求職者の転職エージェント利用に費用はかかる?利用する7つのメリット

一般転職

転職エージェントを使いたいけど、費用がかかるのではないかと心配に思う人もいるでしょう。こちらでは、転職エージェントのしくみや特徴、転職エージェントの費用などを説明していきます。

おすすめの無料エージェントと有料エージェントを両方紹介するため、転職を視野に入れている方は、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、登録した転職希望者に、キャリアアドバイザーがこれまでの業務内容等を詳しく聞いて掘り下げることで、その人の強みを引き出し、希望の条件の会社への転職を手伝ってくれる会社のことです。

企業ごとの特色、各企業が面接で重視するポイント、過去に評価・採用されている人の特徴などの情報を知ることができます。

転職活動が一人では難しいと感じる方におすすめのサービスです。

転職エージェントのしくみ

転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。

昨今、価値観やライフスタイルの多様化が進み、企業と求職者が求めるものも多様化してきています。それに伴い、転職市場も変化が激しくなってきています。

転職エージェントは、転職者一人ひとりの状況や悩みに寄り添ったサポートを展開しています。

企業と求職者の要望に応えるのが転職エージェントで、求職者には費用が掛からず、企業にも初期費用は掛かりません。

転職が決まると、企業側から転職エージェントに成功報酬が入ることにより、ビジネスモデルが成り立っています。

転職エージェントの特徴

転職エージェントでは、まず仕事選びの情報がもらえます。また、応募書類を添削してくれたり、面接成功のためのアドバイスや面接日程の調整、企業との条件交渉をしてくれるなど、転職に必要な手続きを代行します。

転職を考えてはいても、転職に対して不安になることがありますが、転職エージェントに登録しておくと、そういった不安や悩みの相談もすることができます。

「今転職することは正しいのだろうか」という迷いや、現在の会社を円満退職するための方法、家族に伝えるタイミングや上手な伝えかたなどの転職に関する悩みに対してアドバイスを受けることができるでしょう。

転職サイトと転職エージェントの比較

転職エージェントは、企業と求職者の間に立つ役割を担っています。エージェントが持っている求人の多くは非公開求人が多く、 転職エージェントに紹介してもらって始めて求人を閲覧したり、応募したりすることができます。

転職サイトでは企業からの求人を一般の人が閲覧可能にしています。
転職エージェントとの違いは、非公開の求人が多いか少ないかと言えるでしょう。

転職エージェントの費用

サービスが手厚い転職エージェントでは、費用が高くて一般の人には手が出せないのかというイメージを持ってしまう方もいますが、実際はそのようなことはありません。

転職エージェントは、転職希望者が登録しても企業から求人を預かっても、費用は発生しません。

無料で転職エージェントを利用できる理由

登録した転職希望者にも、求人を依頼した企業にも費用が発生しない理由は、転職希望者に内定が出て入社した時点で、採用した求人企業からコンサルティングフィーという名の成功報酬を受け取るためです。

成功報酬型で手数料が発生することから、企業側もリスクが低くなるため、エージェントに求人の依頼を行っています。

手数料などの費用を求められるケース

転職エージェントに登録するには費用がかかりませんが、ワンランク上のサービスに対しては費用がかかるエージェントもあります。

ワンランク上のサービスとは、これまでとこれからのキャリア全体の相談、転職成功までコーチングしてもらうなどのサービスのことです。

質の高いアドバイスでが欲しい方や、個別で丁寧なサポートを受けたい方は、有料サービスのあるエージェントが向いていることもあります。

おすすめの無料転職エージェント3選

費用はほぼかからないにもかかわらず、転職の味方になってくれるのが転職エージェントですが、一体どのようにエージェントを選ぶと良いのでしょうか。

ここでは、おすすめの無料転職エージェントをご紹介します。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビクリエイター約3,700件(公開求人のみ)東京+愛知+大阪+福岡ポートフォリオ作成などのサポートもしてもらえるWeb・ゲーム関連職
リクルートエージェント約300,000件全国好条件転職、 幅広い層に対応IT・メーカー・営業・事務
リーベルキャリア要問い合せ全国ユーザーのニーズにマッチする求人を送ってくれるIT業界

1:マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、マイナビエージェントが手掛けるエージェントのサービスで、コンサルタントのサポートが手厚いエージェントです。

キャリアコンサルタントが求職者の希望などを聞き、その人に合わせた適切なアドバイスをしてくれる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、マイナビグループの情報源の豊かさを活かし、大手上場企業をはじめ、将来性のある人気ベンチャー企業や、知る人ぞ知る隠れた優良企業まで、多彩な求人があるという特徴もあります。

Web・ゲーム・IT業界専門であるため、その業界に興味がある方やキャリアアップしたい人におすすめの転職エージェントです。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、有名なリクルートグループが運営しており、案件総数と内定決定数が国内上位の実績といわれている、大手総合転職エージェントです。

求人の数が多いため、他の転職エージェントで求人がない職種でも、リクルートエージェントでは求人を見つけやすい点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、リクルートエージェントでは、独自に会社からもらえる成功報酬を、入社後半年以内に退職してしまった場合は返金するという厳しいルールを定めているため、退社につながるような求人をすすめたり、納得のいかない転職をすすめたりすることが少ない傾向にあるという特徴もあります。

一般的に難しいとされている、地方での転職、40代・50代の転職を考えている人にもおすすめの転職エージェントです。

3:リーベルキャリア

リーベルキャリア

リーベルキャリアは、全国の人材紹介会社を「ネットワーク化」しています。

専属リクルーティングアドバイザーが対応してくれる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、求職者からの満足度が高いという特徴もあります。

10代後半から20代におすすめの転職エージェントです。

おすすめの有料転職エージェント3選

転職者には費用がかからないエージェントも多いですが、多少有料の部分があるエージェントもあります。

ここでは、おすすめの有料転職エージェントについて、3社ご紹介します。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
ビズリーチ約127,000件全国高年収求人を多数掲載管理職や専門職の求人に特化
マジキャリ全国(オンライン)無料キャリア相談ができる徹底的な自己分析をサポート
ポジウィルキャリア全国(オンライン)高品質なサポートを受けられる理想のキャリアを見つけ出す

1:ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、厳選を経たハイクラス求人が豊富で有名なエージェントです。

ヘッドハンターからスカウトが受けられる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、届くスカウトの質や内容で、自分の市場価値や向いている仕事の確認をすることもできるという特徴もあります。

高年収求人を探している人におすすめの転職エージェントです。

2:マジキャリ

マキジャリ

マジキャリは、専属のキャリアコーチが付き、2か月本気で向き合うコーチングが受けられるエージェントです。

徹底的な自己分析から始まるコーチングが大きな特徴といえるでしょう。

さらに、転職をせずに現職に残るという選択も残しながら、自分に最適なキャリアを追求することができるという特徴もあります。

〜な人におすすめの転職エージェントです。

3:ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアは、どう生きたいかを基にキャリア設計を行えるエージェントです。

キャリアトレーナ―は定期的に研修を受けた厳選されたトレーナーであるため、高品質なサポートを受けられる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、短期間での変化も目標としているため、一回ずつ質の高いキャリアトレーニングを受けられるという特徴もあります。

短期間で理想のキャリアを見つけたいという人におすすめの転職エージェントです。

転職エージェント以外の3つの転職方法

転職エージェントは、ここ数年で一般的になってきたサービスです。そのため、転職エージェントを使わないと転職できないわけではありません。

ここでは、転職エージェント以外の転職方法についてもご紹介します。

  • ハローワーク(公共職業安定所)
  • 求人媒体
  • 会社説明会

1:ハローワーク(公共職業安定所)

ハローワークは自治体に設けられた公共の職業安定所で、無料で仕事の相談や紹介を受けることができます。

会社を辞めると離職票をもらえるため、それをハローワークに提出します。

雇用保険に入っていた場合は、雇用保険受給資格者証を発行してもらい、それぞれの条件に合わせて、雇用保険を受け取ることもできます。

このような退職関連の手続きで赴く場所でもあるため、ハローワークで次の仕事を探すのも1つの方法と言えるでしょう。

2:求人媒体

求人媒体は、以前は書店などに置いて有料で購入するものがメインでしたが、現在はフリーペーパーとして駅やコンビニエンスストアなどに置かれています。

また、ネット上でも複数の求人媒体のサイトがあるため、24時間いつでも応募ができるでしょう。

自分で求人をこまめにチェックする労力はいりますが、求人媒体を使う方法では、マイペースに転職活動をすることが可能となるでしょう。

3:会社説明会

転職したい業種や会社がある程度絞れている場合は、その会社のサイトをチェックして、直接会社説明会に出向くという方法もあります。

転職フェアなどに参加して、いくつかの会社とコンタクトをつなげることで、会社説明会から応募・面接へと進む方法もあります。

アドバイザーなど人の手は借りないため忙しくなりますが、熱意が伝わる、シンプルな方法です。

転職エージェントを利用する7つのメリット

転職エージェントを利用するメリットは、転職の成功確率が自力でやるよりも高くなることだといえるでしょう。

成功率が上がる理由は、プロの手を借りながら転職活動ができるためです。

それでは、転職エージェントを利用するにあたり、具体的にはどのようなメリットがあるのか、7つご紹介します。

  • 非公開求人
  • 企業の情報を教えてくれる
  • 書類を添削してくれる
  • アドバイザーからの助言
  • 企業に推薦してもらえる
  • 条件の交渉をしてくれる
  • 採用までのサポートをしてくれる

1:非公開求人

転職エージェントに登録すると、一般的な媒体にはない希少な求人情報を得ることができる点です。

これは企業がある程度的を絞った人に来てほしいからという理由で、転職エージェントに非公開求人として依頼しているものです。

非公開求人は条件が良いものも多く、さらに一般に公開されていないため応募倍率も低めであることから、良い案件に巡り合う可能性が高くなるでしょう。

2:企業の情報を教えてくれる

エージェントのキャリアアドバイザーは各業界に精通していることも挙げられますが、様々な業界の動きもチェックしています。

また、企業との窓口を担当する人事担当者と連携して業務を行っていますので、各企業の雰囲気など、他で知ることができない情報を教えてくれることも多いでしょう。

3:書類を添削してくれる

転職エージェントは、受けようとする企業が求めている人材の特徴を把握しているため、企業に受かるための「履歴書」と「職務経歴書」を作成するアドバイスができます。

また添削に加えて推薦状も作成してくれることがあるため、書類選考を通過する確率が自己で応募する場合と比べて高くなることがあります。

4:アドバイザーからの助言

転職エージェントに登録すると、最初にアドバイザーが求職者と面談をし、これまでの経歴やこれからの希望を聞いて掘り下げ、その人の強みなどを探っていきます。

その情報から求職者に合った企業を紹介し、その企業に対してどういったところを売りにして、どういったスキルを上げればいいのかをアドバイスしたり、履歴書の書き方や面接のポイントなどのアドバイスもしてくれます。

5:企業に推薦してもらえる

転職エージェントの報酬は成功報酬型であるため、転職者が就業するまで手助けをしてくれることが多いでしょう。

本当に合う企業が見つかった場合には推薦という形を取ることもあり、書類選考通過率を上げる努力をしてくれます。

普段の応募の際も、可能であれば推薦状を作成してもらうようにしましょう。

6:条件の交渉をしてくれる

転職する場合、まだ面接の段階や入社間もない会社に対して、給与交渉をするのはなかなか難しい場合が多いです。特に面接の場では、よほど自分に自信がないと交渉しにくいでしょう。

転職エージェントは、そのような交渉の難しさもよく理解しているため、求職者に代わって給与や休日などの条件面での交渉や、面接日時の調整なども行ってくれます。

7:採用までのサポートをしてくれる

転職エージェントは、契約している会社への就業が決まって初めて報酬が発生することもあり、求職者が紆余曲折あっても次の求人を紹介してくれることが多いでしょう。

採用までの道のりが長くても、きちんと最後までサポートをしてくれることが多いため、安心して転職活動をすることができるでしょう。

転職エージェントの費用についてのしくみを理解しよう!

非公開求人を見ることができたり、採用率が上がるなどのメリットがある転職エージェントへの登録は、特別な研修を含まない場合には利用が無料であることも多いです。

自分に合ったエージェントに登録することで、転職活動にプラスになることも多いでしょう。

転職を考えている方は、より良い転職ができるようエージェントの仕組みを理解し、利用を考えてみてはいかがでしょうか。