アパレル業界のおすすめ転職エージェント16選!利用するメリットは?

一般転職

アパレル業界に転職したいが自分では転職活動する自信がない人におすすめの転職エージェントを紹介します。また、転職エージェントを利用する際のメリットやコツについても解説します。

転職エージェントを初めて利用する方に向けての利用手順を説明しているため、ぜひ参考にして転職活動をより良いものにしましょう。

アパレル業界の転職事情とは

アパレル業界は、コロナ禍において、休業などを余儀なくされた影響で店舗が減り、それに伴う人員整理なども起きていて厳しい状況に置かれています。

そのため、転職を考える人も増えており、より良い状況で働くためには転職エージェントの利用がおすすめです。

アパレル業界には30社ほどの転職エージェントがあり、それぞれサービスや得意分野が違うため、大手だから安心とエージェントを選んでしまうと、自分に合う転職先を見つけることが難しくなってしまうこともあります。

そこで、アパレル業界のエージェントについて詳しく説明していきます。

アパレル業界を目指すうえで転職エージェントを利用するメリット6つ

コロナ禍において、厳しい状況に置かれているところも多いアパレル業界ですが、そういった状況だからこそ転職を考える方もいるでしょう。

転職エージョントでは、キャリアアドバイザーが転職を希望する人の強みを出来る限り活かして成功のお手伝いをしてくれます。

また、アパレル企業ごとの特色に加え、面接でのポイントや、過去にプラス評価され採用された人がどんな特徴があるのかなどのノウハウも持っています。

転職の強い味方になってくれる転職エージェントのメリットを順番に6つ説明します。

  • 選考の通過率が上がる
  • 企業との連絡調整や交渉を行ってくれる
  • 幅広い求人を探せる
  • サポート体制が整っている
  • アパレル企業の内部情報を得られる
  • 転職に関する相談も可能

1:選考の通過率が上がる

転職エージェントは、企業が求めている人材の特徴をきちんと把握しているため、企業に受かるための「履歴書」と「職務経歴書」の書き方を教えてくれます。

また添削に加え、可能であれば推薦状を作成もしてくれるため、書類が選考を通過する確率が自己で応募する場合に比べて高くなることがほとんどです。

2:企業との連絡調整や交渉を行ってくれる

転職エージェントは、求職者に代わり企業との連絡調整や交渉を行ってくれます。

転職エージェントを使わずに面接をした場合、自分一人だとなかなか給料面や休日などの交渉をするのは難しいでしょう。

しかし、転職エージェントを利用すれば面接の時間調整から給料や休日などの交渉までも行ってくれるため、入社後の不一致を避けることができます。

3:幅広い求人を探せる

転職エージェントは、一般に公開している求人の他に、非公開求人を持っています。

非公開求人は、一般公開されている求人と比べても量が多いため、自分にあった求人を探すことができます。

4:サポート体制が整っている

転職エージェントは、それぞれの企業が求める人物像を把握しています。

そのため、企業に採用してもらえるための「面接のやり方」「履歴書」や「職務経歴書」の書き方をアドバイスしてくれます。

また、入社後にも定期的にヒアリングをしてくれる転職エージェントもあるため、精神的にも肉体的にもサポート体制が整っていると言えるでしょう。

5:アパレル企業の内部情報を得られる

エージェントのキャリアアドバイザーは面接などのアドバイスに長けているだけでなく、さまざまな会社の動向もチェックし、企業との窓口を担当する人事の人とも連携しており、各企業の社風などの生の情報を聞くことができます。

アパレル企業で店舗などの勤務だと、人間関係が職場の環境に大きく影響してくるため、職場の雰囲気などの情報が聞けるのはありがたいでしょう。

6:転職に関する相談も可能

転職をする上で不安や悩みなどを抱えている利用者もいます。

転職エージェントは、そんな悩みや不安を取り除いてくれます。

例えば「今の会社を円満に退職できるか不安」などであれば、転職エージェントに相談することで、円満に退職できる方法なども教えてもらうことができます。

基本的に転職に関する相談であれば真摯に受け取り、アドバイスしてくれるため不安解消につながるでしょう。

アパレル業界のおすすめ転職エージェント16選

アパレル業界に転職する場合、自分一人で大手に面接に行ったとしても成功率は低い傾向にあります。

その理由は、相手企業の情報の多さです。自分一人だと企業研究をしたとしても細かい部分はなかなかわかりません。

しかし、転職エージェントを利用した場合、企業の情報を多くもっているため、的確なアドバイスをもらうことができます。そのため、一人の時よりも転職の成功率があがります。

ここからは、アパレル業界のおすすめ転職エージェントについてご紹介していきます。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビAGENT約50,000件全国20代に信頼されている転職エージェント営業やIT・Web、⾦融など、幅広い業界に強い
パソナキャリア36,858件(非公開含まず) 50,000件以上(非公開含む)全国+海外他社にはないマッチング力、サポート体制ソフトウェア、通信系を始めとした幅広い業界
クリーデンス公開931件全国デザイナーから店舗スタッフまで幅広い職種で探せるファッション・アパレル業界
リクルートエージェント公開 124,122件 非公開 187,372件公開 124,122件 非公開 187,372件 約300,000件好条件転職、 幅広い層に対応IT/メーカー・営業/事務
女の転職 type公開1,812件全国+海外女性のための転職サービス「土日休み」「残業少なめ」など女性ならではの要望を満たす案件を保有している
doda公開65,930件 計約100,000件全国+海外求人紹介量の多さ幅広い業界をカバーしている
アズール&カンパニー公開1,609件全国+海外とことん面談にこだわって細部までヒアリングする外資系消費財業界に特化
アパレル転職なび公開58件全国ヨーロッパ発祥の企業の求人が多いアパレル・ファッション業界に特化
ブランドマッチ公開767件全国ブランドごとの求人を確認できるアパレル・ファッション業界に特化
IDA公開8,702件全国販売職入門編から専門職まで対応した講座が多数用意されているアパレル・ファッション・コスメ業界に特化
Fashion HR公開4,808件全国ファッションに特化した50社以上の転職エージェントと提携して他エージェントの求人が閲覧できるファッション・アパレル業界
PARDO公開2,004件全国+海外ステップアップ研修制度で接客の基本から応用まで学べるサービス業界に特化したエージェント
エラン公開3,861件全国+海外アパレル業界出身のコンサルタントによる親身なサポートファッション・アパレル業界
スタッフブリッジ公開7,982件全国1,500ブランドの求人があるファッション・アパレル業界
JAC Recruitment25,000件全国+海外キャリアコンサルタントの質が高いミドル・ハイクラス
アパレルコンシェル公開約280件全国スキルアップセミナーなどサポートが充実しているファッション・アパレル業界

1:マイナビAGENT

マイナビAGENT

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営のエージェントです。

女性に特化したサービスを展開しており、女性コンサルタントを多く配置し、サポートが手厚いと利用者の満足度が高い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、マイナビグループの情報源の豊かさを活かし、大手上場企業はもちろんのこと、将来性のある人気ベンチャー企業や知る人ぞ知る隠れた優良企業まで、多彩な求人があるという特徴もあります。

2:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、親身に転職者のサポートを行うことで有名なエージェントです。

利用者の満足度が非常に高い点が大きな特徴といえるでしょう。

転職のサポートから就職後のフォローまでしっかりとしているため、転職に不安があるという方におすすめの転職エージェントです。

3:クリーデンス

クリーデンス

クリーデンスは、人材大手の会社インテリジェンスが運営のアパレル専門転職エージェントです。

サポートの案件数はアパレルのさまざまな職種に渡っていますが、特にパタンナーやデザイナーの案件数が豊富な点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、一般に見られる公開案件の約3〜4倍の非公開案件を持っているため、自分にあった職につきやすい特徴もあります。

アパレル業界を志望される方におすすめの転職エージェントです。

4:リクルートエージェント

リクルートエージェント
null

リクルートエージェントは、有名なリクルートグループで、案件総数と内定決定数がとても多いといわれている、日本の大手総合転職エージェントです。

紹介した人の退職率がとても低く、転職した企業で活躍できるまで転職後も長いスパンでサポートを行っている点が大きな特徴といえるでしょう。

一般的に難しいとされている、地方での転職、40代・50代の転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

5:女の転職 type

女の転職type

女の転職 typeは、転職サイト大手であるキャリアデザインセンター運営の女性専門の転職エージェントです。

女性に特化した転職サイト女の転職typeを運営して10年以上経つこともあり、女性が働きやすい案件を多く扱っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、type女性の転職エージェントを利用して転職した方の半数以上の方が年収がUPしているデータがあるという特徴もあります。

女性アドバイザーをメインに、職種ごとの専門チームを作って女性の転職支援をしているため、細かなアドバイスを好む女性におすすめの転職エージェントです。

6:doda

doda

dodaは、パーソルキャリア(以前の名前はインテリジェンス)が運営の、国内で有数の大きさを誇る転職エージェントです。

求人数はもちろんのこと、提案力が高いため、担当者の質も高い点が大きな特徴といえるでしょう。

転職が比較的しやすい、東京、神奈川、埼玉、千葉という首都圏の20代30代に強いだけではなく、地方の転職や40代以上の年齢が高めでの転職にも強みにも強みをもっています。

人を選ばず、さまざまな人におすすめできる転職エージェントです。

7:アズール&カンパニー

アズール&カンパニー

アズール&カンパニーは、アパレルに限らず、食品・生活雑貨・家電・自動車などの消費財業界を中心にした業界特化型の転職エージェントです。

ラグジュアリーファッション・日系ファッションなど、9つに部門が分かれていて、それぞれの部門に多くの求人がある点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、面談の質が高いと評判で、面談で熟練のアドバイザーに登録者の気持ちや持っているスキル、そして適性を見極め、その人に合うキャリアプランを作成してくれるという特徴もあります。

販売の仕事でアパレル以外も考えている人、自分の適性がわからなくなってきている人にも人におすすめの転職エージェントです。

8:アパレル転職なび

アパレル転職なび

アパレル転職なびは、、シーエーセールススタッフが運営するアパレル業界専門の転職エージェントです。

採用につながるような工夫を凝らした模擬面接をしてくれることが業界でも有名で、希望するとビデオ撮影をして、より具体的なアドバイスをうけれる点が大きな特徴といえるでしょう。

ビデオで自分の面接での状況を確認することで改善が見込めるので、面接に不安がある方におすすめの転職エージェントです。

9:ブランドマッチ

ブランドマッチ

ブランドマッチは、株式会社エイトが運営を行っているエージェントです。

ファッション・アパレル業界の転職サイトでアパレル・コスメに強みを持ち、登録してくれた人の一番ピッタリの求人を提供することをモットーにサービスを行っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、ランドマッチの求人は、コスメも扱っていることもあり、外資系ブランドが多いので、ハイブランドや外資系に転職を希望される方は登録すると希望の仕事が見つかるかもしれないという特徴もあります。

10:iDA

IDO

iDAは、アパレルファッションやラグジュアリー業界に特化した転職エージェントです。

登録スタッフのサポート力が高いと評判で、専任のコーディネーターが付くだけでなく、プロのトレーナーが無料で行ってくれる研修も充実したプログラムで用意されている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、ハイブランドやラグジュアリーブランドの求人も多いので、ラグジュアリーブランドへの転職に憧れている方は、研修で能力や自信をあげて思い切って転職することも可能という特徴もあります。

ファッション業界に興味があるけれど現段階では未経験という方におすすめの転職エージェントです。

11:Fashion HR

Fashion HR

Fashion HRは、アパレル及びファッション業界において、さまざまな雇用形態やブランドを幅広く扱っている転職サイトです。

取り扱っている雇用形態はアルバイト、派遣、正社員や契約社員、業務委託、繁忙期のみの短期アルバイトなどのすべてを網羅点が大きな特徴といえるでしょう。

雇用形態にかかわらず良い条件でファッション業界の案件を探してみたい方におすすめの転職エージェントです。

12:PARDO

PARDO

PARDOは、アパレル専門の転職エージェントです。

客観的に見る機会や研修があまりないため自分では改善が難しい接客販売の研修制度があり、個人に合わせたキャリアプランを示してくれる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、正社員のほか、派遣・紹介予定派遣の案件も扱っているという特徴もあります。

接客のスキルを高めたい経験者の方や、未経験だけどアパレル業界に転職希望の方におすすめの転職エージェントです。

13:エラン

エラン

エランは、アパレル業界専門の転職エージェントとしては歴史のある老舗エージェントです。

アパレル業界を経験し、コンサルタントとしても優秀なキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれるので、サポートの質が高い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、職種別に職務経歴書を提供してくれて、さらに記入後に添削してくれたり、面接に際しても事前のアドバイスがあったり、希望者には面接の本番に同席してくれるという細かなサービスをしてくれる特徴もあります。

14:スタッフブリッジ

スタッフブリッジ

スタッフブリッジは、地域で一番の時給を目指し、また圧倒的な求人数を用意することにこだわっている会社です。

個人に寄り添う会社なので、好きなブランド、こだわり条件などの細かい相談をきちんと聞くことで、登録スタッフが満足のいく待遇で安心して働けることを目指している点が大きな特徴といえるでしょう。

15:JAC Recruitment

JAC Recruitment

JACリクルートメントは、ロンドン発日系転職エージェントというインターナショナルな企業で英国、ドイツ、アジア8カ国の独自のグローバルネットワークを背景とし、外資系企業や海外進出企業への転職支援の実績を重ねているエージェントです。

求人企業との信頼関係が厚く、そのインターナショナルな特徴から他であまり見ることのできない求人を保有している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、グローバル転職支援のノウハウ、英文レジュメ作成についてなど、グローバル転職に強みがあります。

16:アパレルコンシェル

アパレルコンシェル

アパレルコンシェルは、アパレル人材業界で20年以上の経験のある業界出身者がコンサルタントをしているので、求人情報を紹介する時に、業界目線でのアドバイスを受けられることで、安心と共感を得ているエージェントです。

アパレル・ファッション業界の集いやキャリアアップセミナーも開催している点が大きな特徴でしょう。

アパレル業界を目指すうえでの転職エージェントの選び方3つ

店舗での販売業務が多いという、オフィスワークとは違う特徴を持つアパレル業界の転職においては、アパレル転職ならではのアドバイスが受けられ、希望に合う求人を紹介してもらえる転職エージェントに登録することが重要となります。

アパレル業界を目指す際の転職エージェントの選び方について、3つ見ていきます。
  • 選考の対策を行ってもらえるか確認する
  • 求人の質や数を確認する
  • 求人紹介以外のアドバイスを得られるか確認する

1:選考の対策を行ってもらえるか確認する

アパレルでは求人数が減っている企業も多いため、いかに選考に通るかがカギになってきます。

そこで、履歴書の書き方のアドバイスや、推薦書の作成、面接の対策などの選考の対策を行ってくれるかどうかを登録前にきちんと確認することが重要となります。

2:求人の質や数を確認する

エージェントに登録する前に、求人数を沢山保有していて、職種、ブランドの案件も多いかどうかをきちんと確認することが重要です。

いくら担当者の質が高く、フォローがしっかりしていても、転職したい企業案件がなければ転職は叶わないので、きちんと確認するようにしましょう。

3:求人紹介以外のアドバイスを得られるか確認する

転職をする際には、転職に対する不安、今の会社をどうやって辞めるか、新しい会社に入ってからの不安など、いろいろな事態が発生してきます。

その際にきちんとアドバイスを受けられることが、よい転職や安定した次の就業につながるので、求人紹介以外の困った時にアドバイスを得られるかどうかの確認は、あらかじめしておくようにしましょう。

転職エージェントの利用ステップ9つ

いい転職エージェントの選択ができた後は、どのように転職活動を進めていくのでしょうか。

そのような疑問や不安を解決するために、転職エージェントの利用ステップについて9つに分けてみていきます。
  • 公式から登録を行う
  • 担当者からの連絡を待つ
  • 初回面談を行う
  • 求人を紹介してもらう
  • 職務経歴書や履歴書の添削をしてもらう
  • 求人への応募
  • 面接の対策指導
  • 企業との面接日時の設定
  • 内定・退職についてのサポートを受ける

1:公式から登録を行う

転職エージェントでアパレルの仕事を紹介してもらうためには、まずエージェントの公式ホームページから登録を行いましょう。

生年月日や住所、学歴などの情報とともに、今までの職務経歴を書くところもあるので、今までの経験を活かして、より良い仕事を紹介してもらうためにも、得てきたスキルなども分かりやすく書くようにしましょう。

2:担当者からの連絡を待つ

公式から登録を行うと土日を挟む場合は、3日程度で担当の方から連絡が来ます。

仕事をしている場合、携帯電話はマナーモード設定にしておき、電話に出られなかった場合はすぐに折り返しの電話をしたり、職場に携帯が持ちこめない場合は、出来るだけまめにチェックして、都合をつけて折り返しの電話をする、などの対応ができるようにしておきましょう。

3:初回面談を行う

転職エージェントに登録後数日で、担当者から連絡があり、日時の都合を合わせて対面、あるいは会社によっては電話で面談を行います。

人によって転職しようか迷っているというレベルから、具体的にてこんな職場に転職したいと決まってきている人までの幅広い範囲でヒアリングを行ってくれます。

この初回面談で伝えた希望に沿って、多くの求人を紹介してくれることになるので、希望の年収やボーナス、勤務体系、残業の有り無し、希望の勤務地など譲れない条件をきちんと伝えておくことをおすすめします。

4:求人を紹介してもらう

面談の後、担当のアドバイザーは聞いた情報を整理して、ピッタリの仕事を探し始め、見つかると求人を紹介してもらうことになります。

紹介をしてもらった求人の中に、条件が合い興味があるものがあれば、転職エージェントが代行して引き続き応募手続きに入ってくれます。

5:職務経歴書や履歴書の添削をしてもらう

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーが応募のための一人一人の書類を添削し、無事転職につながるような書類になるようにアドバイスしてくれます。

さらに応募の際、可能であれば、求職者が企業に合っていると判断した理由などを記載した推薦状を作成して同封してくれるので、書類選考通過率がアップします。

一般的な書き方のコツや自己PRの方法に加え、応募する企業に自分の魅力を存分にアピールできる書類するアドバイスをしてくれます。

6:求人への応募

気に入った案件があり、どの案件に応募するかの意思が決まると、求職者に代わってエージェントが応募をしてくれます。

応募の際には、履歴書などの最終チェックをして、可能なら推薦状をつけて、応募から面接につながるような繊細な心遣いも図ってもらえます。

忙しい中、気を遣う応募を代行してもらえることはとてもありがたいことです。

7:面接の対策指導

書類に続いて、面接も受かるための手助けを転職エージェントは行ってくれます。

このように手厚いサポートがあるのは、転職エージェントには紹介した人に入職があって初めて「紹介料」が発生するからです。

そのため、決して紹介して終わりではなく、面接に受かるまでの協力を徹底的に行ってくれるのです。

8:企業との面接日時の設定

応募書類が通ると、いよいよ面接となります。

企業との面接日時の設定においても、転職エージェントが調整を計ってくれます。

現職も行いながら日程を調節しての面接となりますが、急に休むことや、日程調整が難しいことを代わって調整を計ってくれることはとても助かります。

9:内定・退職についてのサポートを受ける

内定した後も転職エージェントのサポートは終わることなく、就業を始めるまで、あるいは安定するまで実施され続けます。

具体的には、職場側との条件などの調整や入職の手続きの代行、現職のスムーズな退職の手伝い、入職手続きの代行などをサポートしてくれるので、転職に伴うさまざまな不安や手続きを軽減してくれます。

転職エージェントを利用するコツ8つ

転職エージェントは、転職する人を条件面でも精神面でも大きくサポートしてくれることが分かりました。

ここからは、そんな強い味方である転職エージェントをより効果的に利用するコツを8つ紹介していきます。
  • 担当者と合わないときは早めに変更する
  • スカウトメールをお願いした場合の連絡を入れる頻度を確認
  • 良い求人があればすぐにでも転職したいと伝える
  • 正しい経歴やスキルで登録する
  • 紹介された求人企業を口コミサイトで確認する
  • 同じ案件で複数のコンサルタントと被らないか確認しよう
  • 面接で見送りになった案件に再挑戦する
  • 自己分析を初回面談前に行う

1:担当者と合わないときは早めに変更する

エージェントに登録すると担当コンサルタントが決まりますが、相性があるので合わない時は早めに変更をお願いすることが望ましいです。

何度か親身に話を聞いてもらった後だと言いづらいことも考えられますが、担当コンサルタントに情を移すことは得策ではありません。

担当変更はこちらが想像するより大きな問題ではないため、性格が合わない、知識不足が気になるなどの理由でも遠慮なく変えてもらうように頼んでも大丈夫です。

2:スカウトメールをお願いした場合の連絡を入れる頻度を確認

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの条件を絞り応募者を探していくのですが、この時、表示される順番が最終接触日となり、上から何十人にひとまず連絡すると決まっている会社も多いです。

更新日が古いことでリストに上がってこず、すでに転職を決めているかもしれないと判断され、こちらから連絡をしないと後回しされたり、案件紹介メールが届かなくなることもあります。

スカウトメールをコンスタントに受け取れるためには、どのくらいの頻度で連絡を入れていけばいいのか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

3:良い求人があればすぐにでも転職したいと伝える

コンサルタントとの初回面談では必ず転職の時期について聞かれますが、この時にはいい所が見つかれば即時可能と答えることが望ましいです。

そう答えることで、コンサルタント会社はあなたが早期に紹介が成立し、売上に繋がりやすいと判断し、対応の優先順位を上げてくれるので、条件のいい案件が紹介してもらいやすくなります。

すぐにでもとは言っても現職の退職手続きや引継ぎがあることは伝えて多少の猶予はもらえるようにしましょう。

4:正しい経歴やスキルで登録する

エージェントへの登録情報やコンサルタントとのやりとりは、特別な申し出をしない限りは全てのことが情報として残るので、正しい経歴やスキルを登録するのは必須です。

前の登録情報と今とで登録情報が違うと、虚偽報告を行う信頼のおけない人材とされてしまい、紹介する案件を絞られてしまうなどの不利益を被ることになってしまいます。

5:紹介された求人企業を口コミサイトで確認する

親身な対応をしてくれる転職エージェントも、売り上げを確保するためには、あなたに転職を決めてもらいたいと考えています。

優良なコンサルタントは、マイナスな情報を隠すことも少ないでしょうが、念のために口コミサイトを確認するといろいろな口コミが書かれているので、紹介を受けたらチェックする方が安心です。

口コミサイトには、多くの人からの口コミが大量に集まっているので、悪い情報がなくても、紹介された会社の社風を予想することができます。

6:同じ案件で複数のコンサルタントと被らないか確認しよう

転職をより良い条件でしたい場合、複数のコンサルタント会社に登録することがありますが、企業側もいくつかの会社に人材を探してもらうように依頼していることがほとんどなので、同じ案件が複数のコンサルタント会社に被ってしまっていることが、意外に多く起こります。

被ってしまうことは起こりえることだと念頭に置きつつ、同じ企業に複数のエージェントから応募してしまうようなミスは犯さないように気をつけましょう。

7:面接で見送りになった案件に再挑戦する

1つのエージェントから応募はしたものの、書類が通らなかった場合、思い入れが強いのであれば、他のエージェントから再挑戦するという方法もあります。

エージェントによってお得意様の企業やアピールの仕方は変わるので、どうしても転職したい企業がある場合は、その企業に強みのあるエージェントと良好な関係を築くことも近道となります。

8:自己分析を初回面談前に行う

エージェントに登録して初回面談を行う際には、熟練のアドバイザーは色々と強みを引き出してくれますが、事前に自分はどういったことを望んでいて、どんな経験があり、どんな強みや弱みを持っているのかなどの自己分析を行っておくと、より内容の深い面談にすることができます。

転職はあくまでも自分が前向きにするものなので、人任せにするのではなく、自分でも冷静に考えてみることが大切です。

アパレル業界に強い転職エージェントを利用しよう

転職においてエージェントはとても頼りになり、メリットのたくさんある存在であることが分かりました。

アパレルの転職においては、頼りにできる転職エージェントの中から、アパレル業界に強く、自分の転職規模に合った会社を選ぶことが必要です。

上手にエージェントを選んで登録して、転職を成功させましょう。