Webデザイナーにおすすめの転職エージェント10選|メリットとデメリット

一般転職

Web業界の拡大に伴いWebデザイナーの需要が高まっていますが、今後のキャリアを見据え、転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではWebデザイナーにおすすめの転職エージェントについてご紹介します。

全て読めば、転職を成功に導く確率を引き上げることができるでしょう。

Webデザイナーとは?

Webデザイナーは企業や個人から依頼を受け、Webサイトのデザイン構成を考えて制作します。

クライアントの求める機能や、見た目のデザインが整ったWebサイトを実現させるために、HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を用いたコーディングを行います。

Webデザイナーの仕事内容3つ

Webサイトの制作には様々な工程があり、クライアントからの要望に応えるためにWebデザイナーが行うことは、HTMLやCSSを使ったコーディングだけではありません。

特に個人でWebデザイナーとして活動している場合、クライアントの要望を確認するための打ち合わせや競合サイトの調査、ヒアリングを基にしたサイト構成とデザインの考案など、行わなければならないことは多岐に渡ります。

  • Webサイトの構成・レイアウト考案
  • Webサイトのデザインを決める
  • Webサイトのコーディング

1:Webサイトの構成・レイアウト考案

Webデザイナーが初めに行う仕事として、Webサイトの構成とレイアウトを考案することが挙げられます。

Webデザイナーは企業や個人などのクライアントの要望に沿ったWebサイトを制作するために、まずUI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)等を含めた構成、レイアウトを考えます。

この工程は競合サイトの調査結果などからユーザーにより閲覧されるためのWebサイトを作る基礎であり、クライアントとの綿密な打ち合わせが重要になります。

2:Webサイトのデザインを決める

Webサイトの構成とレイアウトを考案した後は、IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使用してWebサイトの配色やロゴ、アイコン、画像などの配置といったデザインを決めます。

クライアントとの打ち合わせで決まったWebサイトのコンセプトに合った装飾を施していく作業では、Webデザイナーの中でイメージを具体化していく重要なものと言えるでしょう。

3:Webサイトのコーディング

構成、レイアウトに沿ってデザインを決定したら、HTMLやCSSなどの言語を用いてデザイン通りにコーディングしていきます。

HTMLでWebサイトに掲載する文章や画像を記述し、CSSによってHTMLで書き込んだ要素に色を付けたり、配置を変更したりして装飾していきます。

HTMLとCSSだけでは静的なWebサイトになるため、クライアントの要望によってはJavaScriptやPHPを用いて、動的なものにしていきます。

Webデザイナーの給料・年収

Webデザイナーの平均年収は約350万円です。しかし、30代以降の平均年収をみると、400万円前後に増加します。

また、企業勤めから独立してフリーランスとして依頼を受けるようになった場合、給料は歩合制になるため年収約1,000万円を目指すことも可能でしょう。

企業での初任給は約20万円前後であることが多く、Webデザイナーとしての経験やスキルによって昇給する可能性があります。

出典:【163の職種別】平均年収ランキング 最新版 |パーソルキャリア株式会社
参照:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_09

未経験からWebデザイナーになるには

Webデザイナーは特別な資格がなくてもなることができます。そのため、未経験でもWebデザイナーを目指すことが可能です。

Webデザイナーの仕事内容で述べたように、Webデザイナーとして生計を立てるためにはグラフィックソフトの操作やコーディングを行う知識が必要です。

どちらの知識も独学で習得することが十分可能なため、現在Webデザイナーとは全く関係のない職種に就いている場合でも問題ないでしょう。

Webデザイナーになるための教育機関や学習サイトを使用した方が、より効率的かつ円滑にスキルの習得ができる場合もあります。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント8選

ここではWebデザイナーにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

ご紹介する8つの転職エージェントは、どれもIT関連の業界に対応したサービスを提供しているため、希望に合った条件の企業を見つけるのに役立つでしょう。
サービス名総求人数エリア特徴得意分野
マイナビクリエイター3,811件東京+愛知+大阪+福岡キャリアアドバイザーの存在Web・ゲーム関連職“専門”の転職支援サービス
マイナビエージェント50,000件前後全国20代に信頼されている転職エージェント求人の約60%がIT・メーカー 営業やIT・Web、⾦融など、幅広い業界に強い
DYMテック非公開関東圏リモートワークの案件が豊富Web系フリーランス専門
レバテックキャリア14,185件全国プロによる抜かりない企業別対策IT・Web業界のエンジニアやデザイナーの転職情報多数
dodaエージェント100,000件前後全国+海外求人紹介量の多さ幅広い業界をカバーしている
パソナキャリア50,000件以上(非公開含む)全国+海外他社にはないマッチング力、サポート体制ソフトウェア、通信系を始めとした幅広い業界
Geekly10,982件(非公開含まず)主に東京23区内IT・Web・ゲーム業界に特化これまでの経験を全て分析し、Geeklyならではのマッチングを実現
R-Stone92,000件以上全国専属のコンサルタントが企業と直接やりとりIT・WEB・ゲーム業界のエンジニア、クリエイターに特化

1:マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム関連職専門のエージェントです。

転職活動をサポートしてくれる担当のキャリアアドバイザーもWeb・ゲーム関連を専門にしている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、Webデザイナーの転職において重要なポートフォリオ作成のサポートを受けられるという特徴もあります。

ポートフォリオ作成が初めての人におすすめの転職エージェントです。

2:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しているエージェントです。

20代の転職志望者からの人気が高く、地方での営業活動も行っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、企業の人事担当者とのやり取りを円滑に行うための企業担当アドバイザーも在籍しているという特徴もあります。

〜な人におすすめの転職エージェントです。

3:DYMテック

DYMテックは、Web・IT専門の転職エージェントです。

企業の経営者と直に単価や条件の交渉を行えるという点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、大手企業からスタートアップ企業の求人情報も扱っているため、幅広い選択肢の中から条件に合った転職先を見つける特徴もあります。

スタートアップ企業に興味のある人におすすめの転職エージェントです。

4:レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニア、デザイナーの転職に詳しいキャリアアドバイザーに転職活動をサポートしてもらえる転職エージェントです。

企業に合わせた面接対策や、職務経歴書、ポートフォリオの添削など、転職の成功に欠かせない作業を現役のITエンジニア、デザイナーの採用担当者からアドバイスがもらえる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、マンツーマンで徹底的なサポートしてくれ、高いマッチング精度があるという特徴もあります。

業界特化のアドバイザーからのサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

5:doda

doda

dodaエージェントは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが専任で担当して転職活動をサポートしてくれるエージェントです。

非公開求人を多く取り扱っているという点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、求人情報サイトとしても活用することができるという特徴もあります。

他のエージェントでは出会うことのできない企業に応募したい人におすすめの転職エージェントです。

6:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣で知名度の高いパソナグループの転職エージェントです。

IT業界専門ではないものの、各業界に関する知識の豊富な専任アドバイザーから転職に関するサポートを受けることできる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、現職の退職交渉や入社日の調整など、求職者にとって負担の多い作業もサポートしてくれるという特徴もあります。

内定後もサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

7:Geekly

Geekly

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

約1万件を超える非公開求人を持っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、各分野別にIT知識があるカウンセラーからの提案が受けられるという特徴もあります。

多数の非公開求人の中にはGeeklyの独占求人もあるため、選択の幅を少しでも増やしたい人におすすめの転職エージェントです。

8:R-Stone

R-stone

R-Stoneは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

業界に精通した担当のコンサルタントだけでなく、チーム体制で転職活動をサポートしてもらえる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、相性などが重要になる担当コンサルタントの変更にも柔軟に対応してもらえるという特徴もあります。

キャリアイメージが定まっていない人におすすめの転職エージェントです。

未経験からWebデザイナーを目指す方におすすめの転職エージェント4選

未経験からWebデザイナーを目指す場合、転職活動を円滑に進めるためにWeb・IT業界に特化した転職エージェントや実績のある大手転職エージェントを利用することがおすすめです。

ここでは、未経験からWebデザイナーを目指す方に特におすすめの転職エージェントを4つご紹介します。

サービス名総求人数エリア特徴得意分野
ワークポート42,940件(非公開含まず)全国+海外(ソウル)職種・エリアに特化した総合転職エージェントITやWeb系の求人に強い
Webist7,658件全国+海外Web・広告・出版業界に特化した求人情報サイト・就業支援サービス大手・有名企業の求人が豊富
リクルートエージェント300,000件前後全国+海外好条件転職、 幅広い層に対応IT/メーカー・営業/事務
未経験ナビ3,200件以上東京+愛知+大阪+埼玉+神奈川+千葉20代未経験特化の経験豊富なキャリアアドバイザー20代の既卒・フリーター・未経験に特化した正社員就職支援

1:ワークポート

ワークポート

ワークポートは、IT・Web業界専門の転職エージェントです。

経験のない職種への転職もサポートしてくれる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、専任の転職コンシェルジュが転職活動をサポートしてくれるという特徴もあります。

無料スクールを活用したい人におすすめの転職エージェントです。

2:Webist

webist

Webistは、Web・広告・出版業界に特化した転職エージェントです。

大手有名企業の求人情報を数多く取り扱っている点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、専門の転職エージェントから希望条件に合った企業を紹介してもらえるだけでなく、サイト内から自分で求人情報を検索することもできるという特徴もあります。

エージェントからの紹介だけでなく、自分でも動きたい人におすすめの転職エージェントです。

3:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、数多くの求人案件を紹介する大手の転職エージェントです。

経験豊富なアドバイザーが在籍している点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、数多くの支援実績もあるという特徴もあります。

大手の転職エージェントならではのサポートを受けたい人におすすめの転職エージェントです。

4:未経験ナビ

未経験ナビ

未経験ナビは、20代の既卒・フリーター・未経験の方を対象にした転職エージェントです。

20代未経験特化の経験豊富なキャリアアドバイザーがいる点が大きな特徴といえるでしょう。

さらに、初めて正社員就職を目指す人への丁寧なサポートがあるという特徴もあります。

これまで経験や実績がないために応募できる求人を見つけることができなかったという人におすすめの転職エージェントです。

転職エージェントを利用する7つのメリット

転職エージェントの活用には、転職を個人で行う際には得られないメリットがあります。

転職先に関するあなたの希望に合った企業を紹介してくれますが、転職時に使用する書類の作成、転職に関する相談などのサポートも無料で受けることができます。

その他にも年収や就業条件の交渉を代行してくれたり、希望する企業の実態に関する情報を教えてくれたりするため、個人で転職活動を行う場合に比べると、迷いや労力は大きく軽減されるでしょう。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットを7つご紹介します。

  • 非公開求人
  • 企業の情報を得られる
  • 書類の添削をしてくれる
  • アドバイザーからの助言が受けられる
  • 企業に推薦してもらえる
  • 給料などの条件の交渉をしてくれる
  • 実際に採用までのサポートをしてくれる

1:非公開求人

転職エージェントを利用すると、転職サイトや企業の採用ページには掲載されていない非公開の求人情報を紹介してもらうことができます。

これらの非公開求人は転職エージェントの登録者にのみ紹介されるため、1人で転職活動を行っている場合には出会うことができません。

より多くの選択肢に出会うことは、希望に合った転職先を見つけるための重要な要素の1つと言えるでしょう。
そのため、非公開求人の紹介は転職エージェントを利用する大きなメリットの1つになります。

2:企業の情報を得られる

1人で転職活動を行う場合、求人の出ている企業が実際にどのような企業なのかを知ることは難しいことが多いです。

転職エージェントを利用すると、サポートしてくれる転職エージェントが従業員や雰囲気などの企業の実態に関する情報を教えてくれます。

給与や勤務体系といった、求人情報だけでは得ることのできない、企業内部の情報を知ることで転職前と転職後のイメージの差をなくし、職場の雰囲気が合わないといった状況を避けることができるでしょう。

そのため、企業の雰囲気調査は転職エージェントを利用する大きなメリットになります。

3:書類の添削をしてくれる

転職エージェントを利用するメリットの1つに、転職活動に使用する書類を添削してもらえることが挙げられます。

希望する条件の企業へ転職するためには、転職活動においてどのような実績が評価されるのか、どういった情報を書類に記載するべきかを知っている必要があります。

転職エージェントは転職活動を専門にしているため、1人で主観的に書類を作成する際には気づかない点や、作成に関するアドバイスを客観的に行ってもらえます。

特に未経験からWebデザイナーへの転職を考えている場合、合否を左右する職務経歴書の内容についてのアドバイスは価値があると言えるでしょう。

4:アドバイザーからの助言が受けられる

書類の添削同様、アドバイザーからの助言が受けられるのも転職エージェントを利用するメリットです。

転職活動を行う多くの方と関わる転職エージェントならではの客観的な助言を受けることで、1人では気づかない強みや、企業側に提供できる付加価値など、企業への訴求ポイントについて知ることができるでしょう。

また、条件の良い企業であっても、実態を踏まえた観点から転職の良し悪しに関する判断について助言してくれることもあります。

5:企業に推薦してもらえる

転職エージェントを利用すると、どうすれば転職を希望する企業へ入社できるかのアドバイスだけでなく、面接後の企業へのフォローや推薦状での後押しをしてもらうことができます。

本人以外の人物から転職に対する熱意やこれまでの実績などを聞くことは、企業側からしても採用するにあたり、大きな意味があります。

この点で、転職エージェントを利用した転職活動の方が、職務経歴書や面接のみで自分をアピールするしかない転職活動よりも、有利に働く可能性が高いでしょう。

6:給料などの条件の交渉をしてくれる

個人で転職活動を行っている場合、転職先の企業に対して給与を含めた雇用条件の交渉を行うのは難しいことが多いです。

これから就職する企業ということで気を遣い、思ったように交渉できない場合や、交渉がうまくいかずに不採用になってしまう場合もあります。

転職エージェントは企業との雇用条件の交渉を代行してくれるため、企業側との関係をこじらせる可能性も低くなり、望んだ転職活動を円滑に進めることができるでしょう。

7:実際に採用までのサポートをしてくれる

転職サイトとは異なり、転職エージェントは求人を出している企業を紹介するだけでなく、実際に採用されるまで転職活動をサポートしてくれます。

必要書類の作成や面接の日程調整、採用における企業側へのフォロー等、働きながら転職活動を行う際に精神的・肉体的に負担になる部分について、転職エージェントは希望する企業に入職するまでサポートし、転職者の負担を大きく軽減してくれるでしょう。

転職エージェントの3つのデメリット

転職エージェントには個人での転職活動と比較して多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

転職活動を効率的かつ円滑に進めるためには、メリットだけでなくデメリットについても把握しておくことが重要です。

転職エージェントにも営業における売上目標があるため、紹介される転職先の企業が求職者が希望する年収よりも高いものになることもあり、デメリットの1つとなることもあるでしょう。

ここでは、転職エージェントを利用する際のデメリットについて3つご紹介します。

  • 自分のペースで転職活動ができない
  • 担当者によって質が違う
  • 希望に沿わない会社を勧められることもある

1:自分のペースで転職活動ができない

転職エージェントを利用するデメリットの1つに、自分のペースで転職活動ができないという点が挙げられます。

個人で転職活動を行う場合、転職サイトや企業が公開している求人情報を自分で見つけ、必要な書類を作成したり、面接の日程を調整したりします。

しかし転職エージェントを利用する場合、これらの転職に必要な作業はサポートしてもらえる反面、エージェントから対応を急かされることもあるため、自分のペースでじっくりと転職活動を進めることは難しくなるでしょう。

2:担当者によって質が違う

転職エージェントを利用する場合のデメリットに、担当者による質の差があります。

転職エージェントにはそれぞれの特徴がありますが、転職活動を行う上で重要なのは担当者がどのような人物かということです。

担当者によって経験やスキルには差があり、何度も連絡を取り合うことになるため、相性の良し悪しも関係します。
担当者が業界についてあまり知識を持っていないため、相談することができないということも起こり得るでしょう。

3:希望に沿わない会社を勧められることもある

転職エージェントを利用した転職活動では、希望する条件とは異なる企業を勧められることもあります。

転職エージェントは無料で利用できる場合が多いですが、それは転職が成功した際に採用された企業から報酬を得ているためです。

そのため、転職先の希望条件とは違う企業でも、採用されやすい企業や年収の高い企業を紹介される場合があります。

転職エージェントの5つの活用方法

実績やスキルを企業へうまくアピールしたり、選択肢を増やしたり、転職エージェントの担当者とのコミュニケーションを密に取ったりと、転職を成功させるために行うべきことは多岐に渡ります。

個人では難しく感じる作業も転職エージェントを上手に活用することで、希望する企業への転職を成功させる可能性を高めることができるでしょう。

ここでは、転職エージェントを活用するための5つの方法についてご紹介します。

  • ひとつではなく複数登録する
  • ポートフォリオなどを準備しておく
  • 譲れない条件や希望はしっかりと伝える
  • 企業の情報はしっかりと比較する
  • 条件がマッチしたところに応募する

1:ひとつではなく複数登録する

転職エージェントをうまく活用するために、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

これは、転職エージェントによって扱っている求人に差があるためです。また、複数の転職エージェントから求人を紹介してもらうことで、希望する条件に合った企業が見つけやすくなるでしょう。

特に未経験からWebデザイナーへの転職を考えている場合は、経験者に比べて求人数が少なくなる傾向があるため、登録する転職エージェントの数は多い方が良いでしょう。

在職中の転職成功者の平均応募数は約3~4社で、中には約7~8社ほど応募する方もいます。内定をもらうことは容易ではないため、1社に絞り込むのではなく、複数のエージェントに登録し、複数の会社に応募するのが安心といえます。

2:ポートフォリオなどを準備しておく

転職を成功させるためには、Webデザイナーとしての実績、ポートフォリオを準備しておくことが重要です。

転職エージェントもポートフォリオを参考にしてどの程度の経験があるのか、どのようなスキルを所持しているかについて判断することで、企業を紹介できます。

ポートフォリオから読み取れる経験やスキルは、転職エージェントが企業と条件交渉する際にも役立ちます。

読み手に印象を残すものを作るために、過去の作品を掲載しただけのポートフォリオではなく、フォントの選定、配色などにも気を配って作成するようにしましょう。

未経験の場合は過去の実績がないことが多いですが、Webデザイナーに転職するためにどのような行動を取ってきたのかを伝えるために、デモサイトを制作するのも1つの方法です。

3:譲れない条件や希望はしっかりと伝える

転職エージェントを利用する際、譲れない条件や希望を正確に伝えておくことが重要です。

転職エージェントのデメリットで述べましたが、担当者にも担当者の都合がある場合が多いです。

そのため、譲れない条件や希望を明確にしておかないと、採用されやすい企業や年収が高すぎる企業などを紹介される可能性があります。

転職エージェントを利用したにもかかわらず、なかなか希望する企業に出会えないという状態に陥らないためにも、条件や希望を具体的に伝えておいた方が良いでしょう。

4:企業の情報はしっかりと比較する

複数の転職エージェントに登録することで、転職先の企業の候補を増やすことができます。

しかし、候補に上がった企業の情報を比較しないと、担当者から聞いていた情報と違ったり、自分の希望と異なっていたなどの結果になりかねません。

そのため、希望に近い雇用条件の企業が複数候補に上がった際には、それぞれの企業の情報をよく吟味・比較した上で応募する企業を選択するようにしましょう。

5:条件がマッチしたところに応募する

転職での失敗は今後のキャリアへの影響が出ることがあるため、極力避けた方が良いでしょう。

転職エージェントは無料で利用できる場合が多く、採用までサポートしてくれるため、紹介された多くの求人情報の中から希望する条件に合った企業へのみ応募することをおすすめします。

Webデザイナーの転職に強い転職エージェントを選ぼう!

転職エージェントには、WebデザイナーやIT業界の求人を専門にした特化型のものと、業種や職種に関係なく様々な求人を扱う総合型のものがあります。

Webデザイナーとしてより効率的に転職活動を進めたい場合、特化型の転職エージェントの方がWebデザイナー・IT業界の知識も豊富であることが多いため、おすすめです。

Webデザイナーの求人に強い転職エージェントを利用することで、希望する条件に合った企業への転職を成功させることにつながるでしょう。

自分に合った転職エージェントを見つけ、効率よく転職活動を進めましょう。