転職エージェントを活用して転職の失敗を防止するには?活用する時の注意点も紹介

転職エージェントは就職希望者のサポートをしてくれる無料のサービスです。しかし転職エージェントに頼りすぎてしまうと、転職に失敗してしまう恐れもあります。

この記事では、失敗例から学ぶ転職エージェントの正しい活用方法について紹介します。

全て読めば、転職エージェントを活用した際の失敗する確率を下げることができるでしょう。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、就職希望者を転職成功させるために転職活動をサポートしてくれるサービスです。

就職希望者の要望をヒアリング・アドバイスなどをしながら、より良い方向へ向かうことを目的としています。

個人の転職活動では得られない「非公開求人の情報」や「書類審査や面接の通過率が高くなる」などの転職活動を有利に進められるメリットがあるため、活用を検討してみましょう。

転職エージェントを活用して転職の失敗を防止できる8つの理由

はじめに転職エージェントを活用して転職の失敗を防止できる8つの理由を紹介します。

転職エージェントでは、非公開求人への応募・履歴書の添削指導・内定後のサポートなどをしてもらえるため、独力で転職活動をするより転職が成功しやすいでしょう。

まずは転職エージェントのサービスを把握しましょう。

  • プロに転職の相談ができる
  • 非公開求人の情報を得られる
  • 希望に近い求人を見つけられる
  • スケジュール管理を全て行ってくれる
  • 自分の強みを理解してもらえる
  • 履歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 内定後のサポートがある

1:プロに転職の相談ができる

転職エージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職のプロが転職活動をサポートしてくれます。

転職活動に関することであれば、何でも相談に乗ってくれる存在です。

キャリアアドバイザーの専門的な知識や経験から、転職が成功するようなアドバイスをくれるでしょう。

2:非公開求人の情報を得られる

転職エージェントでは、一般には公開していない非公開求人を取り扱っています。

非公開求人は転職エージェントに登録しなければ情報を得られません。

転職するにあたり選択肢が多いということは、それだけで有利であり、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。

3:希望に近い求人を見つけられる

上記のように転職エージェントでは、転職サイトよりも求人数が多いため、自分の希望に近い求人を見つけやすいでしょう。

また転職エージェント登録時に、就職希望者の要望やスキルなどを把握するための面談が行われます。
その情報を元に、数多くの求人の中からキャリアアドバイザーが希望者に合う求人を提示してくれます。

4:スケジュール管理を全て行ってくれる

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが企業と転職希望者のパイプ役として、転職活動のスケジュール管理を全て行います。

履歴書・職務履歴書の作成提出、面接の日程調整、内定後の入社時期の調整など、これらを全て自分でやろうとすると膨大な時間がかかり、転職活動が伸びてしまうでしょう。

転職エージェントを利用すれば、これら全てのスケジュール管理を代行してくれるため、在職中の方も業務に支障を与えずに転職活動ができるでしょう。

5:自分の強みを理解してもらえる

転職活動をする上で自分の強みを認識することは大事なことです。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとの関わりを通して、自分自身のキャリアやスキル、市場価値を認識できるようになります。

転職エージェントによる客観的な意見が入ることによって、自分でも気づいていなかった強みを認識できるでしょう。

6:履歴書の添削をしてもらえる

転職エージェントでは、履歴書の添削もサポートのうちの1つです。

転職活動をする中で履歴書の使いまわしは良くないとされており、志望する企業ごとに新しく作り直す必要があります。

キャリアアドバイザーは、企業ごとにどんな点に気を付けて作成すれば良いか、審査に通過しやすいように的確にアドバスしてくれます。

7:面接対策をしてもらえる

転職エージェントでは面接対策もしてくれます。

担当のキャリアアドバイザーは、企業の人事担当とのパイプを持っていることが多く、どんな人材を求めているのか熟知しています。

人事担当者別の注意点や、過去の合格者の傾向を把握した上でできるため、合格しやすい面接対策をすることができるでしょう。

8:内定後のサポートがある

晴れて企業からの内定が出たら、現在勤めている会社へ退職の申し出・新しく入社する企業へ待遇や条件面の交渉など、やらなくてはならないことがまだまだあります。

そのような内定後のサポートも、転職エージェントでは行ってくれます。

求職者に代わって給与などの交渉や、退職前にトラブルにならないよう的確なアドバイスなどもしてくれるため、安心して次の企業へ行くことができるでしょう。

転職エージェントの活用でありがちな転職失敗例14個

次に転職エージェントの活用でありがちな転職失敗例を14個紹介します。

ありがちな失敗例を事前に把握できていれば、防ぐことができます。
転職エージェントに登録したからといって頼りすぎず、自分でキャリアプランを作成したり、転職スケジュールを立てたりするなど、主体的な心構えで転職活動を進めると良いでしょう。
  • 将来のキャリアプランがはっきりしていない
  • 転職エージェントの選び方に問題がある
  • エージェントに頼りすぎてしまう
  • 自分で企業情報をリサーチしていない
  • コミュニケーション能力が低い
  • とりあえず転職しようとする
  • 前職に対して悪口を言ってしまう
  • 保護者同伴で転職エージェントに来社する
  • 身だしなみが整っていない
  • 優柔不断でなかなか決められない
  • 経歴にプライドを持っている
  • 自分にしかできない仕事をしたいと思っている
  • 希望条件が抽象的である
  • 経歴に嘘がある

1:将来のキャリアプランがはっきりしていない

転職するにあたり、「将来のキャリアプラン」をはっきりと決めておかなければ転職がうまくいかない可能性があります。

キャリアプランを明確にすれば、就職希望者側は自分が本当に働きやすい企業を見つけやすくなります。
企業側もキャリアプランが明確な人のほうが採用しやすいでしょう。

2:転職エージェントの選び方に問題がある

転職エージェントには、全国区の求人を取り扱っているエージェントや、地域や業種・業界を絞った専門的な案件を扱うエージェントがあります。

自分の希望職種や希望条件と合致しているエージェントでなければ、紹介される求人が合わない可能性もあります。

自分に合った転職エージェントを選んで登録しましょう。

3:エージェントに頼りすぎてしまう

転職エージェントに登録したからと言って必ず内定が保証されるわけではありません。

転職エージェントはあくまでも転職活動をサポートするサービスのため、転職活動を成功させるには、自分自身もしっかりと考えたり悩んだりする必要があります。

自分自身の転職のためですのでエージェントに頼りすぎず、責任は全て自分にあるという意識を持って行動することが大切です。

4:自分で企業情報をリサーチしていない

転職活動において、企業リサーチすることはとても重要です。

転職エージェントは、企業内部にも精通しており詳しく紹介してくれますが、自分自身でもリサーチをすることで自己分析のきっかけにもなります。
会社の概要や経営方針を知り、自身のキャリアプランと照らし合わせてみましょう。

5:コミュニケーション能力が低い

転職を成功させるためには、キャリアアドバイザーとしっかりとコミュニケーションを取ることが必要です。

キャリアアドバイザーが、就職希望者の情報をきちんと理解していなければミスマッチが起こってしまいます。

希望を明確に伝え、悩みがあれば相談するなどキャリアアドバイザーとのコミュニケーションを大切にしましょう。

6:とりあえず転職しようとする

「今の仕事が気に入らないからとりあえず転職する」という転職の目的があいまいな人は転職に失敗しやすいでしょう。

転職は何度も繰り返しているとマイナスイメージになり、不満ベースの転職は企業側にとってイメージが良くありません。
今感じているなんとなくの気持ちをきちんと言葉にできるようになってから転職活動に挑むほうが良いでしょう。

7:前職に対して悪口を言ってしまう

キャリアアドバイザーとの面談で「前職は残業が多かった」「上司が最悪だった」など、その会社に対して悪口を言ってしまうと良い印象は持たれません。

本番の面接で退職理由を聞かれた際にも「~が悪かった」と他人のせいにしてしまうとマイナスなイメージを持たれ、面接選考で落とされてしまう可能性もあるでしょう。
他人のせいにせず、自己責任の意識を持ち、自身の成長や向上心につなげていきましょう。

8:保護者同伴で転職エージェントに来社する

転職エージェントでは、就職希望者本人と話すことで希望や強みなどを理解し、転職活動をサポートします。

しかし近年、稀に保護者同伴で転職エージェントに来社するケースが増えていると言われています。

親同伴の場合の多くは、子供よりも親のほうがキャリアアドバイザーと話し込み、子供は横で座っているだけになってしまう可能性があります。

そのため、できるだけ保護者同伴ではなく、希望者のみで来社したほうが良いでしょう。

9:身だしなみが整っていない

キャリアアドバイザーとの面談時によれよれのスーツを着てきたり、清潔感がなかったり、履歴書がしわくちゃなど身だしなみが整っていないと、意欲が薄いと思われてしまい求人を紹介してもらえない可能性があります。

転職エージェントは企業から紹介料をもらっているため、適切ではない人は紹介できません。

そのため、面談時にも身だしなみを整え、印象は良くしておきましょう。

10:優柔不断でなかなか決められない

新卒の就職活動の際「みんながやっているからやる」など、周りに流されてここまできた人は、自分自身と向き合えておらず、転職活動で失敗しやすいでしょう。

このような優柔不断でなかなか決められないタイプの人には、在職中なら「今の仕事を続けてみよう」とアドバイスを受ける可能性があります。

自分自身と向き合い、自分の軸や意見をしっかりと持ち、担当者に伝えられるようにしましょう。

11:経歴にプライドを持っている

キャリアアドバイザーは転職活動のプロとしてアドバイスやサポートをしてくれます。

経歴に元重役などのプライドがある場合、自分よりも社会人経験が浅いキャリアアドバイザーの言葉に耳を傾けず、「それくらい分かっているよ」という態度をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、このような聞く耳を持たない場合には、機嫌よく帰ってもらうことに重点を置かれてしまう場合があるため、担当者の言葉には耳を傾けるようにしましょう。

12:自分にしかできない仕事をしたいと思っている

「自分にしかできない仕事」はとても素晴らしいことです。しかし、会社という組織はチームで動いており、誰かが欠けると仕事が成り立たず、会社にとっては足かせになってしまいます。

自分の中だけのセンスや勘を活かすのは独自性があって良いですが、会社に所属して働く以上は自分だけではなく、「周りのみんなと同じ仕事ができる」という考え方を持った方が良いでしょう。

13:希望条件が抽象的である

キャリアアドバイザーとの面談時に希望条件を質問されます。聞いてみた時に「自分に合う事務職」「バリバリ働きたい」など希望条件が抽象的であると転職に失敗してしまう可能性があります。

また、あやふやな答えでは、キャリアアドバイザーと就職希望者の間で認識違いが起こってしまう可能性もあります。

自分の希望条件ですので、具体的なおかつ的確に答えられるようにしっかりと考えておきましょう。

14:経歴に嘘がある

職務経歴書や履歴書の経歴に噓がないようにしましょう。

浪人を隠すために卒業時期をずらして記載したり、入社から3か月以内の早期退職した企業の記載を省いたり、年収の水増し、雇用形態の偽りなど、細部にまで気を付けなければ経歴詐称にあたる可能性があります。

転職エージェントは企業から紹介料をいただくことにより成り立っている事業のため、そのような噓がある人材は危険と判断され、求人を紹介してもらえなくなってしまうでしょう。

転職エージェントを活用する時の注意点6つ

最後に、転職エージェントを活用する時の注意点を6つ紹介します。

転職エージェントはあくまでも転職活動をサポートするものであり、登録すれば必ず内定をもらえる・求人を紹介してもらえるとは限りません。
転職エージェントを活用する前に下記の注意点6つを学んでいきましょう。
  • 相性の悪い担当者がつく場合がある
  • 担当者とのやりとりが必要になる
  • 求人を紹介してもらえるとは限らない
  • 内定をもらえるとは限らない
  • サポートをする期間が決まっている
  • 希望の求人がない場合がある

1:相性の悪い担当者がつく場合がある

転職エージェントの数は約2万を超えると言われており、相性の悪い担当者がついてしまう可能性も否めません。中には質の悪いエージェントもおり、スキルも一概には言えません。

そのため利用者の口コミやWebサイトの確認、複数のエージェントに登録するなどして、失敗しないための対策が必要になります。

2:担当者とのやりとりが必要になる

転職エージェントを利用するには、まず担当のキャリアアドバイザーと面談をしなければ、サービスを利用することができません。

キャリアアドバイザーがパイプ役としてスケジュール管理を行いますが、就職希望者はキャリアアドバイザーとのやりとりは必須になります。

担当キャリアアドバイザーとの連絡は怠らず、きちんとしましょう。

3:求人を紹介してもらえるとは限らない

転職エージェントは、企業からの紹介料をもらうことにより事業が成り立っています。
そのため企業が求めているような人材を紹介するという、企業からの信頼を得ることも大事なのです。

そのため例え自分の希望を伝えたとしても、スキルや経歴が条件に満たないと判断された場合は、社内選考で落とされ紹介してもらえないでしょう。

4:内定をもらえるとは限らない

転職エージェントを利用すれば、必ず内定が保証されるわけではありません。

転職エージェントはあくまでも、転職活動のサポートによって転職成功率が高まることが期待できるサービスです。

なかには何10社と応募しても決まらないという人もいます。

内定がもらえない場合は、なぜ内定がもらえなかったのかと理由を考え、担当者としっかり対策をとる必要があるでしょう。

5:サポートをする期間が決まっている

転職エージェントによってはサポートする期間が決まっている場合があります。

またサポート期間が決まっていなくても、転職希望時期が未定の場合、優先度を下げられてしまう可能性もあります。

意欲が高い人のほうが採用されやすいため、転職期間の目安を設けたほうが良いでしょう。

転職活動は、3ヶ月ほどの期限を設けて行ったほうが、モチベーションも維持できて効率的に進められるため利点とも言えるでしょう。

6:希望の求人がない場合がある

転職エージェントに登録しても、希望する求人がなく紹介してもらえない場合があります。

譲れない希望の条件が特殊だったり、高望みをしすぎたり、地方勤務希望などで合致する求人がないこともあります。そのような時は、自分の許容範囲を再度見直すことも大切です。

また、エージェントは応募の前段階で社内選考を行うのが一般的になっているため、企業の求める基準に満たない場合は、紹介してもらえないこともあるでしょう。

転職エージェントを上手に活用して転職の失敗を防ごう!

転職エージェントの失敗しないための活用方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
転職エージェントには、いろいろなサポートサービスがありますが、他力本願にならず、自分自身でも考えて行動する必要があります。

転職エージェントを上手に活用して、転職の失敗を防ぎましょう!