つのサービス

ハローワーク

ハローワークとは、国が運営している団体で、職業を紹介してくれる施設です。

仕事に困っている人の多くが利用しているので、フリーターの方も積極的に使って企業の紹介を受けてみましょう。多くの企業が求人を出しているので、就職できる可能性も広がります。
それだけでなく、就職活動に役立つセミナーなども行っているので、活用してみると良いでしょう。

転職エージェント

次に転職エージェントです。電車の広告に多く掲載されていますが、基本的に下記の対応を無料で行ってくれます。

  • 求職者の希望に合う企業の紹介
  • 面接の対策
  • 履歴書などの提出書類の添削

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-12-01
上記にフリーターに特化した転職エージェントについて纏めていますので、是非確認してみて下さいね。

まとめ

この記事では、29歳のフリーターの転職活動について徹底解説していきました。

本記事を読んで、正社員になりたいと感じた人は多いでしょう。最後に、29歳のフリーターが正社員になる為に利用するべきサービスを纏めておきます。

29歳のフリーターが正社員になるために利用するべき2つのサービス
  • ハローワーク
  • 転職エージェント