転職エージェントに登録を断られる原因8つ|断られた時の対処法も紹介

一般転職

転職エージェントの登録を断られることはあるのでしょうか。

この記事では転職エージェントの登録を断る原因や、対処方法について解説しています。転職エージェントを利用しようとしている人はぜひ参考にしてみて下さい。

転職エージェントに断られることってあるの?

転職活動で転職エージェントを活用しようと思った際に、登録や求人の紹介を断られてしまうという場合があります。

転職エージェントに登録を断られないようにするためにも、それらの原因にはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。

転職エージェントに登録を断られる原因8つ

転職エージェントに登録を断られてしまうのには、いくつか原因があります。

転職活動の入り口でつまずくことのないように、どのような原因があるのか把握しておきましょう。
  • 経歴や経験が浅いため
  • 紹介できる求人がない
  • 希望の勤務地が対象範囲でない
  • サービスの対象地域に住んでいない
  • サービスの対象年齢でない
  • 短期間で転職している
  • 退職してからのブランクがある
  • 希望する職種がニッチすぎる

1:経歴や経験が浅いため

求職者が転職先に求める条件があるように、企業側も求職者に対して求める条件があります。

職務経歴からスキルや経験が浅いと判断された場合、企業の求める条件を満たすことができず紹介できる求人がなく、登録自体を断られてしまう場合があります。

2:紹介できる求人がない

スキルや経験以外にも、転職回数が多い、ブランクが長い、転職活動への意欲が低いなどの場合も求人の紹介を断られる原因となります。

また、求職者側が企業に求める条件が厳しすぎる場合や、希望する仕事内容が特殊な場合などは、選択肢を狭めてしまうことになり、紹介できる求人がなくなることもあるでしょう。

3:希望の勤務地が対象範囲でない

転職エージェントにもサポートできる範囲には制限があるため、希望している勤務地がサポートの対象地域外という可能性もあります。

そのような場合は、求職者が求める条件の求人自体を取り扱っていないことになるため、紹介や登録を断られてしまう場合があります。

転職エージェントを活用する場合は、勤務地のことも含めてサポートの範囲を確認しておく必要があります。

4:サービスの対象地域に住んでいない

転職エージェントを利用すれば担当者といろいろなやりとりをすることになり、事業所に足を運ぶ場面もあります。

そのため、求職者の住んでいる地域によっては、事業所に来ることができないと判断されて、登録を断られる可能性があります。

ただし、転職エージェントによっては電話やオンラインでの対応をしてくれることもあります。

5:サービスの対象年齢でない

転職エージェントにはいろいろな種類があり、それぞれが持っている特徴も異なります。

その特徴には、第二新卒に特化したものや、40代からのハイクラス転職に特化したものなど、年齢に関係するものもあります。

これらの特徴を持つ転職エージェントは、サービスの利用条件として年齢制限を設けている場合も少なくありません。

また、年齢制限が設定されていなくても、転職エージェントの持つ特徴から外れていると、紹介できる求人がないからと登録を断られる場合もあります。

6:短期間で転職している

短期間に何回も転職をしている求職者は、十分にスキルや経験を得る前に退職した、忍耐力がない、またすぐに転職されるなど、企業にネガティブな印象を与える可能性があります。

転職エージェントはそのような印象を与えてしまう可能性のある求職者を企業に紹介するわけにはいかないため、登録を断られてしまう場合もあるでしょう。

一般的に30歳未満で4回以上転職していると、「転職回数が多い」と見られる傾向にあります。

7:退職してからのブランクがある

経歴にブランクがある場合、その理由を面談で聞かれる場合があります。

ブランクの理由に担当者が納得できない場合は、登録を断られてしまう可能性があります。

転職エージェントによってはブランク期間に制限を定めているところもあるため、転職活動はなるべく早く行動することも重要です。

8:希望する職種がニッチすぎる

希望する職種が特殊なものであればその求人数自体が少なくなります。その場合は求人の取り扱いがなく、登録を断られてしまう可能性があります。

また、求職者が特殊な職種を経験していて、他の職種に転職しようとした場合には、これまでに身につけたスキルや経験が活かせません。
そのため、希望職種に対してスキルや経験不足と判断されて、紹介できる求人がないという場合もあります。

転職エージェントに断られた時の対処法3つ

転職エージェントに登録を断られてしまったとしても、転職活動ができなくなるわけではありません。

そのため、もし転職エージェントに登録を断られてしまった場合には、転職活動を続けられるように、正しい対処を行う必要があります。

  • 他の転職エージェントを利用する
  • 希望する職種や条件を見直す
  • 転職サイトを利用する

1:他の転職エージェントを利用する

転職エージェントはいくつもあり、それぞれ登録の条件は異なります。
そのため、1つの転職エージェントで登録を断られたからといって、他の転職エージェントにも登録を断られるとは限りません。

もし、転職エージェントに登録を断られたのであれば他の転職エージェントの利用も視野に入れましょう。

2:希望する職種や条件を見直す

希望する職種や条件によっては、求人が絞り込まれすぎてしまい紹介できる求人がなくなってしまいます。

しかし、このような場合は希望する職種や条件を見直して、求人を絞り込みすぎないようにすれば、転職エージェントに登録してもらえる可能性があります。

同じ転職エージェントの登録にもう1度挑戦したい場合は、この対処方法が適しているでしょう。

3:転職サイトを利用する

転職サービスは転職エージェントだけではなく、転職サイトもあります。

転職サイトであれば、登録を断られるようなことはありません。

もし転職エージェントに登録を断られてサービスを受けられないのであれば、転職サイトを活用して、自力で応募企業を見つけることや、面接や応募書類の対策を立てるなどしましょう。

転職エージェントに断られるのを防ぐには?

転職エージェントの登録を断られないようにするには、登録を断られる原因にはどのようなものがあるのか把握し、自分がそれらの原因を持っている場合には事前に解決や解消しておく必要があります。

また、中には職歴のブランクや年齢、スキル不足など、すぐに解決や解消ができない原因もあります。

これらの原因を持っている場合には、第二新卒特化やキャリアチェンジ特化などの転職エージェントが持つ特徴に合わせた、転職エージェント選びをするようにしましょう。

断られないために自分に合った転職エージェントを選ぼう

自分に適した転職エージェントを選ばなければ、求職者が転職に求める条件と、転職エージェントの特徴が一致せず、断られてしまう可能性があります。

そのようなことを避けるためにも、転職エージェントを活用する際には、事前にその転職エージェントのことをよく知り、自分に合っているか確認するようにしましょう。