転職エージェントを使うべきか判断する基準9選|失敗しない選び方も解説!

一般転職

転職活動をする際に、転職エージェントを使うか迷っている方もいるでしょう。ここでは、転職エージェントを使うか、自身で転職活動をすべきかの判断基準を解説します。

また、転職エージェントを使用する際に、選び方のポイントについても解説いたします。

転職エージェントはどういう仕組み?

転職エージェントは、企業の求人情報を保有し、条件にマッチングした転職希望者を紹介することで、転職活動のサポートを行っています。

企業にとっては、自社が求める人材を紹介してもらえるというメリットがあり、転職希望者にとっては、自分のニーズに合った求人を紹介してもらえるほか、面接の日程調整や条件交渉などをサポートしてもらえるといったメリットがあります。

転職エージェントは、転職希望者が企業に入社した時点で、企業から成功報酬を受け取る仕組みです。そのため、転職希望者は有料のオプションを除いては原則として無料で利用することができます。

転職エージェントを使うべきか判断する基準9選

ここでは、転職エージェントを使うべきか判断する基準を9つご紹介します。

転職エージェントは、必ずしも全員が使うべきというわけではありません。しかし、自分一人では転職活動を進める自信がないという方には、おすすめの手段です。

ご自身が転職エージェントを使うべきかどうか、これらの基準に当てはめて考えてみましょう。
  • 早く転職先を決めたいかどうか
  • 転職について誰かに相談したいか
  • 自分で転職対策を立てられるか
  • 雇用条件について自分で交渉できるか
  • 多くの求人情報を得たいかどうか
  • 転職するのがはじめてかどうか
  • 平日に時間を作れるかどうか
  • 履歴書の書き方に悩んでいないか
  • 自分に自信があるかどうか

1:早く転職先を決めたいかどうか

早く転職先を決めたいという場合には、転職エージェントを使うことがおすすめです。

転職エージェントは転職させるプロであるため、効率的な転職活動のためのプランを練ったり、資料作成や面接へのアドバイスをしてくれます。

また、日程調整などを代行することで、スピーディーな転職活動のためのサポートをしてくれます。

2:転職について誰かに相談したいか

自分自身の価値を客観的に見てほしいなど、転職について誰かに相談したい場合は、転職エージェントに登録することがおすすめです。

転職に関する相談はデリケートな内容となるため、同僚や周りの友達には相談しにくい場合もあるでしょう。
転職エージェントは転職に関するプロのため、気兼ねなく相談して、的確なアドバイスをもらいましょう。

3:自分で転職対策を立てられるか

自分で転職対策を立てられるかどうかは、転職エージェントに登録するべきかの判断基準となります。

効率的に転職活動を行うためには、事前に転職対策を立てることが重要です。

自分一人では不安だという方は、転職エージェントに登録しましょう。
転職エージェントでは、転職希望者の条件や希望をヒアリングした上で、最適な対策を一緒に考えるサポートを行っています。

4:雇用条件について自分で交渉できるか

雇用条件について、自分だけで交渉できるかということも、転職エージェントを使うべきかの判断基準になります。

転職の際には、業務内容や給与などの雇用条件を交渉することが必要となります。これらを自分一人で行う自信がないという場合には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

5:多くの求人情報を得たいかどうか

転職サイトに載っている求人情報だけで満足できるかどうかも、転職エージェントを使うべきかの判断基準の一つとなります。

転職エージェントでは、非公開求人も多く取り扱っています。転職サイトに載っている求人よりも多くの求人情報を得たいという場合には、転職エージェントに登録するのがおすすめです。

6:転職するのがはじめてかどうか

転職がはじめての方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

はじめての転職では、何をどうやったらいいかわからないという方も多いでしょう。転職エージェントに登録することで、転職にまつわるあらゆることをサポートしてくれるため、安心して転職活動に臨むことができます。

転職活動の経験が既にあり、応募書類の書き方や交渉の方法、採用までの全体的な流れがわかっているという場合には、転職エージェントを使わなくても内定を得ることができる可能性は十分にあります。

7:平日に時間を作れるかどうか

平日に転職活動に割く時間を作れるかどうかも、転職エージェントに登録するかどうかの判断基準となります。

転職活動においては、企業とのやり取りのために、平日に素早いレスポンスをすることが必要です。
しかし、現業が忙しい方にとっては、平日に時間を作ることは容易ではないでしょう。

転職エージェントは選考日程の調整などを代行してくれるため、転職活動に時間を割けないという方におすすめです。

8:履歴書の書き方に悩んでいないか

履歴書の書き方で行き詰まってしまった場合は、転職エージェントを利用しましょう。

様々な経験やビジネススキルを身に付けていても、それを履歴書などに落とし込もうとすると難しいという方も多いでしょう。

転職エージェントは、ヒアリングした内容を元に、それをアピールできる履歴書の書き方をレクチャーしてくれます。

自分一人でうまく応募書類を作成できるかどうかは、転職エージェントを使うべきかの判断基準になるでしょう。

9:自分に自信があるかどうか

自分に自信があるかどうかというのも、転職エージェントを使うべきかという判断基準の一つになります。

自分に自信がないと、転職活動はうまくいきません。今はまだ自分に自信が持てないという方は、転職エージェントに登録し、自分の強みを見つけてもらうことをおすすめします。

また、面接指導などを通じて、自分に自信をつけることもできるでしょう。

転職エージェントの選び方3つ

ここでは、転職エージェントの選び方を3つご説明します。

一口に転職エージェントといっても、それぞれの会社に強みと弱みがあります。自分が行う転職活動の内容によっても、最適な転職エージェントは異なります。

それぞれのエージェントの特徴をよく理解し、最適なエージェントを選びましょう。
  • 転職エージェントの種類で選ぶ
  • 大手の転職エージェントを選ぶ
  • 求人案件・サービス内容で選ぶ

1:転職エージェントの種類で選ぶ

転職エージェントの種類を理解し、自分に合った種類の転職エージェントを選ぶことが大切です。

転職エージェントには、大きく分けて「総合型転職エージェント」と「専門型転職エージェント」があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分のニーズにあったタイプを選びましょう。

総合型転職エージェント

総合型エージェントは、幅広い業界や業種をカバーした転職エージェントです。

多くの総合型エージェントが大手企業であるため、求人の数も多く、業界の情報も豊富に持っているという特徴があります。

対応する職種も幅広く、営業やエンジニア、管理部門系の職種など、様々な職種についてアドバイスを行うことが可能です。

専門型転職エージェント

専門型転職エージェントは、ある専門分野の業種や職種に特化した転職エージェントです。

例として、「ITエンジニア」「航空業界」のように業種に特化している場合や、「営業職」のように職種に特化している場合、「第二新卒」のように条件に特化している場合などがあります。

その業界に精通したコンサルタントが在籍しているため、豊富な知識に基づいたサポートを受けることが可能です。

結果として、精度の高いマッチングが実現するでしょう。

2:大手の転職エージェントを選ぶ

大手の転職エージェントを選ぶことも、判断基準の一つです。

大手の転職エージェントには、多く求人が集まります。自分の希望の職種や業種があまり絞り込めていないという場合には、まずは求人数の多い大手の転職エージェントを選んでおくと安心です。

3:求人案件・サービス内容で選ぶ

求人案件やサービスの内容によって、転職エージェントを選ぶことも大切です。

転職エージェントによって、得意とする業種や職種があり、求人案件の内容が異なります。自分が求めている求人案件が充実している転職エージェントを選ぶことが大切です。

また、転職エージェントによって、提供しているサポートの内容も異なります。

転職初心者向けの転職エージェントでは履歴書添削や面接対策を重視していることが多いですが、中級者向けのエージェントは条件交渉などに力を入れている場合などがあります。

自分が求める求人案件やサービスを提供している転職エージェントを選ぶようにしましょう。

転職エージェントを使うべきかしっかり考えよう

転職エージェントを使うべきかどうかは、自分の特性やニーズを見つめ直してしっかり考えることが大切です。

自分自身で転職活動を進められるという方は、転職エージェントを使わない方が効率的に内定を勝ち取れることもあります。
転職エージェントを使うことが自分にとってプラスになるかどうか、よく考えて判断しましょう。