転職エージェントが怖い人必見!理由や6つの対処法もあわせて紹介!

一般転職

転職エージェントを利用するのは、怖いと感じる方もいるでしょう。なぜ、怖いと感じるか知ることで不安を和らげることができます。また、こちらの記事では、怖い担当者への対応法も記載しているため、参考にして転職エージェントを上手く活用しましょう。

転職エージェントは怖いって本当?

転職エージェントは、転職サイトとは違い転職のプロが企業との仲介役になってくれるものです。転職サイトしか使ったことのない方にとっては、転職エージェントに怖いイメージを持っている方もいるでしょう。

転職エージェントは転職を成功させて報酬を得ることが目的のため、それを理解した上で登録することが重要です。

転職エージェントを活用することで、自分にぴったりの企業が見つかる可能性があります。

使おうかどうか悩んでいる方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

転職エージェントが怖い6つの理由

転職エージェントが怖いと感じてしまう、6つの理由をご紹介します。無料で利用できることや強引なところに不安を覚えてしまうことがありますが、転職エージェントの目的を知ることで納得することができるでしょう。

何となく怖いという理由で遠ざけてしまわずに、本当に転職エージェントが怖いのか、その理由をチェックしてみましょう。
  • 無料で相談できることが怪しい
  • 電話が頻繁にかかってくる
  • 面談で話を聞いてくれない
  • 面接が圧迫的で話しにくい
  • 希望条件に合わない会社の入社を強要される
  • 求人を勧めるのが強引すぎる

1:無料で相談できることが怪しい

1つ目は、無料で相談できることが怪しいという点です。無料の裏には何かありそうで不安に思う方もいるでしょう。しかし、転職エージェントは転職に成功すると企業から報酬を得る仕組みになっています。

そのため、多くの方に活用してもらえるように転職希望者には無料になっています。

転職者がすぐに退職してしまうと、エージェント側が企業に返金しなければならないところもあります。

無料だから適当な対応をされるというわけではありません。

2:電話が頻繁にかかってくる

2つ目は、転職エージェントから電話が頻繁にかかってくる点です。

電話が苦手な方にとっては、電話連絡が多いとうんざりしてしまうことがあるでしょう。転職エージェントは転職を成功させようと必死のため、電話の回数が多くなってしまうことがあります。

電話がしつこいからといって無視していると、求人情報を教えてくれる優先順位が下がってしまう可能性があります。

3:面談で話を聞いてくれない

3つ目は、面談で丁寧に話を聞いてくれないことがある点です。担当者にノルマが課せられている場合、内定を出すことに必死になってしまっている可能性があります。

全ての担当者がそうというわけではありませんが、話を聞いてくれない場合は、ノルマ達成のことばかり考えている可能性があるため、注意が必要です。

4:面談が圧迫的で話しにくい

4つ目は、面談が圧迫的で話しにくいと感じてしまう点です。初めて利用する際は「転職エージェントから高圧的な態度をとられるのではないか」と心配になってしまう転職希望者もいます。

面談で委縮すると、自分の希望に沿うような転職先を見つけるのが難しくなってしまうでしょう。

5:希望条件に合わない会社の入社を強要される

5つ目は、自分の希望条件に合わない会社の入社を強要されてしまう点です。担当者がノルマを達成することに必死になっている場合、希望条件に合わない企業を紹介されたり、入社を勧められたりしてしまう可能性があります。

自分の希望条件に合わないのであれば、担当者に従って入社する必要はありません。
ミスマッチを防ぐためにも、勧められるままに受けるのではなく、自分で企業について調べることが大切です。

6:求人を勧めるのが強引すぎる

6つ目は、求人の勧め方に強引すぎるところがあるという点です。

「これほどの好条件はもう他にありませんよ」など、次がないかのように勧められる場合は注意が必要です。

本当に自分に合っているかどうかは、最終的には自分で判断するしかありません。

話にのせられて、希望条件ではないのに受けてしまうことがないようにしましょう。

怖い担当者への対処法7選

転職エージェント自体は気に入っていても、担当者が怖いと活用しづらくなってしまうでしょう。ここでは、転職エージェントで怖い担当者に当たってしまった場合の対処法をご紹介します。

転職エージェントは、うまく活用すれば自分にぴったりの転職先を探す手助けとなってくれます。
様々なトラブルに対する対処法をご紹介しますので、転職エージェントに怖いイメージのある方は参考にしてみてください。
  • 転職エージェントの目的を知る
  • 連絡手段をメールにする
  • 面談時の説教はスルーして気にしない
  • 入社強要には内定辞退で対抗する
  • 別の担当者にしてもらう
  • 転職エージェントには強気な態度で対応する
  • 複数の転職エージェントを利用する

1:転職エージェントの目的を知る

1つ目の対処法は、転職エージェントの目的を知ることです。転職エージェントは、無料で担当者が付いて企業との仲介までしてくれます。しかし転職エージェントにとって求職者は客となり、企業から報酬を得ることで成り立っていることを覚えておきましょう。

転職を成功させることが重要であるため、時には強引に勧められてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

2:連絡手段をメールにする

2つ目の対処法は、担当者との連絡手段を電話ではなくメールにしてもらうことです。

緊急を要する場合は仕方ありませんが、そうでない時はメールにしておくと落ち着いて対応することができます。
連絡手段をメールにすることは、まだ現在の仕事を退職していない方にもおすすめです。
「仕事中に転職エージェントから電話がかかってきた」と慌てずに済みます。

3:面談時の説教はスルーして気にしない

3つ目の対処法は、面談時に説教されてもスルーして気にしないようにすることです。担当者によっては、求職者に対して説教してくる可能性があります。

担当者は転職を成功させるための仲介人ではありますが、決して求職者より立場が上というわけではありません。

また説教されたからといって、落ち込む必要もありません。せっかくの転職の機会を逃してしまわないためにも、面談時の説教は気にしないようにしましょう。

4:入社強要には内定辞退で対抗する

4つ目の対処法は、入社を強要された時は内定辞退をすることです。内定をもらったからといって、希望条件に合わないのに無理して入社する必要はありません。入社してから「やっぱり辞めたい」と途中退職する方が企業に迷惑をかけてしまいます。

入社するかどうかは求職者が判断することですので、担当者に入社をゴリ押しされてもそれを受ける必要はないでしょう。

5:別の担当者にしてもらう

5つ目の対処法は、担当者を変更してもらうことです。

希望の職種を紹介してくれない、強引に勧めてくるなど担当者との相性が悪い場合は、運営側に連絡して別の担当者にしてもらうことができます。
ただし変更をお願いする際は、なぜ変更したいのかしっかり理由を説明することが大切です。

 

同じような担当者になってしまうことを防ぐだけではなく、転職エージェント側に不信感をもたれないためでもあります。

6:転職エージェントには強気な態度で対応する

6つ目の対処法は、転職エージェントには強気な態度で対応することです。弱気な姿勢でいると、希望でない企業であっても強引に勧められてしまう可能性があります。

自分の中にしっかりとした希望条件があれば、担当者にもそれを伝えることが大切です。

7:複数の転職エージェントを利用する

7つ目の対処法は、1つの転職エージェントにこだわるのではなく、複数の転職エージェントを活用することです。実は、転職エージェントによって得意な職種やサービス内容などが違います。

現在使っている転職エージェントが合わないと感じた場合は、複数登録して様子を見てみるのがおすすめです。
豊富な求人から探すことができるため、自分の希望に合った企業が見つかる可能性が高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント4つ紹介!

転職エージェントには多くの種類があり、保有している企業の数や職種にも違いがあります。ここでは、おすすめの転職エージェント4つをご紹介します。

それぞれのポイントも説明していますので、どのエージェントを選べば良いか悩んでいる方は、参考にしてみてください。
サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビエージェント約50,000件全国20代に信頼されている転職エージェントIT・メーカー
JACリクルートメント約25,000件全国キャリアコンサルタントの質が高いミドル・ハイクラス
パソナキャリア約50,000件全国他社にはないマッチング力、サポート体制女性向け・ミドル・ハイクラス
リクルートエージェント約300,000件全国幅広い層に対応IT・メーカー・営業・事務

1:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、若手人材の転職に強みをもつエージェントです。

サポート内容が幅広い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、内定が出れば終わりというわけではなく、退職手続きなども教えてもらうことができるという特徴もあります。

履歴書の添削や面接対策も行ってもらえるため、転職活動に慣れていない方でも安心して利用できます。

20代や第二新卒におすすめの転職エージェントです。

2:JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス層向けのエージェントです。

過去の質問例などのノウハウを持っており、的確なアドバイスがもらえる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、独自のネットワークを海外にも持っているという特徴もあります。

外資系企業やハイクラスの転職を希望している人におすすめの転職エージェントです。

3:パソナキャリア

パソナキャリア

求人数が多いため、自分に合った企業が見つかる可能性があります。

パソナキャリアは、ミドル・ハイクラス層の転職に強みがあるエージェントです。

求人数が多い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、アドバイザーのサポートがしっかりしているという特徴もあります。

幅広い求人から転職先を選びたい人におすすめの転職エージェントです。

4:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、第二新卒から、ベテランの方まで幅広い層に対応できるエージェントです。

他の転職エージェントと比べても、多くの求人数を保有している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、面接対策も充実しているため、初めて転職する方も安心して活用することができるという特徴もあります。職務経歴書エディターを使えば、簡単に履歴書を作成することも可能です。

豊富な求人から選びたい人におすすめの転職エージェントです。

転職エージェントが怖い理由を知って対処しよう

本記事では、転職エージェントが怖いと感じてしまう理由や対処法などをご紹介しました。転職エージェントは、うまく活用すれば自分に合った企業を見つけるのに役立ちます。

転職エージェントは自分の代わりに転職先を探してくれるため、仕事をしながら次の転職先を探している方にもおすすめです。
怖いと感じた時の対処法を参考にしながら、ぜひ転職エージェントを役立てましょう。