信用できない転職エージェントの特徴10選|具体的な対処法も紹介

一般転職

転職エージェントを利用したいが、本当に信用できるのか疑問に思う方もいるでしょう。そのようなエージェントを早い段階で見分けられように、信用できない転職エージェントの特徴を説明します。

また、信用できる転職エージェントの特徴やおすすめの転職エージェントもあわせてご紹介していくため、転職エージェントを利用する際に参考にしてください。

転職エージェントが信用できないのはなぜ?

転職活動をするうえで、転職エージェントを利用しようと考えている人もいるでしょう。転職活動をサポートしてくれる心強い味方のはずが、「連絡が遅い」「適切な求人を紹介してくれない」など悪い評判を見かけることもしばしばです。

「転職エージェントが信用できない」と言われる事があるのは、転職エージェントのキャリアアドバイザーが、求職者の希望を聞かず「転職させることだけを優先している」と感じさせる対応をする事例があるからです。

もちろん求職者の希望にあった転職先に向けて、適切にサポートしてくれる転職エージェントも存在します。

転職に失敗しないために、信用できない転職エージェントの特徴を確認していきましょう。

信用できない転職エージェントの特徴10選

転職エージェントが信用できないと感じるポイントに、「希望が通らない」「連絡がスムーズに取れない」などが挙げられるでしょう。

ここからは、信用できない転職エージェント10の特徴を紹介します。

  • 返信が遅い・連絡が取れず放置される
  • 電話での対応が多く面談が少ない
  • 結論をすぐに出すように迫る
  • 希望条件と違う求人を紹介する
  • 希望条件を無視して数多くの求人を紹介する
  • こちらの許可なく求人に応募してしまう
  • 企業とエージェントの意思疎通ができてない
  • 担当者が新人または経験が浅い
  • 紹介文や推薦文の質が悪い
  • 担当者の説明や内容がすぐ変わる

1:返信が遅い・連絡が取れず放置される

スムーズに連絡が取れない転職エージェントは、求職者の不信感を募らせます。連絡をしたら、レスポンスのタイムリミットは1日程度と考えましょう。しかし、キャリアアドバイザーが忙しく、対応に時間がかかる場合もあるでしょう。

連絡を待つだけでなく、求職者側から再度問い合わせてみるのもおすすめです。

しかしそれでもレスポンスの遅さが気になったり、連絡が途絶えてしまったりするのであれば、その転職エージェントを今後も利用することはおすすめできません。

2:電話での対応が多く面談が少ない

面談の目的は、キャリアアドバイザーと求職者の意思疎通・相互理解でしょう。

面談の場所まで遠くて行けないなどの場合には電話面談をすることもありますが、お互いの顔を見ずに最初から電話ですべて終わらせようとする転職エージェントには注意が必要でしょう。

顔の見えない電話対応では、伝えられる情報量が対面より少なくなり、伝えたいことが伝わらない可能性があります。

面談をせず、意思疎通する気のない転職エージェントは、求職者の希望よりもキャリアアドバイザーの成果につながる求人を紹介してくる可能性もあるでしょう。

3:結論をすぐに出すように迫る

転職エージェントが結論を急いで迫るのは、主に企業側が返事を急いでいる場合と、キャリアアドバイザーが成果にこだわっている場合が挙げられるでしょう。

すぐに結論を出すことが難しければ、求職者側から「〇日まで待って欲しい」とキャリアアドバイザーに伝えることもおすすめです。

転職エージェント側と企業の間で調整が行われ、早急に結論を出さなければならないことから回避できる場合もあるでしょう。

4:希望条件と違う求人を紹介する

希望を伝えたはずなのに、条件に合わない求人ばかり紹介されるというケースもあるでしょう。

転職エージェントが成果にこだわるあまり、求職者の経歴やスキルだけで判断して求人を紹介している可能性があります。

再度きちんと希望を伝え、それでも対応が変わらなければ、そのキャリアアドバイザーは注意が必要でしょう。

5:希望条件を無視して数多くの求人を紹介する

キャリアアドバイザーの業界・職種への知識の低さから、求職者の希望条件を無視した大量の案件を紹介してくるケースもあるでしょう。求職者の希望をきちんと把握しておらず、紹介する求人を絞り切れないことも考えられます。

明確な希望を伝えるとともに、紹介する求人数の上限も設定するという対策を取るのも1つの有効な手段と言えます。

6:こちらの許可なく求人に応募してしまう

転職エージェントは求職者の希望とマッチした求人を紹介し、応募するかどうかは求職者に判断を任せるのが一般的です。

許可なく勝手に応募してしまう転職エージェント・キャリアアドバイザーは、成果や自社の都合しか考えていないと判断されることもあるでしょう。

求職者の都合や話を聞かずに、まずは応募させようとせかしてくる転職エージェント・キャリアアドバイザーにも同じように注意が必要です。

7:企業とエージェントの意思疎通ができてない

特に大手の転職エージェントは、求職者の窓口と企業と交渉する担当者が別の場合も多くあるでしょう。間に人を挟むことによって伝言ゲームのようになってしまい、結果として意思の疎通が上手くいかないケースも考えられます。

ある程度は仕方ないと割り切ることも必要ですが、あまりに度が過ぎているなら仕事に対してルーズであると判断せざるを得ないでしょう。

8:担当者が新人または経験が浅い

転職エージェントは求職者に対し「転職の意思がない」と判断すると、新人や経験が浅い担当者をつけるケースがあります。

新人であろうが経歴が浅かろうが一生懸命取り組んでくれるキャリアアドバイザーはいます。

しかし経験が浅いにも拘わらず大量の案件を抱えており、仕事が回っていない場合もあるでしょう。また、求職者の希望する業界に関する知識が浅いこともあるでしょう。

キャリアアドバイザーに不安を感じたら、経歴を聞いてみるのも方法の1つです。

9:紹介文や推薦文の質が悪い

求職者が企業面接を受ける際、転職エージェントは紹介文や推薦文を作成・送付するのが一般的です。この紹介文の質もキャリアアドバイザーの信用に係わるポイントと言えるでしょう。

たとえば「スキル面については、求職者にご確認ください」というような内容では、転職エージェントが求職者を推薦、PRしているように感じないでしょう。

紹介文の内容はチェックし、内容によっては再作成をお願いするのもおすすめの方法です。

10:担当者の説明や内容がすぐ変わる

キャリアアドバイザーでなくとも、話の内容が無責任にすぐに変わる人は信用できないでしょう。

キャリアアドバイザーがその場の空気だけで無責任に発言する性格の場合もあるでしょうし、担当している求職者・案件がキャパシティーを超えていて面談内容を覚えていないという場合もあるでしょう。

キャリアアドバイザーの発言がすぐに変わることで信用を落とすのは求職者だけではありません。

企業から信用されないことにもつながり、そのエージェントから紹介を受けた人材も「いい加減に選んだ人材」と評価されることにもなりかねません。

転職エージェントが信用できない場合の対処法4つ

転職活動をするうえでキャリアアドバイザーに不信感を持ってしまったからといって、すぐに転職エージェントの利用をやめるのは早計と言えるでしょう。
希望について再度面談したり、要望を伝えたりすることも方法の1つです。

転職エージェントが信用できない場合の対処法を4つ紹介します。

  • 違う担当者にしてもらう
  • 有料の相談サービスを利用する
  • 他の転職エージェントに変更する
  • 他の転職エージェントと併用する

1:違う担当者にしてもらう

転職エージェントを変えてしまうのではなく、担当しているキャリアアドバイザーを変えてもらうことを検討してみましょう。

転職エージェントによっては、サイト内に担当者変更ページを設置している場合もあります。

直接担当者に伝える

担当者を変更するにはまず、直接キャリアアドバイザーに伝える方法があります。

ポイントは変更の理由を明確にすることと、今まで求職者のために支援してくれたことへの感謝を伝えることです。

変更に至るまでの事情やトラブルは様々あるかもしれませんが、今までお世話になった感謝を文章や口にすることで角が立つのを防げるでしょう。

総合窓口に伝える

総合窓口や問い合わせフォームからキャリアアドバイザー変更を申し出る方法もあります。

サイトによっては担当者変更申し込みフォームが設置されているため、変更を検討する際には確認してみましょう。

総合窓口からキャリアアドバイザー変更する場合にも、現在の担当者にメールするなど直接変更の旨を連絡するのがマナーと言えるでしょう。

2:有料の相談サービスを利用する

転職エージェントに不信感を持ってしまったら、有料の転職相談サービスを利用するのもおすすめです。

キャリアプランや履歴書など書類作成のアドバイス、面接対策や企業研究など、幅広い相談ができるのがメリットに挙げられるでしょう。

複数の転職エージェントから紹介を受けている求人の、個々の選考対策を相談するのもよいでしょう。また、求職者に最適な転職エージェントを紹介してもらえる場合もあります。

注意するポイントは、有料の転職相談サービスは求人紹介サービスではないという点です。

3:他の転職エージェントに変更する

希望や要望を何度伝えても改善も見られない、信用が回復できない場合には転職エージェント自体を変更するのも方法です。

変更する転職エージェントの特徴にも気を付けてみましょう。

特定の業界に特化した転職エージェントであれば希望する求人が多く見つかる可能性もありますし、大手の転職エージェントであれば求人数・情報数のみならずキャリアアドバイザーの質もある程度の期待ができるでしょう。

4:他の転職エージェントと併用する

転職を成功させるために複数の転職エージェントに登録することは珍しくありません。

転職エージェントによっては求人数に差がありますし、業界特化型の転職エージェントもあります。

信用できないキャリアアドバイザーに当たってしまっても、併用した転職エージェントでは相性の良いキャリアアドバイザーに出会い満足のいくサポートを受けられる可能性もあるでしょう。

信用できる転職エージェントの特徴とは?

信用できる転職エージェントの特徴は、コミュニケーションがしっかり取れることでしょう。

信用できる転職エージェントは、レスポンスが早いことはもちろんですが、求職者の希望をくんでキャリア相談にも納得できるアドバイスをするでしょう。

場合によっては「転職をすすめない」と判断するなど、求職者に対して誠実であることも挙げられます。

アドバイスの統一性やサポートの質が良いことは、キャリアアドバイザーの経験・知識が豊富であることも必要ですし、誠実な人柄に因るものも大きいでしょう。

おすすめの転職エージェント8選

大手であることや求人数が多いこと、キャリアアドバイザーのサポートが充実していることや、未経験から正社員を目指したいなど、転職エージェントには各社特徴があります。

ここからは、おすすめの転職エージェント8社を紹介します。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビエージェント約50,000件全国20代に信頼されている転職エージェント営業やIT・Web、⾦融など、幅広い業界
ビズリーチ約127,000件全国高年収求人を多数掲載管理職や専門職
doda約100,000件全国求人紹介量の多さ幅広い業界・業種
JAC Recruitment約25,000件全国キャリアコンサルタントの質が高いミドル・ハイクラス
QOOLキャリア非公開関東中心子育てをしながら勤務しやすい非公開求人が多数ある営業、IT、クリエイティブ、事務
パソナキャリア約50,000件全国他社にはないマッチング力、サポート体制ソフトウェア、通信系を始めとした幅広い業界
リクルートエージェント約300,000件全国好条件転職、 幅広い層に対応IT・営業・事務
キャリアカーバー約73,800件全国ヘッドハンティング型の転職サイトハイクラス

1:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の若手向きの求人が多いエージェントです。

キャリアアドバイザーからの手厚いサポートが期待できる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、キャリアアドバイザーからのキャリア診断や応募書類の添削に加え、面接対策も充実していて、面接日程の調整や条件交渉まで代行してもらえるという特徴もあります。

忙しくて時間が取れない中でも効率的に転職活動を進めたい20代におすすめの転職エージェントです。

2:ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、企業を直接紹介したり面談したりして進めるものではなく、登録することで企業やヘッドハンターと直接コンタクトを取るシステムのエージェントです。

登録するだけで直接スカウトが届く点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、求人の中に海外転職やハイクラス向けの求人が多いという特徴もあります。

注意したいのは求職者の水準も求められる点です。経歴や登録情報によっては審査に落ちてしまうことがあります。

キャリアに自信があり、高年収を狙っている人におすすめの転職エージェントです。

3:doda

doda

dodaは、国内大手の転職エージェントの1つであり、求人数も多いエージェントです。

転職者満足度も高く、世代を問わず利用できる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、応募書類や面接対策についてのサポートも充実しているほか、転職市場の最新情報からキャリアプランのアドバイスが受けられるという特徴もあります。

注意したいのは、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当が別であることです。求職者の希望が採用プロジェクト担当に上手く伝わらない、希望とは違うスカウトメールが届く可能性もあるでしょう。

膨大な求人の中から自分にマッチしたものを選びたいという人におすすめの転職エージェントです。

4:JAC Recruitment

JACリクルートメント

JAC Recruitmentは、国内大手のみならず、外資系や海外も視野に入れている人にも強みを持っている転職エージェントです。

各分野の企業情報に精通した専門性の高いコンサルタントが担当し、面談を重要視している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、5年から10年の中長期的なキャリアコンサルティングの提案など、転職エージェントとしての質が高いという特徴もあります。

30代から50代で専門職やハイクラスの転職を検討している人におすすめの転職エージェントです。

5:QOOLキャリア

QOOLキャリア

QOOLキャリアは、子育てする女性のサポートに特化した転職エージェントです。

子育てする女性に理解のある企業、子育てしながら働きやすい職場環境や制度が整っている企業が多く登録・掲載されているという点が大きな特徴といえるでしょう。

同じ立場の女性が在籍、活躍している企業からのオファーとあっては心強いものです。

さらに、スマートフォンで登録し企業の求人に応募する、または企業担当者から直接オファーがくるシステムという特徴もあります。

子育てしている女性が活躍している企業で働きたい人におすすめの転職エージェントです。

6:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、面談・キャリアカウンセリングを重要視している転職エージェントです。

非公開の求人数が多いほか、実績も多い転職エージェントのため、安心して転職活動を進められるという点が特徴でしょう。

さらに、「Woman Career」という転職サイトや「女性活躍推進コンサルティングチーム」を設置するなど女性へのサポートが充実しているという特徴もあります。

マッチング力に強みをもつコンサルタントからサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

7:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、膨大な求人数を保持し、面談のサポートが充実しているエージェントです。

業界大手であり業界・業種を網羅した求人数の多さが大きな特徴といえるでしょう。

さらに、質の高いカウンセリングやアドバイスに定評があるという特徴もあります。

年齢や立場に係わらず充実したサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

8:キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、リクルートエージェントとは別に、株式会社リクルートが運営する転職サービスです。

ハイクラスの転職・求人に特化したサービスになっているという点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、求職者が会員登録したら、ヘッドハンターが代わりに求人を探して提案してくれるという特徴もあります。

年収800万以上のハイクラス求人を探している人におすすめの転職エージェントです。

信用できない転職エージェントの特徴と対策法を知ろう

信用できない転職エージェントは、求職者の希望でなく転職エージェントの成果や都合で転職させようとする場合があります。

担当者の話が二転三転する、求職者の許可なく求人に応募してしまうようなキャリアアドバイザーや転職エージェントは、変更することをおすすめします。

求人の紹介数が多すぎたり少なすぎたり、あるいは紹介文の質が悪いなどの問題があれば、求職者からキャリアアドバイザーにきちんと希望を伝えることも対策方法の1つです。

本記事を参考に信用できない転職エージェントを見抜き、自分に合った転職エージェントを選びましょう。