転職エージェントの電話面談のメリットとデメリット|おすすめエージェント5選

一般転職

転職エージェントでは、電話面談も受け付けていることが多いです。移動する時間や交通費が気になる方にとっては、大変便利です。

また、スケジュールが埋まっていて、面談の場所までむかうのも難しいという方にもおすすめです。こちらの記事で電話面談を受ける際に準備しておくことや、おすすめの転職エージェントをご紹介します。ぜひ参考にして、電話面談を活用してください。

転職エージェントの電話面談とは?

転職エージェントを活用する際には、まず担当者と面談をします。面談は基本的に対面型で行われますが、電話で行われる場合もあります。

電話面談では主に転職理由や職歴、希望条件などを聞かれ、転職活動の方向性を確認されます。

そのため、電話と対面型で面談の内容が変わることはないでしょう。しかし、電話で面談を行うことで、対面型とは得られるメリットとデメリットが異なる部分があります。

転職エージェントの電話面談のメリットとデメリット

転職エージェントの電話面談にはメリットとデメリットがあります。

これからうまく転職エージェントを活用していくためにも、電話面談で得られるメリットとデメリットは把握しておくようにしましょう。
  • 休日などに対応してもらえる
  • 移動する時間がなくなる
  • 交通費などがかからない

3つのメリット

転職エージェントの電話面談には様々なメリットがあります。

それらのメリットを取り逃さないようにするためにも、電話面談にはどのようなメリットがあるのか把握しておきましょう。

1:休日などに対応してもらえる

仕事を続けながら転職活動をする方は、面談のスケジュールをなかなか合わせられないことがあります。しかし、電話面談であれば、担当者と対面する必要がないためスケジュールを調整しやすくなります。

また、転職エージェントによっては仕事が終わった後の夜の時間帯や、休日にも対応してもらえる場合があります。

そのため、スムーズに面談を行うことができるでしょう。

2:移動する時間がなくなる

対面型で面談を受ける場合は面談の場所まで足を運ぶ必要があることから、移動時間が負担になることがあります。

しかし、電話面談であればどこにいても面談を行うことができ、その移動時間が不要となります。

転職活動は効率良く行うことも重要であるため、時間節約としての電話面談は効率的な方法でしょう。

3:交通費などがかからない

電話面談であれば面談場所まで足を運ぶ必要がないため、移動時間だけでなく、交通費もかかりません。

転職活動をする際には、面接用の服飾費や選考対策用の書籍代、面接会場までの交通費など、何かとお金がかかります。

そのため、電話面談で交通費を節約すれば、その分のお金を他に回すこともできるでしょう。

3つのデメリット

転職エージェントの電話面談にはメリットだけでなくデメリットもあります。

そのため、電話面談を受ける場合には、メリットだけでなくデメリットの方も把握しておく必要があります。

  • 人柄が伝わりにくい
  • 熱意が伝わりにくい
  • 未経験の業種への転職は相談しづらい

1:人柄が伝わりにくい

電話面談ではお互いの表情や態度などが見えません。そのため、対面型の面談と比べると、電話面談は人柄が伝わりにくいでしょう。

担当者が求人をマッチングする際には、スキルや経験だけでなく、人柄も判断材料にすることがあるため、人柄がうまく伝わらないと、自分に適した求人を紹介してもらえない可能性があります。

また、求職者側も担当者の人柄が確認できないことで、信用できる人であるかどうか見極めにくくなるでしょう。

2:熱意が伝わりにくい

電話では相手の表情や態度が見えません。また、声も電話を通したものとなります。そのため、人柄と同様に、転職への熱意も担当者に伝わりにくい場合があります。

熱意が伝わらないと、担当者から紹介してもらえる求人の数に影響が出てしまう可能性もあるため、話し方だけではなく、言葉で転職への熱意があることをわかりやすく伝える必要があります。

3:未経験の業種への転職は相談しづらい

未経験の業種や職種への転職を希望する場合は、知識が十分でないこともあり、担当者の言葉の意図や意味を理解できない場合があります。そのため、理解できない点は担当者と意識合わせをする必要があります。

しかし、電話面談では言葉だけでのやり取りとなるため、対面型と比べると相手から得られる情報が少なく、うまくコミュニケーションが取れない場合もあります。

コミュニケーションがうまく取れないと、正確なやり取りができなくなり、求職者側が間違った理解をする、担当者が適した求人を紹介できなくなるなどの原因に繋がってしまうでしょう。

電話面談を受ける際に準備しておくこと3つ

電話面談は言葉だけでのやり取りとなるため、対面型と比べると、担当者とうまくコミュニケーションを取ることが難しくなります。

電話面談を受ける際には、スムーズなコミュニケーションが取れるように事前準備しておきましょう。
  • 希望する条件を考えておく
  • 転職の動機を明確にしておく
  • キャリアの棚卸をしておく

1:希望する条件を考えておく

面談の質問には退職理由や転職先の希望条件、スキルや実績など、いくつか定番のものがあります。電話面談でも、基本的には対面型の面談と内容は変わりません。

退職理由や希望条件のような定番質問は、電話面談の前に考えておき、メモしておきましょう。

あらかじめ考えをまとめておくことで、コミュニケーションが取りづらい電話面談でも、情報を整理しながら伝えることができるでしょう。

2:転職の動機を明確にしておく

面談にはいくつか定番の質問があり、転職の理由や動機も含まれています。そのため、電話面談を受けるまでに、これらの考えもまとめておきましょう。

特に、転職の理由や動機は転職先を選ぶ際の重要な判断材料となるため、求職者はそれらを明確にしておき、担当者に正確な内容を伝えられるように、伝え方をまとめておく必要があります。

3:キャリアの棚卸をしておく

スキルや経験についても面談の定番質問に含まれています。担当者はこれらを把握しないと、求人情報と求職者をマッチングできません。また、スキルや経験を正確に担当者に伝えられなければ、適切なマッチングに繋がらないでしょう。

適切なマッチングにつなげるために、自分がどのようなスキルや経験を身につけているのかを伝えられるようにキャリアの棚卸をして、情報を整理しておくようにしましょう。

転職エージェントの電話面談の主な7つの内容

  • 転職理由のヒアリング
  • 職務経歴の確認
  • 転職活動の状況の確認
  • 希望条件のヒアリング
  • 転職活動の方針の決定
  • 求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書のアドバイス

転職エージェントの電話面談は、転職活動の方向性を決める重要なものです。

そのため、今後の転職活動を効率的にできるように、電話面談ではどのようなことが行われるのか把握し、担当者とうまくコミュニケーションが取れるように準備しておきましょう。

1:転職理由のヒアリング

転職理由をヒアリングすれば、担当者はその求職者がどのような経験をしてきて、どのような理由で転職を決断し、転職先にどのような条件を求めるのかを把握できます。そのため、転職理由は転職先を決めるための重要な要素となります。

もし、担当者に正しく転職理由が伝わらなければ、自分に適した求人を紹介してもらえない可能性もあるため、事前に伝え方を考えておくようにしましょう。

2:職務経歴の確認

求職者と求人をマッチングさせるには、職務経歴を確認して、その求職者がこれまでにどのようなスキルや経験を身につけてきたのか把握する必要があります。

これまでの職務経歴を聞かれてもスムーズに応えられるように、情報の整理とキャリアの棚卸をしておきましょう。

また、職務経歴にブランクがある場合は正直に伝えておきましょう。

ブランクがあることを伝えないと経歴詐称となり、後でトラブルとなってしまう可能性があります。

3:転職活動の状況の確認

電話面談を受ける時点で、すでに転職活動が進んでいるという方もいます。また、仕事を続けながら転職活動をしている方もいれば、仕事を辞めて転職活動をしている方もいます。

これらのような現在の状況は、その後の転職活動に影響を与えます。

そのため、自分が現在どのような状況にあるのかを正確に伝えられるようにしておきましょう。

4:希望条件のヒアリング

求職者と求人をマッチングするには、業界や職種、労働条件など、求職者の希望する条件を確認する必要があります。

これらの条件を明確にして担当者に伝えておかないと、自分が希望する条件でのマッチングが行われなくなってしまいます。

そのため、伝え忘れのないように、希望条件は事前に洗い出しておくようにしましょう。

5:転職活動の方針の決定

転職理由や転職活動の状況、希望条件など、求職者へのヒアリングが一通り終わると、そのヒアリングで得た情報から、今後の転職活動の方針を具体的に話し合って決めていきます。

活動方針が決まれば、求人の選定条件やその後のスケジュール調整などの活動内容も決まるため、転職エージェントを通しての転職活動が本格的に始まるでしょう。

6:求人の紹介

電話面談が終われば、決定した活動方針に従って求人の紹介が行われます。

紹介してもらった求人は内容を確認して、納得できれば応募の流れに入ります。

もし条件に合わないと感じた場合は応募を見送るか、応募を保留にしておきましょう。

7:履歴書・職務経歴書のアドバイス

転職エージェントでは求職者と求人のマッチングだけでなく、面接対策や応募書類の添削など、転職活動に関するアドバイスやサポートなどを受けることができます。

また、転職エージェントは応募した企業についての情報を多く保有しているため、その企業に合わせた対策を立てることもできるでしょう。

おすすめの転職エージェント5選

転職エージェントはいくつもあり、それぞれ持っている特徴が異なります。そのため、転職エージェントを活用するのであれば、自分に適した転職エージェント選ぶことも重要になります。

自分に適した転職エージェントを見つけるためにも、まずは転職エージェントにはどのようなものがあるのか、把握しておきましょう。
サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビエージェント約50,000件全国20代に信頼されている転職エージェント営業やIT・Web、金融など
リクルートエージェント約300,000件全国幅広い層に対応IT、メーカー、営業、事務
パソナキャリア約50,000件以上全国女性の転職活動の支援にも力を入れているソフトウェア、通信系を始めとした幅広い業界
キャリアカーバー約73,000件全国ヘッドハンティング型の転職サービスハイクラスの転職
doda約100,000件全国転職サイトと転職エージェントの両方のサービスを受けられる幅広い業界をカバーしている

1:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、転職エージェントの中でも大手であり、多くの求人情報が集まっているエージェントです。

企業が求めている人材の条件や職場の特徴など、詳しい情報も多く収集している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、面接対策や応募書類の添削などのサポートも徹底されているという特徴もあります。

丁寧な転職サポートを望んでいる人におすすめの転職エージェントです。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの大手で、転職支援の実績も豊富なエージェントです。

非公開求人が多い点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、自分に合った求人を紹介してもらえるという特徴もあります。

豊富な求人から自分にあったものを探したいという人におすすめの転職エージェントです。

3:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、転職エージェントの中でも、質の高いサービスを受けることができるエージェントです。

求人件数が、非公開求人を含めて約5万件以上あるというのが大きな特徴といえるでしょう。

さらに、女性の転職活動の支援にも力を入れているという特徴もあります。

質の高いサービスを受けたい方や、女性におすすめの転職エージェントです。

4:キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、株式会社リクルートが運営しているハイクラス転職に特化したエージェントです。

キャリアカーバーに登録をしてレジュメを公開しておくと、その情報を見たヘッドハンターや企業からスカウトを受け取ることができる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、年収800万〜2,000万円の求人を多数保持しているという特徴もあります。

ハイクラス転職を目指す人におすすめの転職エージェントです。

5:doda

doda

dodaは、転職サイトと転職エージェントの両方のサービスを受けることができるエージェントです。

大手の中でも多くの求人を保有している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、積極的に求人の紹介をしてくれるアドバイザーが多いという特徴もあります。

転職サイトか転職エージェント、どちらの転職サービスを活用しようか悩んでいる人におすすめの転職エージェントです。

転職エージェントの電話面談を成功させよう!

転職エージェントを活用する場合には、電話面談を受けることもできます。電話で面談を受けることには対面型にはないメリットもありますが、デメリットもあります。

電話面談は転職活動の方向性を定める重要なものとなるため、しっかりとメリット・デメリットを把握し、事前準備を整えて、転職活動を成功させましょう。